2016年09月21日

実家のノブドウ

今日は結局、ほんのちょっとだけぱらついた時間もあったけれど、ほぼ曇り。やっと雨が
やみました。いやぁ、長かったなぁ。でも、明日はまた降りそうなんですよね。困った
ものですよね。早く秋晴れの日が続くようにならないかな。

記事の方はお盆前に実家に行ったときの写真。うちから持っていったノブドウとノコン
ギクの小さな株が大きく茂っていることは以前も載せましたが、いよいよ実が付いたので
それを見て頂こうかなと。

160921_nobudo1.jpg

まずは色とりどりのノブドウの実。





世間がお盆休みの8/13、この日は土曜日だったので、都内に実家まで両親の暮らしの
フォローに行っていました。いらない草を抜いたりして、ちょっと、庭の手入れなど
しました。気をつけないとどうでもいい草が大事にしたい葉っぱを枯らしてしまうのでね。

草取りの途中で、庭のノブドウの実に気づいたのでパチリ。

160921_nobudo2.jpg

コップ程度の鉢にひょろひょろっと生えていた株をちょこっと土に預けただけなのに
すごく茂りました。土に預けるってすごいことなんだなぁ。

上と同じ場所、少しずつ迫っていって…

160921_nobudo3.jpg

いろんな色の実が可愛いですよね。緑からピンクを経て、紫色。

160921_nobudo4.jpg

紫色から赤みが抜けて青くなり、更に色が抜けて白くなって終了と言う過程を経て、
実の色が変化します。

秋深まってきた方が色が濃く出るような気がしますが、

160921_nobudo5.jpg

初夏から花が咲き始め、

夏の後半、実の準備が出来たのからどんどん色づいていきます。

160921_nobudo6.jpg

綺麗なノブドウの実。

いつだったか、小さな女の子が手にいっぱい摘んでいったことがあるそうです。
この色はいつまでももたないんだけれど、綺麗だものね。今年も来るかな(^m^)。



一緒に植えたノコンギクもこんな感じで、旺盛に茂ったノブドウの葉の隙間で咲いて
います。

160921_nokon_g1.jpg

今うちにあるのと一緒で、隣町へ行く途中の雑木林からもらってきた株です。

160921_nokon_g2.jpg

もうちょっと紫色の濃いのをもらってくれば良かったな。この花も秋が深まると同時に
ちょっとは色が濃くなるかしら?



もう20年くらいうちの庭に咲いてるルドベキア。

160921_rudbeckia.jpg

今年もちゃんと黄色く咲きました。



それから、白いレースのような花を咲かせていたカラスウリ。苦節五年くらいかな。
やっと実をつけました。嬉しいです。

160921_karasu_u.jpg

道ばたの目立つ所に付いた実だけれど、朱赤になるまで付いててくれますように。

めばなは見かけないんだけれど、こうして実になったところ見るとちゃんと咲いたんだな。

160921_karasu_u2.jpg

↑ これもおばなですけれど、まだまだ咲き続けそうでした。



ここで、裏庭へも行ってもしゃもしゃの草を整理。…っと、なんだか背の低い草?
低木?が、目立っていました。なんだこりゃ?

160921_tamasango1.jpg

いつの間にか、数株が葉を伸ばし実をつけています。もちろん植えた覚え無し。鳥さんが
タネを落としていったな。

茎の先には丸い実。

160921_tamasango2.jpg

葉っぱの特徴は無し。

お、白い花が下向きに咲いて居る。

160921_tamasango3.jpg

写真撮りにくいな。枝の先をつまんでひっくり返し…

160921_tamasango4.jpg

うわ、ナス科っぽい花が咲いて居る。

私こんなの、よそで見たこと有るよ。

160921_tamasango5.jpg

ほら、オレンジ色の実もついている。これ、タマサンゴですよね。

ブラジル原産の常緑低木。別名、リュウノタマ、フユサンゴなど。
観賞用だと思ったけれど、結構野生化しているんだ。でも、これ木の仲間なら、庭に
勝手に茂ったら困るな。やっぱり抜いて処分しておこう。



大事にしている葉っぱの方もチェック。私が慣れないながらも剪定した西洋紫陽花。

160921_s_ajisai1.jpg

ちゃんと来年の花芽が出来るように剪定できたかな?

160921_s_ajisai2.jpg

うん、うん、切った枝のすぐ下、葉の付け根に芽が出来てる。これで正解?
来年もお花咲いてくれますように。(-人-)お祈り〜。



…っと、ここで、ノコンギクやノブドウと一緒に植えたのに、その年は地上部が
枯れていたヤマジノホトトギスの葉っぱが復活していたのも見つけました。

160921_yamajino_h.jpg

おお、地中の根っこは生きていたか。よかった。無事に咲いてくれますように。
さらに、(-人-)お祈り〜。



隣家との境のブロック塀の近くにはセージの仲間かな。紫の花も咲いて居ました。 

160921_salvia1.jpg

う〜ん、何だろう。
あれこれ検索してみたけれど、どれも似ていて、どれも決め手に欠けて、まだ名前は不明。

160921_salvia2.jpg

ちょっと成長も悪くて、画像検索でも引っかからないです。
いずれまた、ちゃんと解るまで保留にしておきます。



この記事最後は、父の大好物で、庭にずっとあるミョウガ。この夏もたくさん収穫して
たくさん刻んであげました。

160921_myoga.jpg

もう大きくなり過ぎちゃって、食べるには堅いお花の穂を撮りました。

ほらこの、白い花が出てくる所、花蕾と呼ばれるここを食べているんですよ。
ちょっと前までは、八百屋さんで見かけるのと同じように赤っぽかったんですけど、収穫
しそびれました。こんなに緑色になっちゃったら堅くてもう食べられません。
父ちゃん、ごめんね(^^A)。
この検索中にミョウガの実の写真を見たんだけれど、生涯を通して身近にあるけれど、
一度も見たこと無いや。日本では結実しないのかな?一度見てみたいな。




明日は家族とお墓参りです。記事は打てるかどうか解らないけれど、もしも更新できたら
今度は8/14にいつもお散歩している公園で撮ってきた写真を見て頂こうと思います。
夜になってまた雨が降り出しました。あ〜した、天気にな〜ぁれ。




posted by はもよう at 23:53| Comment(0) | 花だんの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: