2016年10月08日

アオギリの実、完成

うわぁ、また日付またいじゃいましたね。10/7の日記のつもりです。

あらま、すっかり休み癖が付いちゃいました。昨日、今日とよく晴れて、昨日は30℃越え
もして暑かったけれど、今日はやっと秋らしくなりました。キンモクセイが散って、早咲き
のサザンカが花開こうって言うのに30℃越えはないですよねぇ。びっくりしましたよ。
明日から3連休。さて、何をしよう。

記事の方は9/18のおさんぽの続き。雨の中、負けずに進んで、定点観察しているアオギリの
前につきました。

161007_aogiri1.jpg

ひと月前には緑色だった実のカラがもう枯れ色になっています。






豆のさやの縁にゆでたてのグリンピースがくっついているような姿から、枯れ葉としわ
だらけの乾いたタネになって、アオギリの大変ユニークな実は完成です。

161007_aogiri2.jpg

ついでに、黄葉もちょっと垣間見せてくれてます。サービスがいいね。

もうちょっと拡大して、しわしわのタネも見て頂こうかな。

161007_aogiri3.jpg

はい、これを目指して、リボンくるくるみたいな花から、革手袋みたいになったり、
豆のさやみたいになったり、ゆでたてのグリンピースになったりしてきたんですね。
で、この枯れ葉の縁にしわしわのタネの形で風に乗って、ちょっとでも遠くへタネを蒔こう
と言うわけです。


で、ここからはおまけなのですが、この枯れ葉のような部分が結構、葉脈だけ残したレース
のような姿で、木の下に落ちているんですよ。

161007_aogiri4.jpg

綺麗なので、毎年注目しちゃいます。

ほら、葉脈そのものでしょ。実の殻だったのに、その前はめしべの下の方のにゅっと出た
部分だったのに。ふくらんで育って、緑色の部分が落ちたら葉脈。

161007_aogiri5.jpg

これが、おしべめしべは元々は葉っぱから進化したんじゃないかって言う説の根拠になる
から、アオギリのユニークな実は注目されちゃうんですよ。面白いでしょ。
今年の定点観察も無事終了です。レポートまとめなくっちゃ。

2016/10/ 7付 「アオギリの実、完成」 実
2016/ 9/19付 「アオギリの実裂開」 袋果裂開
2016/ 9/10付 「臭木の花と梧桐の袋果」 袋果
2016/ 8/31付 「アオギリの実と白樺」 若い実 
2016/ 8/15付 「夏空さんぽ」 花
2016/ 7/24付 「庭常の実、千団の花」 つぼみ




隣町の公園のフェンス際の栗の木にも実りの秋到来。

161007_kuri1.jpg

初々しい緑のイガからずっと見守ってきましたが、とうとう割れて中から、美味しそうな栗が
覗いています。

161007_kuri2.jpg

いつも誰かに拾われちゃうから、早めに拾いに行かなくちゃ。



雨の多い9月でしたよね。この日も降ったり止んだり。

161007_sen_nin_s1.jpg

道ばたの、本来街路樹があるべき場所にはびこっちゃったセンニンソウ。

しっかり雨に濡れていますが、

161007_sen_nin_s2.jpg

それはまたそれで良い風情です。

今年もたくさん見せてもらいました。

161007_sen_nin_s3.jpg

後は白いおひげの種髪が見られれば、嬉しいです。こっそり応援しています。



公園裏の北向きの斜面へ下りる坂のあたりにヌルデの大株。

161007_nurude1.jpg

すっかり花盛りでした。

お天気と距離の関係で、一つ一つの小花まで撮れなかったけれど、満開だと思います。

161007_nurude2.jpg

ヌルデの葉っぱって、こんな風に色あせちゃうか、猛烈に虫に食われちゃう場合が多い
ですね。それでも、なんとか無事に過ごせたら、葉っぱは見事なオレンジ色に紅葉します。
今年はそんな運の良いヌルデの葉っぱが、どのくらいあるかな。



隣では真夏に咲いた、トゲまみれのタラノキが実を結び始めていました。

161007_taranoki1.jpg

ちょっと遠くてよく見えないから、パソコンの力を借りてもっと拡大。

161007_taranoki2.jpg

ほらほら、緑色の丸っこいのが若い実で、黒っぽいのが熟した実です。
鳥さん、食べに来たかな?



ずっと行って、この記事ラストはクサギの実。

161007_kusagi1.jpg

ほんのりピンクがかった薄緑色のつぼみから、首の細いラッパみたいな白い花を咲かせた
クサギ。花冠を落として、一度、巾着みたいなガク(萼)の中に引きこもったと思ったら、
あら不思議、次に開くときには青い実とショッキングピンクのガク(萼)に変わっています。

161007_kusagi2.jpg

この、強烈なコントラストで鳥さんたちの気を惹くそうです。
それにしても、陶器などで見るような 冴えた綺麗な青い色。なかなか青い実って見ない
ですが、これは本当にとっておきの綺麗な青い色です。




次は、同じあたりの草の花を見て頂きましょうね。9/18のおさんぽ、まだまだ続きます。





posted by はもよう at 00:03| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: