2016年07月29日

ザクロの花

梅雨明け直後の今日は青空が広がって、夏らしい一日になりました。ついこの間まで猛烈に
蒸し暑かったので、今日も湿度は高かったらしいですが、そこそこさわやかに感じましたよ。
熱風だったけれど風もあったし(^^A)。ただ、日が落ちても緊急車両の音が鳴り止みません。
熱中症にだけは、本当にご注意ください。

記事の方は今日から6月の写真です。まずは、6月の初めにあっちこっちの街角で見かけた
お花を次々ご紹介です。

160729_h_shobu1.jpg

これは実家の方で見た、たぶん花菖蒲ですよね。粋な色だなぁ。







ちょっと画像検索しましたところ、堀切菖蒲園の奥万里:おくまんりというお花がそっくりかな
と思いました。

160729_h_shobu2.jpg

これね、とある民家の軒先に一年中おいてある 青いタライの中で育っている花なんです。
ほとんどの時間細い葉っぱだけで、この日やっとお花を見られて嬉しくてつい撮っちゃいました。
そうしたら、こんなに粋なお花でしたよ。素敵だなぁ。



次の日はお仕事でした。通勤の道すがら、そういえばこの道、ザクロが多いなって思って
目に入るのを次々写していったらこうなりました。

160729_zakuro1.jpg

まずは基本の朱色のお花。

鮮やか色はこのカメラが最も不得意とするところ。うわぁ、限界だわ。

160729_zakuro2.jpg

きゅっとつぼんだつぼみが可愛かったのによく見えない。
花びらは薄いハトロン紙みたいですよね。くしゅくしゅっとしわ加工されて居るみたい。

でもって木の根元には、タコさんウインナーみたいな萼が落ちています。

160729_zakuro3.jpg

赤くて、くるんと丸まっていて、本当にそっくり。



朱色の隣は白い花。

160729_zakuro4.jpg

白いザクロなんて、ザクロらしくないけれど、とっても綺麗。

ほんのり黄色いオフホワイト。

160729_zakuro5.jpg

幾重にも重なり合った花びらがゴージャスね。あ、そういえば、この株、実が付いてなかった
ような気がする、今度もう一度見てみよう。
ちなみに、2ヶ月経った朱色の花の株ではザクロの実が順調に膨らんでいます。



ちょっと歩いた先にあるのは、朱色とピンクに見えるザクロ。

160729_zakuro6.jpg

でも近づいて良く見ると。

ひと株に朱赤の花と、花びらの縁が白くなった絞りの花の両方が咲いて居たのでした。

160729_zakuro7.jpg

これはこれでまた、素敵です。こっちの株の実もまだ確認していないので、今度見てこようと
思います。ザクロの実は、割れて中のルビーみたいなタネが見えるとまた綺麗なんですよね。
見られるかな?



またまた実家近く、街路樹の根元に勝手に植えられたお花です。
黄色いのはキンシバイ(金糸梅)。
こんなにしっかり開いているのは、大輪金糸梅と言う品種の方かもしれませんが。

160729_kinsi_kon.jpg

白い葉っぱに黄色い花…に見えるのはコンロンカ(崑崙花)です。

崑崙(こんろん、またはクンルン)って、中国古代の伝説上の山の名前だそうです。黄河の源で
仙人の住むところらしいです。崑崙の山に降る雪のイメージらしいですよ。



コンロンカは別名をハンカチの花、アカネ科の常緑半つる性低木だそうです。
熱帯原産で、沖縄でも無い限り、地植えじゃ冬が越せないって…これ、鉢植えじゃなかった
ような…。(^^a)

160729_konronka.jpg

「ハンカチの木」に似ているから「ハンカチの花」だそうですよ。でもって、意外だったのが、
この白いのは葉っぱでも無く、花びらでもなくて、5裂する萼片の1〜数枚が変化したものだ
そうです。これ、萼?見えないわぁ。
本来の花は黄色くて星形の小さい方だそうです。まぁ、それは見れば解りますけどね。



キンシバイはオトギリソウ科。園芸店では、同じ「ヒペリカム」のお仲間が並ぶ季節になり
ましたね。

160729_kinsi_bai.jpg

このお花は丈夫でこんもり茂って良く咲きます。ばりばり剪定しても、またぐんぐん伸び
ます。園芸初心者向けですね。剪定の練習台にもなりますよ、きっと。お花はぽってりと
可愛らしい黄色のお花。


別の日、うちの近所に、キンシバイのお仲間が咲いて居ました。

160729_byoyanagi1.jpg

こちらはビョウヤナギ(未央柳)。楊貴妃の宮殿、未央宮にちなんで付けられたんですって。
とびきり綺麗で豪華ってことかしら?

おしべが長いですよね。こちらの方を金糸梅って言う名前にしたら良いのにって思ったことも
あったけれど、

160729_byoyanagi2.jpg

楊貴妃の宮殿かぁ。名前は譲れないねぇ。



6月に入って、また、次々におなじみの花が、代わる代わる咲いていきます。雨あり風あり、
梅雨入りありの6月の花。次は咲き始めの紫陽花にしようか「木に咲く白い花」6月編にしようか。
ぼちぼち迷いながら進めていきたいと思います。


posted by はもよう at 23:27| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: