2016年09月28日

センニンソウの花

今日は朝はよく晴れたものの、だんだん雲が広がって夕方には小雨がぱらつく変わり
やすいお天気になりました。今日は役所へ行くのも含めて、細々した用事が有って
おさんぽには行かれませんでしたが、キンモクセイがどんどん開いて、いい香りに
包まれた一日になりました。お天気下り坂かなぁ。雨は当分見たくないのに。

記事の方は9/9の昼休みさんぽの続き。河原から上がって土手の花だんを見て回り
ましたが、一枚目は通勤途中に見かけたアメリカアサガオ。

160928_m_amerika_a.jpg

8時台じゃないと咲いてない花です。小さいけれど青くてきれいでしょ。





土手で見たのはまず、カクトラノオ。またはハナトラノオ。
高原で咲いて居るのはオカトラノオ。あちらはサクラソウ科で、こちらはシソ科の
他人空似関係。

160928_k_torano_o1.jpg

虎の尾って言うのもちょっと無理があるかなぁ…なまっすぐな花穂。

お花はシソ科そのものって感じのデザイン。

160928_k_torano_o2.jpg

私はこの律儀に並ぶつぼみが好きですけどね。あと、花穂の先がピラミッドみたいに
カクカクしているところとか。
いずれにしても、夏が終わりかける頃あちこちで目立ち出します。



お隣にはジュズダマ。おお、もう実になっている。

160928_juzudama.jpg

懐かしさ満点。これで首飾りを作ったり、お手玉作ったって方も多いはずですよね。



夏の名残のシンテッポウユリが咲き残っている。

160928_sinteppou_y.jpg

あっという間に咲いて、あっという間に散っちゃいましたね。でも、来年、一段と
株数を増やして、また咲きますぞ。これは球根を育てなくても咲いちゃうんですから。

シンテッポウユリの片方の親じゃないかって言われている高砂ユリは花びらに赤い
筋が付いているとか。

160928_takasago_y.jpg

あら、これかしら?ほら、ほんのり赤い。高砂ユリか、シンテッポウユリの先祖返りの
どっちかですね。



それから、シュウメイギクの白い花。つぼみが丸く目立ってきました。

160928_shumei_g1.jpg

咲いたら撮らなくちゃね。

あれ、こっちのピンクはもう咲いて居る。

160928_shumei_g2.jpg

同じシュウメイギクでも、色によって花の早い遅いがあるのかな?


それにしても、だんだん秋の花が増えてきましたね。いつまでも30℃越えするのやめて
もらえないかしら(^^A)。



そうそう、この根元にしゃれこうべくらいの白い丸いものがあったんですよ。
怖いでしょう。

160928_kinoko.jpg

でもね、たぶんこれ、白くて丸いキノコのオニフスベだと思います。
毒じゃないけれど、採って食ってもうまくなくて捨てられる運命のキノコだそうです。



ヤマハギの大きな株みたいに見えるけれどこちらはもうちょっと小規模なヌスビトハギの
花です。

160928_nusubito_h1.jpg

それでも結構、花だんに居て遜色ないほど茂ってますけどね。

見慣れた花の穂の先に、ありんこが来ていました。

160928_nusubito_h2.jpg

盗人の足の先みたいな形の実が、もうじきいっぱい付きますね。



赤いミズヒキと黒っぽく熟してきたヤブミョウガの実です。

160928_y_myoga.jpg

渋い色でしょう。でも、途中の方が綺麗だったかな(^m^)。あら、失礼。




帰り道の途中の植え込みに覆い被さっていたセンニンソウも撮っておきました。

160928_sen_nin_s1.jpg

下が丈夫なユキヤナギだから良いようなものの、他の木や草が迷惑するほどはびこり
ますので、お庭に迎え入れるときには覚悟がいりますよ。

160928_sen_nin_s2.jpg

でも、雪が積もったように真っ白く咲くと綺麗なんですよねぇ。

キンポウゲ科なので花びらはなく、花びらに見えるのはガクです。

160928_sen_nin_s3.jpg

おしべがいっぱいとまん中に、5つくらいまとまって付くめしべが後で綿毛付きの
タネになります。

160928_sen_nin_s4.jpg

タネに付いた綿毛を見て仙人のおひげを連想したそうですよ。
綿毛になる頃もまだここに付いているかなぁ。また見に来よう。




次回からは9/14に午後にいつもお散歩している公園で撮ってきた写真シリーズに移り
ます。だんだん、記事の中と現在の日付が近づいてきました。ブログネタ探しに奔走
せねば。



posted by はもよう at 22:40| Comment(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: