2016年08月17日

草の葉の露

また眠気に負けました。昨日から台風の影響で変わりやすいお天気でした。夜通し
結構降って涼しい朝から、お天気回復しての猛烈な暑さの今日というお天気です。
日が変わる頃に関東に接近と言うことで、ベランダの鉢を結わえ付けておきましたが、
風はあまり吹かなかったようで何事もありませんでした。でも、大変な目に遭われた
方はいらっしゃるんですよね。お見舞い申し上げます。

さて、記事の方は7/10のおさんぽの続き。隣町の公園裏のお気に入りの観察スポット
「北向きの斜面」に通じる坂を下ります。

160817_mizutama.jpg

前日の雨で草木は元気いっぱい。葉っぱに水玉が光ります。あれは朝露でいいのかな?






隣町に公園、端っこのフェンスの下に咲いて居たのは、ヒメヤブラン。
草丈はジャノヒゲ、花はヤブラン似のヒメヤブラン。

160817_h_yaburan.jpg

可愛い紫色のお花を咲かせていました。



お気に入りの観察スポット「北向きの斜面」へ通じる坂のてっぺん、毎年ヤブカンゾウ
がお出迎え。

160817_yabukanzo.jpg

ここから「日陰の林」まできょろきょろしながら、坂を降りていきます。



頭上には、ウワミズザクラの赤い実がちらほら。

160817_uwamizu_z.jpg

秋を待たないせっかちな実だから、早く見ないと落っこちちゃいますよ。



足下にはドクダミ。

160817_dokudami.jpg

朝露ドクダミは、ハート型の葉っぱの縁に露を乗っけて、愛らしい。



ヤブガラシだって、負けてないぞ。葉っぱの縁に露を乗っけて。
ほら、こっちの方が多いよ。

160817_yabugarasi.jpg

となりのシュッとしたモミジ葉はカナムグラ。
どちらも猛烈な繁茂力で草刈り隊の皆様には、ひとかたならぬお世話をかけていますが、
葉っぱ1つ見たら可愛いでしょ。しかも水玉でおしゃれしてるのもあるし。


あたりは葉っぱでいっぱい。

160817_kusamura.jpg

つる性植物が多いこのあたりで、前出の2種の他に目立っているのはヤブマメとかかな。



虫について知る前は、こんな穴だらけのイノコズチなんかには目もくれなかったんだ
けれど、

160817_inokozuti1.jpg

今は、あんまり穴が開いていない葉っぱに当たりを付けて…、めくって、ハイ。

160817_inokozuti2.jpg

身近で見られる金ぴか虫3種のうちの一番のおチビ、イノコヅチカメノコハムシです。
小さいし、ジンガサハムシみたいに綺麗じゃないけれど、お仲間なんですよ。

でもって、今日の検索で気づいたちょっとしたこと。
道ばたで良く見るひっつき虫の草、イノコズチ。ヒカゲとヒナタの2種あるんだけれど、
名前の由来は、茎の途中のフシだったところがイノシシの子のヒザのように見え、これを
槌(つち)に見立てて 「猪子槌」。でも、なぜか植物図鑑の表記は「イノコズチ」
「ツ」に点々じゃなくて、「ス」に点々。

でも今回、虫さんの名前を検索したら、「イノコヅチ」じゃないですか?って。検索結果を
見ると圧倒的に「ツ」に点々。そうそう、そうなんだけど、植物の方は変わってないので
ややこしや〜。研究者の皆様、新種に名前を付けるときにはどうぞ慎重にお願いします。



リョウブの下を通って、「日陰の林」へ。この辺の下草はチヂミザサ。

160817_tidimi_z.jpg

波打つ葉っぱがポイントです。

カキドオシなんかと一緒で、雑木林の林床を埋めるように群生します。

160817_kinoko.jpg

時々、葉っぱの隙間からキノコが生えていたりします。



剪定した枝を積み上げたあたりに絡んでいたのはカラスウリ。ちょっと色濃い緑の葉っぱ
です。ここにはおばなばっかり準備されていました。

160817_karasu_u.jpg

ハート型の葉っぱは、オニドコロかな?ヤマノイモ(自然薯)かもしれないけれど、

一番の特徴の葉の付き方、互い違い(互生)ならオニドコロ、2枚ワンセット(対生)なら
ヤマノイモっていうのが、
幼植物のうちは、両方とも互い違い(互生)っていうせいで、ちょいちょい迷います。

160817_yamanoimo.jpg

このくらい大きくなると、2枚ワンセット(対生)だからすぐにヤマノイモだってわかるん
ですけどね。



「日陰の林」の大物、ウドの大株も健在です。

160817_udo.jpg

夏が終わる頃、白いポンポンみたいな花が咲く予定。今年もら刈られないでね。



アオギリのそばでも見たけれど、ここの、誰かが勝手に植えちゃって面倒見ている
ヤマユリの大株にも、この日はつぼみがたくさん付いて居ました。

160817_yamayuri.jpg

もう、ひと月以上前の話だから明かしてしまうけれど、今年はこの株の花はとうとう
撮れませんでした。毎年撮ってきたから残念だけれど、仕方ない。花はたくさん咲いた
らしく、実が残っていました。来年こそはっ!




7/10のおさんぽ写真、まだまだ続きます。今度はいよいよ豪華なお花の登場です。



posted by はもよう at 18:44| Comment(2) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はもようさん、こんにちは。
ヒメちゃん、7月に咲いているのですか。
こちらでは10日ほど前に
ヒメヤブラン撮りました。
まだつぼみが多かったです。
小さくてかわいいですよね。
そしてウドの蕾も見かけましたよ。
どんなお花だったかなぁと調べましたら、
そうそう、これこれ・・だって。
ほんとになんでもすぐに忘れてしまいます^^

ヤブカンゾウもウワミズザクラの赤い実も
もう懐かしい。
どんどん時間が過ぎていきますね。
ついていくのがやっとです・・^^
Posted by ブリ at 2016年08月18日 11:46
ブリさん、こんばんは。

はい、ちょっと早いヒメヤブランでした。
日当たりが良かったのかな。

ウドのつぼみは、まだでしたねぇ。
写真のウドは日陰育ちだからかしら。

そうですよねぇ。
ヤブカンゾウもウワミズザクラの実も、もう見られませんものねぇ。
暑い暑いと思っていたら、お盆が過ぎちゃって、あっという間に
秋風立っちゃいそうで怖いです。

私…、ひと月かふた月、飛ばしちゃったかしら('、')? っていう勢いで
月日が流れていますよ。

来週が来るのが待ち遠しかったのは、子どもの頃だけでしょうかねぇ。
Posted by はもよう at 2016年08月19日 00:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: