2016年09月27日

河原の彼岸花

今日もまた、よく晴れました。湿度も高いけれど気温も高くて、暑さ寒さも彼岸
までって言葉はどこへ行っちゃったんだって感じでした。それから、遅れていた
キンモクセイが咲き始めました。早いもの、ゆっくりなもの。いろいろあって、
秋が深まりそうな一日になりました。

写真は、9/9にとある河原で出会ったヒガンバナ。

160927_higanbana01.jpg

ひときわ赤いですねぇ。



ちょっと前には台風で増水し、このあたりまで水浸しだった河原。

160927_higanbana02.jpg

草刈りにも、増水にも負けなかった株があちこちで咲きました。

160927_higanbana03.jpg

ずうっと、草の葉と彼岸花。


何にもないところから急に花だけ咲くんですから、本当に彼岸花は不思議な花で
すよね。

160927_higanbana04.jpg
あっちもこっちも、綺麗な紅色の花。

こうしてのどかそうに咲いて居るけれど、半月ほど前は台風で、あふれんばかりの
濁流が流れていた場所ですよ。

160927_higanbana05.jpg
こういうときには、この時期に、葉っぱがなくて良かったなぁと思います。

まだまだ、咲き始めたばかりで新鮮な感じ。

160927_higanbana06.jpg

これから更に咲いて、河原を真っ赤に染める予定です。
見事なヒガンバナと思うけれど、それでも地元の方によると、例年よりずっと花が
小さいそうです。直前までの雨の傾向でしょうか。

川の流れとヒガンバナ。

160927_higanbana07.jpg

のどかな日には、この景色が毎日続きゃぁいいなぁ…なんて思います。


河原のご近所さんたちです。

160927_itadori1.jpg

まずはイタドリの白い花。

外国に入り込んだ株は、嫌がられるほどの大株に育つそうですが、日本でも、山手線の
線路際からお山まで、旺盛に茂って白い花を咲かせています。

160927_itadori2.jpg

花は、タデ科らしいシンプルな花。



草むらから頭をもたげた可憐なお花は ゲンノショウコの赤花。

160927_gen_shoko.jpg

関東地方に位置する我が家周辺では、自生するのは白花タイプのはずですから、これは
たぶん土手の花だんからのこぼれダネ。


土手を上がって、上の花だんには白いヒガンバナがたくさん咲きます。

160927_higanbana08.jpg

白も綺麗ですよね。

土手の上を縫う散歩道の道ばたにずっと白い花。

160927_higanbana09.jpg

有志の方がお世話をされてます。

中にはちょっとピンク色のも。

160927_higanbana10.jpg

ちょっと遠くにはもっと有名なヒガンバナの名所もあるけれど、私にはこれで十分。

あれやこれや眺めて歩く、ちょっと贅沢な昼休み。

160927_higanbana11.jpg

眺めるのは一丁前、お世話は人任せのちゃっかりぶり。いつもありがとうございます。
感謝だけは忘れずに居よう(^m^)。



次回は同じ日に眺めた土手の花だんのお花など。




posted by はもよう at 23:59| Comment(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: