2016年10月19日

キノコ大発生

今日晴れて欲しかったな。結局ずっと曇って、お布団も干せずじまい。家に居られる日と、
晴天が重ならないときはほんと残念。その前後は晴れていたりすると更に残念。思うようには
なりませんがね。さぁ、明日また、がんばろう。

記事の方は9/25のおさんぽで見かけたキノコの写真、第一弾。もう、この日は本当にキノコが
たくさん出て居たんですよ。色とりどり、形さまざま。

161019_kinoko01.jpg

まずは真っ赤なの。ドングリと比べれば小さいキノコって解るでしょ。





「日陰の林」について、コウヤボウキの花を眺めた後、うっそうとした雑木林を抜けようとしたら。
足下に変わり種が開いていました。

161019_kinoko02.jpg

ツチグリとかと同じような木の実みたいな形のキノコです。
名前はなんて言ったっけ?栗じゃ無くて、ツチガキ? 



切り株を覆っていたキノコのうちのこれだけがちょっとぬめっていました。

161019_kinoko03.jpg

これがエノキダケっぽく見えたんだけれど、どうかな?



ここで、ご面倒でしょうが、いつものお約束です。

きのこの名前を調べるのはとっても難しいんです。図鑑の写真に似ていても、それとは限ら
ないし、ましてや、素人判断で食べられると思いこむのも危険です。公園にだって毒きのこ
は生えますし、中毒事故だって起きています。毎年、山できのこ採りしている人も、経験で
安全と解っているものにしか手を出しません。

このブログを書いている人は完全な素人です。あれかなこれかなって言っていても全くあて
になりません。

そこらに生えているきのこは、絶対食べない、出来たらあんまり触らない。
このお約束を守れたら、色も形も生き方も千差万別、奇想天外、こんなに見ていて面白い
生き物も、そうそう居るものじゃありません。ご一緒に眺めて楽しみませんか?

イヌや子どもが食べちゃうといけないからって、見つけ次第踏みつぶしちゃう人も居るけれど、
もったいないです。面白い奴らなのに。



さて、その向こうのこれは何だろうな。枯れ葉を分解するか細い柄のキノコ。

161019_kinoko04.jpg

傘の色は、焼き菓子みたいなきつね色。



これは水彩絵の具で塗ったような淡い色のキノコ。

161019_kinoko05.jpg

イロガワリハツとかに似ているけれど、どうかな。
葉っぱなら、これはカラスウリだよって言い切れるけれど、キノコについては断定できない。
難しいから。



その向こうには大きめの白いキノコがどっさり。

161019_kinoko06.jpg

この辺はドングリの木の落ち葉が暑く積もっているあたり、栄養は豊富そうです。

まんじゅう型から杯型に展開するのかな?

161019_kinoko07.jpg

素焼きの杯みたい。


そうそう「日陰の林」の反対側、うちの方では ↓ オレンジが多数派だったハナオチバタケの

161019_kinoko08.jpg

ピンクを見たあたり。今年もまた、ピンクのハナオチバタケを見つけましたよ。

161019_kinoko09.jpg
可愛いよねぇ。

今年はもう一つ別の場所でもピンクのハナオチバタケを確認。

161019_kinoko10.jpg

殖える?殖えてね。可愛いから。



どんどん歩いて、公園の裏門を入って、丸太の階段を上ってドングリの林へ。
ドングリの林の林床も面白いキノコがたくさん見られる場所です。

まずは小さい黄色のキノコ。

161019_kinoko11.jpg

左の端のはビロードみたいな傘になるやつだ。


次に、これも黄色い大きなキノコ。

161019_kinoko12.jpg

精一杯反り返りそう。これもやっぱり傘が焦げ色で美味しそう。



これなんか、クサハツだったりしないかな。

161019_kinoko13.jpg

よく反り返るハツタケの、緑の色違い。違うかな?



崩れちゃったキノコだけれど、この枯れ木の幹に、大量のキノコが生えていたんだなって
言う記録です。

161019_kinoko14.jpg

ドングリの林に木にも、枯れて立っているだけの木もあって、こうして少しずつ分解されて
行くんだなぁなんて思います。



これは近くの草むらに生えていたスウェード製みたいな茶色のキノコ。

161019_kinoko15.jpg

ココアパウダーまぶし? 連想はたいてい食べ物なのね。(^^;)



栄養豊富だといろんなキノコが出現しちゃうんだな。

161019_kinoko16.jpg

これはさっきの黄色いのと色違いだけれど、同じくらい反り返りそうな大きめのキノコ。



こちらは、だいぶ分解の進んだ切り株のキノコ。

161019_kinoko17.jpg

しましまシェードがおしゃれです。ランプみたいな可愛いキノコ。一夜で消えちゃいそうだよ。
下のは「日陰の林」で見た4番目の写真のキノコに似てるかな。焼き菓子みたいな茶色い傘。


この日のドングリの林は反り返り系が流行だね。

161019_kinoko18.jpg

誰かがひとかじりしたキノコ。キノコを専門に食べる虫って言うのも居るというけれど、キノコ
なんて気まぐれに出現するものでしょ。それしか食べられなかったら、結構、ひもじい時間が
長そうだなぁ。



ぶっとい柄で大きな傘を持ち上げて、たくましいなぁ、このキノコ。

161019_kinoko19.jpg

大きなキノコが出てこられるってことは、その土地が栄養豊富な証拠のようで嬉しいです。
いろんな暮らし方をする生き物が、見られるって有りがたいこと。
毒かもしれないからって、片っ端から踏んづけないで、たまにはこの風変わりな生き物に
目も向けてみるのはいかがでしょうか。



キノコの写真、まだまだあるのですが、次回は公園の中の、ヤマジノホトトギスの群落を
再度見てきます。前回咲いて居なかった花が有ったのでご紹介しますね。



posted by はもよう at 23:59| Comment(0) | 名無しのきのこ画像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: