2016年10月21日

イヌコウジュの花

日光では紅葉の見頃ですって言うアナウンサーの声を聞きつつ出かけて、日中、鳥取で大きな
地震があって驚いて、夕方のニュースでは札幌で雪が積もりましたって。狭い日本でいろんな
こと起こりすぎです。被害の様子はまだわからないし、大きな余震があるかもしれないそうです。
どうぞお気を付けて。あと、急な冷え込みで風邪を引きませんように。

記事の方は9/25のおさんぽの続きです。
公園から出て裏の「北向きの斜面」へ。歩き出して、まず見つけたのはこのノダケの葉っぱ。

161021_nodake1.jpg

今年こそは、渋いお花を撮りたいです。






去年撮り損なったので、今年こそはと葉っぱのうちから、場所を覚えて準備します。

161021_nodake2.jpg

これね、これがノダケの葉っぱ。茎の上の方と根元近くでは葉っぱの表情が違うけれど、見逃さ
ないぞ。



公園の中では色あせていたヒガンバナも、北向きならまだ鮮やかに残っています。

161021_higanbana1.jpg

これが、北向きの良いところ。季節の進みがちょっとだけ日向より遅いので、日向で見逃しても
北向きに来ればまだ間に合うかも。有りがたいことです(-人-)。



前回のおさんぽの時にはまだ咲き始めだったハナタデ。

161021_hanatade1.jpg

もうすっかり咲いた頃だから、穂に並ぶつぶつぶを撮ってみました。

ほら、イヌタデの穂だと花の形に開いているのは無かったけれど、

161021_hanatade2.jpg

ハナタデには花の形に開いている花が有るでしょう。それから花のすきまに堅い毛がたくさん
有るのも特徴的だと思うんですけどねぇ。図鑑にははっきり書いてありません。まぁ、また、
見分けポイントを探して、引き続き、か細い花の穂に注目しちゃうんだ。



ここで見つけた秋の花はイヌコウジュです。
前回のおさんぽではそっくりさんのヒメジソを一足早くチェックしましたが、イヌコウジュと
ヒメジソは、場所によっては見る人を悩ませるくらい似ているそうです。

161021_inukoju1.jpg

幸いこの辺りでは違いは顕著で、あまり迷わなくて済みます。全体の印象では、白っぽいのが
ヒメジソで、赤っぽいのがイヌコウジュ。

ヒメジソの菱形っぽくてぎざぎざが大きい葉っぱに比べて、イヌコウジュの葉っぱは丸こくて、
ぎざぎざが浅め。

161021_inukoju2.jpg

お花はだいぶはっきりピンク色。葉っぱだのガク(萼)だの、何かあったらすぐに赤みが差します。

一番の違いは萼の形。鋭く尖った3つの突起の、3つとも尖っているのがイヌコウジュです。

161021_inukoju3.jpg

これからこのガクが、花よりも目立って咲きそろいます。秋深まるとともに、更にイイ感じに
変化していくのがイヌコウジュ。楽しみです。



途中の斜面にもヒガンバナ。

161021_higanbana2.jpg

まだまだつぼみがいっぱいです。

土手の上の方に密集して咲く場所では、今年はこのくらい。

161021_higanbana3.jpg

若干少なめかな。

161021_higanbana4.jpg

今年のヒガンバナは、河原で無くても花数少なめでした。好みの気候じゃ無かったのかな?



前回、たくさんのヤマジノホトトギスが咲いて居るのを眺めた場所も、こんな風。

161021_yamajino_h1.jpg

まだお花が残っているけれど、咲いたそばから実になって、茎の先でつんつんしています。

161021_yamajino_h2.jpg

こんなに殖えるなんてねぇ、嬉しいなあ。来年もたくさん咲いてね。



次に久しぶりに出会った野草はベニバナボロギクです。

161021_b_borogiku1.jpg

いやぁ、久しぶり、いつ以来だろう。それまでは年に一株か二株は見てきたのに。

ベニバナボロギクはアフリカ出身、キク科ベニバナボロギク属。

161021_b_borogiku2.jpg

赤い頭花が目印です。花後はボロギクの名に恥じないくらい派手に綿毛を飛ばします。



冷え込みに答えるように鮮やかさをますツユクサの青い花。

161021_tuyukusa.jpg

梅雨時とはまた、ひと味違う秋バージョンの花です。


イタドリには実が付きました。

161021_itadori.jpg

花の頃とあまり違わないのでわかりにくいけれど、ハート型を逆さまにしたような小さな実が
どっさり付いています。



その先に咲いているのはゲンノショウコの赤花。

161021_gen_shoko1.jpg

この辺で咲くゲンノショウコは白花が基本。これは「北向きの斜面」の途中に誰かが一度、
山野草の花だんを作ろうとして植えた名残です。

161021_gen_shoko2.jpg

赤花は白花よりずっと草丈が高く、大きくなりがちですが、花のデザインは色以外は全く一緒
なんですよね。

161021_gen_shoko3.jpg

もちろん、後にミコシグサの名前の由来になる神輿の屋根を連想させる実もまた、そっくり
なんですが、この日はまだ準備中でした。



ここでおさんぽは再び公園の中に戻るのですが、次の記事ではここまでの間に見かけた木の実、
木の花を見て頂く予定です。夜遅くなって本格的に気温が下がってきました。防寒グッズの
支度はお済みですか?暖かくしてお過ごしくださいませ。


posted by はもよう at 23:53| Comment(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: