2016年10月02日

ハグロソウの花

今日は予報に反してよく晴れ適温が上がりました。10月のなのに真夏日になった地方も
あったそうです。私も、今日はよく動きました。午前中のうちにいつもお散歩している
公園を一回りしてきたし、午後は娘とバスに乗ってショッピングセンターへも行って来
ました。頑張ったので今日は早く眠りたいな。

記事の方は、9/15に彼岸花の咲く河原で撮ってきた写真から。

161002_higanbana1.jpg

9/27付の記事に載せたのと同じ所です。前回、会えなかったお花を見つけたので、それを
記事にしました。




台風が3つも連続で上陸しちゃった9月。特に雨台風で何度も水につかった河原にヒガン
バナが咲きはじめたのは、9/27の記事にしました。その後さらに咲き進んで河原は
赤く染まりました。

161002_higanbana2.jpg

濁流が運んで来たいろんなものの隙間から咲いて居ます。

161002_higanbana3.jpg

それでもやっぱり、今年のヒガンバナは小さめで少なめです。

161002_higanbana4.jpg

土手の上の方にも。

161002_higanbana5.jpg

細い花びらにたくさんのおしべ。優雅な曲線です。

161002_higanbana6.jpg

死人花だの幽霊花だの言われる割には結構な場所に咲きますでしょ。日本では結実し
ないから、みんな誰かが球根を植えたんでしょう。

土の中には大きな球根が植わっていて、飢饉の際には食料になったそうです。

161002_higanbana7.jpg

でも、そのままだと食べられないどころが毒になって、作物を狙うネズミをよけるのに
役立ったそうです。食べるときには相当気長に水でさらすそうです。

161002_higanbana8.jpg

大切な花だったからなのか、ヒガンバナは摘んではいけないとする話が各地に伝わって
居るそうですね。家に飾ると火事になるとか、死人が出るとか。

今では観光名所にしようと、あちこちで大量に植えられていたりするようですが。
ずっと人のそばに有ったヒガンバナ。いろんなものを見て来たろうなと思います。



同じ日、河原で見かけた他の草。お花まばらなこの株はヒメキンミズヒキかな?と
思いましたが、

161002_k_mizuhiki1.jpg

お花を拡大してみたら、おしべが10から12ほど見られるので、栄養状態の悪い
基本のキンミズヒキだろうと思います。

161002_k_mizuhiki2.jpg

土手の上の花だんからタネがこぼれたのかもしれないですね。



それから、こちらはユウガギク、

161002_yuuga_g1.jpg

葉っぱが浅く羽状に咲ける野菊の仲間です。

今年はまだカントウヨメナには会っていないけれど、ユウガギクなら夏から咲いてます。

161002_yuuga_g2.jpg

綿毛(冠毛)の目立たないタネを付け、そのタネが柚の香りがするから、「柚香菊」と
書いてユウガギク。優美な菊です。



それから、前回会えなかったお花、ハグロソウも咲いて居ました。

161002_haguroso1.jpg

初めて見た花はお山の上の方の渓谷に咲いて居たので、そこからはるばる水に運ばれた
のかな?

キツネノマゴ科でおしべ、花びら、ガク代わりの苞に至るまで、みんな2つずつの
変わり種。

161002_haguroso2.jpg

ハグロソウの名前の由来は葉っぱの色が黒っぽいからとか、花びらに浮かぶ模様から
お歯黒塗った歯を連想したからとか、いろいろ。

161002_haguroso3.jpg

葉っぱ、そんなに黒く見えるかな?

↓ 白矢印のところが苞です。

161002_haguroso4.jpg

上と下に、同じものが2枚重なっていて、そこからまた2枚花びらの花が咲きます。
なかなかユニークな花です。今年も会えて良かった。



おまけ画像は別の日に別の場所で撮ったヒガンバナ。

161002_higanbana9.jpg

コンクリートの柵の向こうに咲いてる花を、額縁みたいにとらえました。
ちょっと変わった構図も良いかななんてね。



次の記事からは9/18のおさんぽ写真に移ります。隣町に向かって歩き出した途中で
見かけた花などを。


posted by はもよう at 23:43| Comment(2) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はもようさん、こんばんは。
台風で雨がひどかったのですね。
えらいことになっています。
このあたりはあまり影響はなかったです。

ヒガンバナ、いろんな言い伝えがあるのですね。
本当のところは、
大切なお花だったからなのですか。
家に持って入ってはいけないと
言われているのは知っていましたが、
いざという時には
そんなこと言ってられませんもんね^^

ハグロソウに再会できてよかったですね。
あのお花を見ると
おしゃべりな人の口を連想してしまいます^^
Posted by ブリ at 2016年10月04日 23:38
ブリさん、こんばんは。

そうなんですよ、この辺はだいぶ水位が上がったんです。
幸い、被害が出るほどではありませんでしたが。

彼岸花は人とのかかわりが深いのか、地域ごとの呼び名がとっても多いそうです。
タネでは育たないはずななのに、何でここ?って言うところに咲いてますよね。
最近はいざという時にこの球根を食べなくてもすみますけど。

ハグロソウ、細々咲いているから、あえて本当にうれしかったです。
あはは、おしゃべりな口?ほんとうだ。(^▽^)
よく動きそう。

Posted by はもよう at 2016年10月05日 00:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: