2016年09月05日

実家の烏瓜

昨日もまた、眠気に負けました。最近、夏の疲れが出ているのか連敗気味です(^^;)。
まぁ、でも、無理のない範囲で頑張ります。昨日は雨かと思ったら結構晴れて、午後、
近所の公園を一回りしてきました。今日は更に晴れて、焦げるほどの日差しが降り
注ぎました。朝夕はちょっと気温が下がるようになったとは言え、やっぱりまだ熱中
症には要注意ですねぇ。お水もこまめに飲んで脱水状態にならないようにしたいです。

記事の方は、7月の母の庭の様子と実家のそばで見かけたものです。

160905_karasu_u1.jpg

まずは7月初めに撮ったカラスウリの花。






母に朱いカラスウリを見せたくて、タネから育てて苦節9年。
一度、2010年にめばなが3つばかりさいたのですが、このときはおばなが咲かず。
去年も咲いたのですが、このときはめかぶを植えた場所が遠くて、受粉できずに終了。
でもって今年は、めかぶばっかり出たところから、根塊を移しての再挑戦。

2010/ 7/31付 「実家のカラスウリ」 7年前の花
2015/10/13付 「豪雨の後の彼岸花」 去年の花
2016/ 7/15付 「アマリリスの花」 今年の株

今年は順調に花が咲いて居ます。


雨の翌日で、気温も低めだった7/6。まだしぼみきっていないお花を見つけました。

160905_karasu_u2.jpg

普通だったら、朝になる前に完全にしぼんでしまうカラスウリなので、朝9時台で
この程度でも開いていたことがラッキーです。

160905_karasu_u3.jpg

そして、8月末に待望の実が付いているのを見つけ…っていうか、通りすがりの
方に見つけていただきました。私まだ、めばなも見てないのに(^^A)。朱くなる
まで、そこに付いててくれるかな?



7/20のカラスウリのとなりの様子です。隣家との境、もしゃもしゃ茂っているのは
ノブドウとノコンギクです。

160905_nokon_nobudo.jpg

うちにあった一番小さい鉢のひょろひょろとした株を土に下ろしたらこの茂りよう。
本当に、ノブドウなんか、茎1本の葉っぱ数枚でしたよ。

160905_nobodo.jpg

今じゃもう、下が見えないほどのヤブになっちゃっています。
今年の実だってもう出来ています。これが色とりどりになると、お散歩中の
女の子が寄っていって、いくつか摘んでいくんですって。可愛いだろうな。



ノコンギクだって、ぼちぼち咲き始めました。

160905_nokon_g.jpg
奥の先輩のコンギクの方が色が濃くて綺麗だけれど、この子も母の好きな紫色に
なって欲しいなぁ。秋が深まったら少しは色が濃くなるかしら?

裏庭にはヤマジノホトトギスも植えたんですよ。植えた年には地上部が枯れて
しまったのですが、今年、復活しているのも確認済みです。
やっぱり、鉢より土の方が嬉しいんでしょうねぇ。元々野草だったんだし。


足が弱くなっちゃって、野山へは連れ出せなくなってしまった母ですが、自宅の
庭で懐かしい野草を見てもらえたらなと思って、帰るたびに世話しています。
まぁ、娘の心、母知らずで、派手な園芸種ばっかり愛でてますけどね(^^;)。


そうそう、玄関脇のアロエの花も咲きました。

160905_aloe1.jpg

花のとなりの丸い葉っぱじゃなくて、花の下のとげとげの尖った葉っぱの花です。

160905_aloe2.jpg

南国っぽい花ですね。寒さに強いけれど。


いつのまにか、青い花も増えていました。誰にもらったんだろう。

160905_blue_salvia.jpg

名前を調べたら、ブルー・サルビアっていうのらしいです。
母の庭は開放的なものだから、近所の人が余った鉢をくださるんですよね。
帰ると知らない鉢が増えていること、結構多いです。どなたかは存じませんが、
ありがとうございます(^^*)。



ラストは5月に花が咲いて居るのを見かけた、街角の大木カポック。

160905_kapock1_801.jpg

8/1にその赤い実を写真に撮ってきました。↑ これ、高校のフェンスです。

2016/ 7/11付 「ピラカンサとカポック」

カポックって言っちゃうと、違う木なんですよね。だから、香港カポック。
本来はウコギ科シェフレラ属の常緑低木、シェフレラ。

またはヤドリフカノキの園芸品種のシェフレラ'ホンコン'。
ヤドリフカノキ(宿り鱶の木)っていうんだ。

今日の再検索でまた新事実発見。えぇ?!宿りって何、宿り木みたいなこと?
鱶ってフカって、サメのこと?
宿りサメの木? え、何で何で、サメ? どこが? フカノキって別にあるの?
知れば知るほど訳わかんない。へんてこな木です。気になるわぁ。

気を取り直して、写真の方 ↓。

160905_kapock2.jpg

赤い実がどっさり実っています。あ、ウコギ科で赤い実って珍しいかも。
でもって良く見ると、オレンジ色と赤と暗い赤色の実があります。

他にも緑から黄色の実もあったりして。

160905_kapock3.jpg

若い実から熟した実まで一度にいろいろ見られるってことは、結構、長い間
花が咲いて居たってことですね。

ありふれた観葉植物だけれど、なじみのない熱帯の植物。知れば知るほど
変な情報が見つかって、興味は湧くけれど、情報が極端に少なくてよく
わからない。う〜ん、面白い(^▽^*)。また今度検索してみよう。




次はたぶん、近所の花だんの夏の花をいくつかご紹介する予定です。
記事の中では、ようやっと梅雨が明けそうです。


posted by はもよう at 23:03| Comment(0) | 花だんの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: