2016年08月21日

リョウブと木槿

土砂降りと強烈な日差しをくりかえす土曜日でした。両親のところに行っている間は
良かったけれどやっぱり疲れていたんですね。眠気に負けました。今朝も早起きする用事が
あったし、諦めてブログ更新をお休みして早寝しちゃいました。でもって今朝になったら、
いやぁ、台風が近づいているし、今日は朝から雨かもって言う予報じゃなかったですか?
それが目覚めたところから強烈な日差しの晴天で、一日、暑くてくたびれました。明日は、
本当に一日雨らしいです。どうかな?

記事の方は7/10のお散歩の続き。今回は公園の中の木の花を見ていただこうかなと思います。

160821_ryobu1.jpg

何度も登場しちゃうけれど、これは隣町の公園の中の、いつも見ているリョウブの花です。





エゴノキとガマズミのご近所さんのリョウブ。

160821_ryobu2.jpg

結構な大株でお花がたくさん咲きます。

白い小花が房状に連なって咲きます。優しくていい香りがこのお散歩中ずっと漂っています。

160821_ryobu3.jpg

お鼻が幸せなおさんぽなんですよ。



ご近所のガマズミは最近、台風で倒れたまま、お花を咲かせていました。
頑張って咲いたお花を写真でご紹介しましたが、とうとう、倒れた幹を片付けられちゃいました。

160821_gamazumi.jpg

さみしくなっちゃったひこばえ。ここからまた、再出発です。



フェンス沿いに立ってるアカメガシワに、もう終わっちゃったかと思ったつぼみが残っていまし
た。

160821_akame_g1.jpg

めばなは撮ったけれどおばなはまだだったから、周りを探しちゃいました。

有ったのは黄色いポンポンみたいなおばな。

160821_akame_g2.jpg

めばなと違って咲いたら散っちゃうから、咲いているうちに撮らなくちゃね。



そこから奥の雑木林へ。

160821_zokibayasi.jpg

涼しい木陰、セミの声が降ってきます。この日はいろんな虫にも出会いました。シリーズの最後で
まとめてご紹介しますね。

とりあえずはとっても綺麗だったアオハダの葉っぱを。

160821_aohada.jpg

丸っこい葉っぱの木です。特徴が少ない地味な木だけれど、葉っぱが綺麗です。



真っ赤なめばなを眺めたヨーロッパトウヒの松ぼっくり、だいぶ大きくなってきました。
160821_y_touhi.jpg

緑色になっちゃったら、どれが松ぼっくりか見失っちゃうかな。



斜面を上がっていくと、ドングリの林。

160821_kumugi.jpg

2年かけて実るドングリがだんだん育っています。
鳥の巣みたいな殻斗に包まれた丸っこいドングリができますよ。



ドングリの木の下にはキノコが生えます。

160821_kinoko1.jpg

赤いのはニオイコベニタケかな?

こっちのマシュマロみたいなのはなんて言うのかな。

160821_kinoko2.jpg

わからないけれど、可愛いな。



低木に白いつぼみはクサギの木。

160821_kusagi.jpg

これも香りの良い花が咲きます。楽しみですね。




次は草の花かな。





posted by はもよう at 21:32| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: