2016年09月13日

丸葉朝顔の花

今日はまぁ、良く降りましたよ。午前中を中心に強い雨で、今朝は長いレインコートに
長傘、長靴の完全防備で出かけましたもの。午後からちょっと小降りになったけれど、
夜になってまた降り出しました。またまた発生した台風が秋雨前線を刺激して、日本中
雨が続きそうなんですって。ああ、また、トマトが青くなる。低い土地や河川の近くに
お住まいの方は十分にご注意くださいね。

記事の方は7/31に、いつもお散歩している公園と、その向こうの雑木林で撮って来た
写真です。まずは向こうの雑木林で撮ってきた写真から。

160913_susuki.jpg

いつもお散歩している公園を通り過ぎた先、とある施設の敷地の端にあるそこそこ大きな
雑木林。この日はススキの穂が出始めていました。早いなぁ。





雑木林っていうか、ほぼ空き地。フェンスで囲まれては居るけれど、放置されて木や草が
生え放題な場所。管理が適当でフェンスもつるがからみ放題なので、各種つる性植物
を眺めて歩ける貴重な場所です。


虫食いだらけだけれど、ヒルガオも咲き始めました。

160913_hirugao.jpg

夏の初めはコヒルガオばかりでしたが、梅雨が明けてヒルガオも咲くようになります。


その隣にはアオツヅラフジ。

160913_a_tudura_f.jpg

ここのアオツヅラフジにも若い実がつき始めましたねぇ。青くなるまで見られるかな。


それから、こちらにもガガイモの葉っぱ。

160913_gagaimo.jpg

今年はあっちこっちでガガイモが見つかります。一時は数が減っていたので、嬉しい限り。
絹糸みたいな種髪をはき出す実。見たいです。実ってください。



フェンスの向こうに居並ぶ雑木林の木の写真は次の記事でまとめてご紹介するとして、
いよいよマルバアサガオの絡むあたり。

160913_maruba_a1.jpg

今年ももう咲いて居ましたね。
上を向いて付くつぼみと、下を向いて実る実が特徴。
その昔、1年生が学校で育てたアサガオとはちょっと違います。


初めて見たのはもうちょっと前だけれど、記事にしたのは ↓ 2009年かなぁ。

2010/ 8/14付 「野のアサガオ」
2009/ 8/ 9付 「野生の朝顔」

それから毎年、必ず見に行っています。

160913_maruba_a2.jpg

見れば、いろいろ考えが変わります。最初は野生種だと思っていたのですが、
マルバアサガオって、野生だとほぼ赤紫の花になるので、ここのみたいに色とりどりなのは
たぶん誰かが園芸店で買ったタネを蒔いたんだなと思う今日この頃です。


赤紫に、

160913_maruba_a3.jpg

白花。

160913_maruba_a4.jpg

5カ所、色の違う点が入るのがここの株の特徴です。

ここで一番多い青紫。

160913_maruba_a5.jpg

この品種の基本色なのかな?

白花は、中に入る色が赤紫だったりピンクだったり。

160913_maruba_a6.jpg

あ、お花を食べちゃう犯人発見。
そうか、フシグロツユムシのおチビちゃんだったのか。じゃぁ、しょうが無いなぁ。

160913_maruba_a7.jpg

このほとんど真っ白に見える花にも、薄いピンクの5つの点が入っています。



道沿いフェンス際は勝手花だんになっています。誰かが勝手に植えた花がたくさん。

160913_kibana_c.jpg

長く続くキバナコスモスゾーンとか、

真っ白いタマスダレが咲くあたりとか。

160913_tamasudare1.jpg

これも夏の終わりまで、ちょっとずつ咲き続けますよね。

160913_tamasudare2.jpg

民家の庭先から逃げ出して、結構あっちこっちで野生化もしています。



夕方に咲くオシロイバナ。夕べの咲き残り。

160913_osiroi_b.jpg

きれいな絞り柄ですね。これが花びらじゃ無くてガク(萼)だって言うんだから、調べて
見ないとわからないものです。



それから、一度も園芸種扱いされたこと無しの、根っからの雑草アサガオも咲いています。
小振りな丸葉ちゃんより更に小さい、アメリカアサガオ。

160913_m_amerika_a.jpg

3裂していない葉っぱのはマルバアメリカアサガオって言うそうですが、ややこしいです。
青く咲いて、赤みを帯びつつしぼみます。可愛いですよ。小さいし、朝のうちにすっかり
しぼんじゃうけれど。



更に小さい朱赤のお花、マルバルコウソウはまだ葉っぱばっかりでした。

160913_m_rukoso.jpg

前は一緒に咲いて居たのになぁ。
また、咲いたら見に行こうと思います。




次の記事では雑木林に並ぶ木々を見ていただく予定です。





posted by はもよう at 23:58| Comment(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: