2016年07月19日

シクラメンからオダマキ

今日も晴れて暑くなりました。まだ、梅雨明けを宣言できるところまで行ってはいないの
かもしれませんが、蝉の声と言い、入道雲と言い、もうほとんど真夏です。学校も
そろそろ夏休みですからねぇ。さぁ、梅雨明けしてくださいね。

記事の方は、5ヶ月ぶりの鉢植え観察記。前回の記事が2/11付でミニシクラメンの
つぼみをご紹介したところでした。

160719_m_cyclamen1.jpg

あのつぼみが開く前に、鉢の裏側のつぼみが咲いちゃったんですけれどね。





2016/ 2/11付 「紅葉と春のつぼみ」

せっかくだから咲いている方からもう一度撮り直し。

160719_m_cyclamen2.jpg

周りの色が茶色いわ。まだ、春浅い2/14のことでした。


前の記事でも芽が出たところをご紹介していたミニ水仙テータテートも

160719_teta_teta1.jpg

順調につぼみを膨らませて…

2/27にはツーショットを撮りました。

160719_m_cyclamen3.jpg

あ、フレンチラベンダーも入れたら3ショットか。


同じ日のテータテートはこんな感じ。

160719_teta_teta2.jpg

毎日眺めて、余裕のある朝には写真を撮って、

160719_teta_teta3_228.jpg (2/28)

草丈10cmほどのミニサイズでも、お花はそこそこ存在感有ります。
明るい黄色も、春先にはありがたい。見た目が暖かそうだもの。

ミニシクラメンと3鉢のミニ水仙で記念撮影。

160719_teta_teta4.jpg

写真撮るたびに、植木鉢を新調しようと思うんだけど、結局古いままなのよねぇ(^^;)。

160719_teta_teta5.jpg

今年は1本の茎にお花が2つ3つ付いたものが多くて、ちゃんと名前通りに
頭と頭を寄せて、ないしょ話をしているように咲きました。
このあとは、葉っぱにたっぷり日を当てて、球根に養分をため込んでもらいます。
でもって、葉っぱが枯れたら、堀上げて夏越しです。



早春の花が終わる頃、木の芽が動き出します。

160719_kona_keya1.jpg

我が家の鉢のコナラとケヤキも芽吹き時。紅葉の後、葉っぱが散って枯れ木みたいに枝だけ
になっていたでしょう。やっぱり芽が出ると、奇跡が起きたような気がしますよね。

でもって、ひと月もしないうちにこんなにふさふさ茂るんだけどね。

160719_kona_keya2.jpg

毎年見ていても、やっぱり、芽が出るとほっとします。
我が家のコナラとケヤキ、今年もよろしくね。



春たけなわに咲く花も準備開始。こちらのミニプランターは西洋オダマキです。

160719_s_odamaki1.jpg

葉っぱが増えてきたなと思ったら、あっという間につぼみが付いて、

花茎がするする伸びて来て、

160719_s_odamaki2.jpg

あれよあれよのうちに咲いちゃった。今年は春の進みが速かったですよね。

オダマキの仲間は花の造りが凝ってます。

160719_s_odamaki3.jpg

5つの花が合体してるようにも見えますね。この形が糸を巻く道具に似ているので
その道具の名前をとってオダマキ(苧環)と呼ばれるんですよ。

うちのオダマキは、以前、母からタネをもらって植えた西洋オダマキです。

160719_s_odamaki4.jpg

最近はもっと複雑なデザインの花が主流ですが、これはまだ昔のシンプルな品種です。

2年ほど前に、お気に入りの観察スポットの近くにお住まいの方から分けていただいた
もっと大降りの西洋オダマキのタネも蒔いて、育ててきました。今年はそれも咲いたので、
新顔さんを次の記事で見ていただく予定です。



2月からずっと咲いて居てくれたフレンチラベンダー。

160719_f_lavender1.jpg

この頃が満開かな。お花は地味なんだけれど、てっぺんのひらひらは派手ですね。

5月の末でも遠目にはほとんど変わりなし。ただね、近くで見るともうお花が終わって居る
のが解るので、

160719_f_lavender2.jpg

カラーの葉っぱが伸びてきたよの記念撮影後、ばっさり切って、来年に備えます。
そんなことが出来るのも、この子が常緑低木だからこそ。ラベンダーって木だったって、
ご存じでした?


シクラメン、水仙、ラベンダー、オダマキと咲いて居る傍らで、秋咲く花も準備中です。

160719_y_hototogis1.jpg

まだら模様の葉っぱのヤマジノホトトギス。

すくすく育って5月の末には、こんなに大きくなりました。

160719_y_hototogis2.jpg

今年は、カラーのつぼみがいっこうに出てこないんだけれど、ヤマジノホトトギスは
ちゃんと咲いて欲しいな。去年もあまり良い花は咲かなかったから、今年は暑さ負けしない
ように上手に管理したいです。


次の記事も引き続き我が家の鉢植え観察記です。この間咲き終わった花まで、一気に見て
頂く予定です。


posted by はもよう at 23:22| Comment(0) | 鉢植え観察記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: