2016年07月31日

珍珠梅と糊空木

せっかく梅雨明けしたけれど、今日からまたちょっとぐずつくと、天気予報では聞いていたはず
でしたが、思ったよりずっと良く晴れました、うちの方。朝からあんまり綺麗な青空だったので
いつもの公園をぐるっと一周してきましたよ。続く午前中は町内会の寄り合い、午後は涼しい
雨の中、写真の整理などしてゆっくり…と、思っていたらちっとも降らないの。セミが一生懸命
鳴いてましたよ。まぁ、猛暑でもなかったし良かった良かった。HPの「季節のご挨拶」も更新
しておきました。気分だけでも高原に行った気になろうと思って白樺の写真にしました。

記事の方は恒例のシリーズ「木に咲く白い花」6月編の後半です。
まずはいつもお散歩している公園で、これを見落としたら後悔しちゃうほどのお気に入りの木

160731_n_nanakamado1.jpg

珍珠梅こと、ニワナナカマドのお花を見ていただきましょう。






ニワナナカマドは、バラ科ホザキナナカマド属の落葉低木。もっぱらお庭に観賞用に植えられ
ます。燃えにくい自慢、赤い実・紅葉自慢の お山のナナカマドとは葉っぱが似ているだけの
関係。この木、実は地味だし、紅葉ははっきりしないまま葉が散ってしまいます。

2006/ 6/15付 「ニワナナカマドの花」

160731_n_nanakamado2.jpg

でも、緑の色濃い葉っぱは、ナナカマドの葉の代用として生け花などに役立つし、なにより
お花が綺麗です。

160731_n_nanakamado3.jpg

花だけではなくて、つぼみもまん丸くて愛らしいです。

梅のような五弁の花、真珠のような丸いつぼみ。そんじょそこらにはない綺麗な花だよって
言う気持ちがみんな込められた名前が「珍珠梅」なんでしょうね。

160731_n_nanakamado4.jpg

雨の季節に咲きます。水玉との相性もばっちり。ニワナナカマドも、水も滴る良いお花です。
今回はとれませんでしたけれど、過去記事にたくさんあるので見てやってくださいね。

咲くそばから茶色に変色しちゃうのが玉にきず。
そう思うと、咲いたら散っちゃう桜は良く出来たお花だわ(^m^)。

低木とは言ってもそこそこ大きな茂みになります。

160731_n_nanakamado5.jpg

↑ これは大きなエノキの木との比較です。高い方で7mくらいかな。威風堂々。
もう少し、よその公園でも見てみたいお花です。



こちらは大型のアジサイの仲間、ユキノシタ科アジサイ属のカシワバアジサイです。

160801_kasiwaba_a1.jpg

ボリュームたっぷりの円錐形の花の穂

切れ込みが入ってカシワに似ている葉っぱ↓

160801_kasiwaba_a2.jpg

近づいて良く見ると花びら(装飾花の萼片)が重なって綺麗ですねぇ。

160801_kasiwaba_a3.jpg

しかもこの花、時間が経つと外側から徐々に色づくんですよね。

↓こちらは10日ほど後の写真。

160801_kasiwaba_a4.jpg

ね、もう真っ白ではありません。品種によってはもっと赤っぽくなるのもありますよね。
アメリカ原産の木だそうですが、イングリッシュガーデンなどで取り上げられ、比較的最近の、
人気の庭木になったようです。
花の穂の変化もシックで素敵ですが、紅葉自慢の木でもあるそうです。



こちらはノリウツギ。ユキノシタ科アジサイ属の落葉低木。
和紙をすくときに糊の代わりに樹液を利用したからノリウツギだそうです。
お山の木だと思っていましたが、仕事場の近くにちょっとだけ植栽されていました。ラッキー。

160801_noriutug1.jpg

カシワバアジサイほどの密度ではありませんが、円錐形の花の穂です。

ここに咲くのは花びら4つに見える装飾花と小さな本来の花。

160801_noriutugi2.jpg

咲き始めが円錐形っぽくないこともあります。良いんだよ、咲いちゃえば。

本来のお花はこちら。

160801_noriutugi3.jpg

尖った花弁5つにおしべが10本。めしべが1本で、後で乾いた実になります。

装飾花の方は花弁のように変化した萼片が4枚。まん中に普通の花が咲くことがあるかも、
無いかも(^m^)。

160801_noriutugi4.jpg

まばらにひらひらした装飾花で虫さんたちの気を惹いて、引き立て役かに見えた本来の花で
花粉のやりとり。まぁ、いろいろ工夫しているんですよ、お花たちも。



和名アメリカノリノキといえば、こちらのアナベル。やっぱりアジサイの仲間です。

160801_annabelle1.jpg

良く見るアジサイよりは細かくて薄い花を咲かせます。でも外から見えるのはほとんど装飾花。
本来のお花はその下に隠れて目立たないそうですが、もしかしたら、本来のお花の方は退化して
いるかも。今度見てこよう。

160801_annabelle2.jpg

アナベルの花は最初から最後まで真っ白。紫陽花のような色変わりはなし。強いて言えば、
薄い緑が白くなって、また薄い緑になって終わる感じかな。装飾花の花びらっぽく見える萼片は
4つだったり、3つだったり安定しません。細かいことは気にしないタイプなのかもね。



今日で7月もおしまいです。いやぁ、あっという間だったなぁ。明日から8月。夏も峠を越え
ちゃうかも。記事の方は今更感満載ですが、アジサイを特集します。





今年の「木に咲く白い花」
2016/ 5/26付 「木に咲く白い花 2016」 ミズキ、オオデマリ、カマツカ、オトコヨウゾメ
2016/ 5/27付 「ナナカマドと野茨」 ナナカマド、ノイバラ
2016/ 6/10付 「朴の木と白雲木」 ホウノキ、ハクウンボク、トチノキ
2016/ 6/12付 「丸葉アオダモの花」 マルバアオダモ、ニシキギ
2016/ 6/23付 「赤芽糯、白雲木、栃」 アカメモチ、ハクウンボク、トチノキ
2016/ 6/28付 「アオハダの花」 トチノキ、ノイバラ、アオハダ、
2016/ 7/ 3付 「小米卯木と小紫陽花」 コゴメウツギ、コアジサイ、
2016/ 7/ 9付 「トベラと芍薬」 トベラ、ウツギ、ヤマボウシ、ハコネウツギ、芍薬
2016/ 7/10付 「ハリエンジュとエゴ」 ハリエンジュ、カラタマオガタネ、スイカズラ、エゴノキ、ハクチョウゲ
2016/ 7/11付 「ピラカンサとカポック」 ピラカンサ、テイカカズラ、西洋イボタ、ソヨゴ、カポック
2016/ 7/14付 「泰山木と姫沙羅」 タイサンボク、バイカウツギ、バラ、ヤエウツギ、カルミア、ヒメシャラ、シャリンバイ
2016/ 7/22付 「ガマズミとネジキ」 ネジキ、ガマズミ、コアジサイ、クスノキ、
2016/ 7/27付 「鼠と黒金糯」 ネズミモチ、クロガネモチ、タイサンボク、ヤマボウシ
2016/ 7/30付 「ナツツバキの花」 ナツツバキ、ナンテン、ガーデニア、常緑ヤマボウシ





posted by はもよう at 18:28| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: