2016年09月01日

コバギボウシの花

台風一過ですっかり秋めいてきました、うちの方。柿の実も色づいて、今日は一日、
良く晴れ、空には真綿をちょっとずつちぎった様な雲が浮かんでいました。
日差しのあるうちは暑かったけれど、朝夕はすっかり涼しくなって、虫の声もセミ
からコオロギへと移りつつあります。

記事の方は7/17に隣町で撮ってきた写真から。

160901_tuyukusa.jpg

1枚目はジャパンブルーのツユクサだけれど、今日は今日は夏のお花に加えて、秋の草を
いくつか並べてみます。





隣町に公園に以前はいっぱい咲いていたキカラスウリ。

160901_k_karasu_u.jpg

今年はやっと一輪だけ見つかりました。カラスウリよりは朝でもしぼまずに残っている
ことの多い夜の花です。



まずは「北向きの斜面」入り口の『日陰の林』に植えられているヤマユリ。

160901_yamayuri1.jpg

今年はここまでしか撮れていないけれど、今年もたくさん咲きそうです。



斜面のヤブにはヤブラン。

160901_yaburan1.jpg

つぼみが見えてきましたね。

若いつぼみはほんのり紫色。

160901_yaburan2.jpg

もうちょっとしたら咲いちゃいそうですけど、これまだ7月の写真でした。
花期は9月…位のはず。


穴だらけの葉っぱばっかり眺めていたイノコズチにも花の穂。

160901_inokozuti.jpg

花に見えないですけどね。このあとひっつき虫になります。



それからコバギボウシが咲き始めていました。

160901_k_gibosi1.jpg

今年の一番花です。

おお、とびきり綺麗だわ。

160901_k_gibosi2.jpg

この紫色が良いですねぇ。
これから8月いっぱいまではぼちぼちと咲き続けてくれるはず。おさんぽに来るたびに
美人さんを探して写真を撮ることになりそうです。いっぱい咲いてね。


ノダケも順調。

160901_nodake.jpg

秋が深まると引き立つ暗紫色の花。今年は見られます様に。



猛烈にはびこるつる性植物が組んずほぐれつの勢力争いを繰り広げている草むらの、

160901_ebiduru.jpg

ちょっと角が丸い感じがエビヅルかな?って思います。このへんのつるくさはあまり
実らないから、お花が咲いて名前調べの答えがわかるのもちょっと無理かな?



フキのそばで咲いていたヤマユリはさらに大きく立派になりました。

160901_yamayuri2.jpg

葉っぱの変色が気になるけれど、お花は綺麗です。

160901_yamayuri3.jpg

ヤマユリの花が盛りを迎えてくると、


今度はオニユリも咲き始めます。

160901_oniyuri.jpg

ちょっと遠くにオレンジ色のオニユリ。これからどんどん数を増やす予定です。



夏を象徴しちゃいそうな大柄な野草タケニグサ。

160901_takeni_g1.jpg

白く咲いてオレンジ色に実ります。

見えるかな?

160901_takeni_g2.jpg

ちょっと山っぽいところの荒れ地にたくさん咲くタケニグサ。
そのユニークすぎる風体から帰化植物かと思われているかもしれませんが、結構
昔から日本の道ばたで咲いてます。



この葉っぱはヌズビトハギ。

160901_nusubito_h1.jpg

前のおさんぽでも見たけれど、

この日はお花が咲いて居ました。

160901_nusubito_h2.jpg

か細い茎に小さな蝶型花。これから秋が深まるまで、ちらちら咲き続けます。
お花お後には盗人の足の形の実が実ります。



それから、この小葉5枚の葉っぱはキンミズヒキ。

160901_k_mizuhiki1.jpg

毎年、眺めている株ですが、成長具合も順調です。

160901_k_mizuhiki2.jpg

今年も黄色いお花が見られそう。無事に咲いてね。



夏のお花と秋の花の葉っぱ。
おなじみの姿が見られて嬉しいな。さて、このあとは本館的に咲きそろった
ヤマユリを見にもうちょっと歩きます。





posted by はもよう at 23:56| Comment(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: