2016年07月24日

庭常の実、千団の花

昨日は朝早くから夜遅くまで、でづっぱりでお祭りのお手伝い。それでも楽しそうに盆踊り
の輪に加わるおチビさんや一杯機嫌でにこにこしているおじいさんを見ると、やっぱり
良かったなって思います。だんだん縮小して、昔に比べたらほんとうにささやかなイベント
になりましたが、続いて欲しいなと思います。さて、さて、今朝のお片付けにも参加して、
お当番役員最大の行事が終わりました。少しは落ち着くかしら?

記事の方は5/22の写真です。
「木に咲く白い花」を巡っていて見つけたその他の木。花も咲いて居たし、実も色づいて
いました。

160724_aogiri.jpg
隣町へ行く途中、いつも観察しているアオギリに、ようやく花がつく枝の準備が始まった頃。




これも途中のアカマツ。
松って言うの今年の春に延ばした新しい枝の先に、花を咲かせるわけですよ(上の矢印)。

160724_akamatu1.jpg

だから、今、松ぼっくりがついている(下の矢印)のはかつて枝の先だった場所。

↓ これが今年の、枝先の赤いめばなで

160724_akamatu2.jpg

↓ これが去年のめばなの現在の姿。緑の松ぼっくり。

160724_akamatu3.jpg

そう考えるとよく見かける松ぼっくりは、3年以上前のめばなの姿と言うことになりますね。



隣町へ行く途中の大きなトチノキ。

160724_totinoki.jpg

枝先の、大きな花の穂が実になる準備を始めたところ。
こうしてみると、結構、実になろうとしている花はたくさんあるんですね。
でも実際、秋に実が目立つ頃にはほとんど落ちちゃって、数えるほどしか残らないんですよね。


隣町に着いて、公園の手前で曲がって坂を下る途中、4/24に見かけて5/26の記事に載せた
カマツカのその後です。

160724_kamatuka.jpg

花の後はたくさんあるけれど、さて、どれだけ実ってくれるかな?



公園に戻って、新緑がちょっと落ち着いた園内を更に奥へ。

160724_mukunoki.jpg

大きなムクノキの枝先には黒く熟す実の準備が出来ていました。めばなはほとんど花柱だけ
みたいな簡単な物でしたが、実るのはエノキより大きな丸い実で、鳥さんたちが楽しみにして
います。



公園のフェンス際に なにやら白い物。なんだろうと近づいても特に花も無ければ実も
有りません。???あ、あれ?この葉っぱ…白い?

160724_fuiri.jpg

たぶんこれ、リョウブの若葉です。この辺の葉っぱには、種類に限らず、まれに見られ
ますね。園芸種の斑入りとは違うのでしょうが、何が原因なのかな?



ちょっと前は真っ赤なめばなだったヨーロッパトウヒが、松ぼっくりらしくなりました。

160724_y_touhi.jpg

10cm近い細長い松ぼっくり。もうちょっとで完成です。



公園を出て裏の「北向きの斜面」へ。四方八方へ開いた奇数羽状複葉はヤマウルシ。

160724_yamaurusi.jpg

葉っぱの下に下がっているつぶつぶは実です。ロウ質に包まれた灰色の実ができます。
紅葉も自慢です。



更に進んで、ニワトコの大株の前。

160724_niwatoko1.jpg

白く泡のように咲いた小花が今度は赤い実になりました。

小さいお花の数の赤い実。

160724_niwatoko2.jpg

咲いたばかりであっという間に実る実もあるんですね。でも、そうでなかったら、鳥さんたち
食べ物に困るでしょうね。

160724_niwatoko3.jpg

まだ緑の実も続々赤くなって、赤くなったら鳥さんたちが食べに来て…あっという間に
無くなっちゃいます。みんな待っていたんだよね。



そのそばにはヒメコウゾ。良く広がった葉っぱの付け根は、ころころの若い実が付いています。

160724_h_kouzo.jpg

このあと、綺麗なオレンジ色に完成するんだけれど、ただ、撮れませんでしたね。ちょうど
熟す頃、散歩に行かれなくて。
残念でした、今年の大きな心残りですねぇ。


公園を出て帰り道、もう一度見上げたのは、去年、強剪定されちゃったオウチの木。
またの名を(双葉から芳しくないほうの)、千のお団子みたいな実がなる
センダン(千団)です。

160724_outi1.jpg

全体像を撮るとなんだか、不格好。早く枝伸びないかな。

こちらは3回3出複葉のとびきり大きくて複雑な葉っぱ。

160724_outi2.jpg

フェンスの向こう側だし、下の方の枝は切られてしまって、遠くてちゃんとは撮れないん
ですけれど、お花は綺麗な薄紫色です。

160724_outi3.jpg

早く枝が伸びて欲しいのも、せめてお花の形くらいは解るように撮りたいから。

でもね、今年も咲いてます。

160724_outi4.jpg

咲いたところを撮れました。まぁ、それだけでも良しとしなくっちゃ。頑張れオウチの木。



家の近くまで戻ってきて、早春に黄色く咲いて居たヒイラギナンテンが

160724_h_nanten.jpg

緑の実になって、だんだん 濃い紫色目指して色づいてきたのに気づきました。
この色づく途中の、いろんな色の実が混在しているところが好きなんですよねぇ。綺麗だな。



次の記事は5/22にであった各種虫さんを集めました。
初夏にしか活動しない蝶、ゼフィルスの仲間とか、樹液酒場の営業開始とか、いろいろです。
虫さんが特に苦手…でなければおつきあいくださいませ。


posted by はもよう at 22:30| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: