2016年10月26日

タテハチョウとカマキリ

今日もいいお天気でした。お布団も干したし、シーツも洗いました。買い物にも
行ったし、掃除もしたし、いろいろ頑張りました。やっぱりお天気がいいとやる気が
出ますねぇ。それにしても、昨日は11月なみの寒さで、今日は夏日。朝と昼、夕方でも
気温が違うし、着るもの選びがとっても難しいです。風邪引かないように気を付け
たいですね。

記事の方は虫さん特集です。まずは芝生広場脇の樹液酒場に大きな動きがあったので
それを見て頂きましょう。

161026_kitateha.jpg

そばに止まっていたタテハチョウ。
羽裏の黄色い点からたぶんキタテハ。ピンぼけだけど(^^;)。





大きなドングリの木に有った樹液酒場。夏になるといろんな虫で賑わっていました。
大人1人では抱えられないくらい大きなぶっとい木でしたが…、何度かの台風を経た
この日、倒れていたことが解りました。しかも、処理も済んでいたから、ちょっと
前?

161026_touboku.jpg

太さ、解りますか? 手前の、草が無いところに生えていたのかな?奥の木にも
危ないから注意っていう黄色いテープが巻かれていました。すごいな台風。
元々、樹液酒場が出来ちゃうのは、木にとっては良い事じゃないんですよね。
けがからの出血が止まらない状態なんですもの。

それでも倒れなくてもいいのになぁ。また、別の樹液酒場を探さなくちゃ。残念。



倒れた木の子孫かな? 後ろのヤブにはコナラの幼樹。

161026_a_gomadara.jpg

アカボシゴマダラが止まってました。カップルかな?
元々はもっと暖かい土地の蝶々だったのに、いつの間にか居ついちゃいましたね。


それからこちらもカップルかな?オンブバッタ。大きい方がメスで、小さい方が
オスだそうです。

161026_batta.jpg

でも、このカップル、メスの方はまだ羽のはえきらない幼虫じゃ無いのかな?
幼虫のうちにお嫁さんを確保しておくのかな?疑問が湧いちゃう一枚になりました。



斜面のてっぺんの展望台から見下ろして撮った、センダングサの中を飛び交う蝶々。

161026_tyou.jpg

うまく撮れなかったけれど、白っぽいのがモンキチョウで、オレンジ色のはツマグロ
ヒョウウモンじゃ無いかな?どちらもよく見かける蝶々です。

161026_tumaguro_h.jpg

↑ これは帰り道で撮った別の個体だけれど、こんなだったろうなと。
これはオス。メスはもっと黒い部分が多いんです。幼虫ちゃんのごちそうはスミレの
葉っぱ。最近、ビオラとか植える人が増えて、この蝶々も増えています。



斜面てっぺんのクズの葉に、誰かが止まってる。

161026_kuzu.jpg

葉っぱが風に大きくあおられて居るけれど、明らかに、周りと違う緑色が見えます。

拡大すると…

161026_kamakiri.jpg

べったり伏せたカマキリ。カマさえ見えないけれど、無くしちゃったわけじゃないよね。
背中に黄色い点があるのはハラビロカマキリの特徴だったかな?子孫は残せそうかい?



斜面を降りきったあたりの擬木でトカゲがひなたぼっこしていました。

161026_tokage.jpg

しっぽが青い幼体は良く見るけれど、この子のしっぽは、ちゃんと茶色の大人トカゲです。
擬木の暖かさにうっとりしていたのかな?ちっとも逃げません。可愛いです。元気に
生きてください。また会おうね。



公園の雑木林で、キノコの撮影の合間に見かけたタテハチョウ。

161026_tateha1.jpg

うまく撮れなかったなぁ。なんていう種類だろう。

同じ写真の拡大画像。

161026_tateha2.jpg

これもキタテハかなぁ。



ここからは帰り道、ムラサキツメクサのお花に止まっていたのはダイミョウセセリ。

161026_daimyo_s.jpg

小さくて可愛い蝶々です。


一番ありふれたヤマトシジミかな?と思ったら、しっぽが見えて慌ててカメラを向け
ました。

161026_tubame_s.jpg

ちょっとだけ珍しい、ツバメシジミでした。ダイミョウセセリより更に小さいの。
やっぱり、夏の初めより断然、秋の方が虫さんたちに出会う確率が上がります。
この日もいろんな虫さんに会えて良かった。みんな元気に活動してね。


楽しく有意義だったおさんぽもおしまい。

161026_enokoro.jpg

道ばたのエノコログサの穂が、日の光を集めて光ってました。
また、おさんぽに来られますように。




posted by はもよう at 23:47| Comment(2) | 身近な生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はもようさん、おはようございます。
たくさんの虫さんですね。
はもようさんは町に住んでおられるのに、
すごいですねぇ
一瞬しか見ることができないトカゲさんが
悠然とお昼寝していて、おどろきました。

オンブバッタの女の子。
何となく痛々しいですが、
まだ小さいのですか。
小さくてもふくよかで、
アスカちゃんを思い出してしまいました。
あの子も男の子にとてももてたんですよ。
きっと長生きする元気な子オーラが
でていたのかなぁ
それが子孫を残す子たちには
一番の条件だとおもうので、
すごくもてたのかもしれません^^
Posted by ブリ at 2016年10月27日 07:27
ブリさん、こんばんは。

ねぇ、トカゲは本当に私もびっくりしましたよ。逃げないんですもの。
死んでたらやだなと思いましたが、このあとゆっくり隠れました。
出会い頭でびっくりしちゃうこともあるのかな?
それとも体が温まっていなかったのかしら?
可愛かったです。

オンブバッタはね。ちょっと赤いので目を惹いたんですよ。
でも、検索しているとたいていは背中が緑色。
あれれ?これは幼虫なの?って疑問が湧いちゃいました。どうなんでしょうね。

あ、アスカちゃんですか。もてたんだ。
そうか、長生きする元気なオーラがモテモテの元なんですね。
なるほど。

そうだ、アスカちゃんが好きだった柿の季節ですね。
思い出しちゃうなんて、
アスカちゃんの魂が里帰りしてるのかもしれませんよ(^^*)。
Posted by はもよう at 2016年10月29日 00:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: