2016年11月03日

羽衣縷紅草の花

さすが晴れの特異日、文化の日の今日は真っ青な青空が広がって爽やかな秋晴れの一日になり
ました。ここのところ、ちら日尾ら雨の降る日が続いたから、もう、清々しました。
やっぱり晴れていると嬉しいなぁ。

記事の方は10/4、通勤の道すがら撮った写真です。

161103_hagoromo_r1.jpg

ハゴロモルコウソウがたくさん咲いていました。







夏の終わり頃、マルバルコウソウを見たけれど、こちらはまだ咲いて居ませんでした。

161103_hagoromo_r2.jpg

駐車場のフェンスなんですけどね。色んなお花が絡み合っています。

綺麗なブルーはアメリカアサガオ。ピンクはそのしぼんだところ。

161103_a_maruba_a1.jpg

朝早いと、綺麗な水色なんですよ。素敵でしょ。小さいけど。

161103_a_maruba_a2.jpg

丸い葉っぱなのでマルバアメリカアサガオかな。毛深い実が見分けポイント。



一緒に絡んでいる茶色いつるは、マメアサガオ。

161103_mame_a1.jpg

アメリカアサガオより更に小さい白い花です。

161103_mame_a2.jpg

葉っぱは丸くないのね。



ハゴロモルコウソウ、またの名をモミジバルコウソウ。糸のように細く裂ける葉っぱの
ルコウソウと丸い葉っぱのマルバルコウソウを掛け合わせてつくられた花だそうです。

161103_hagoromo_r3.jpg

なんとなく夏の花だと思っていましたが、私が出会ったのは10月になって居ました。

161103_hagoromo_r4.jpg

ルコウソウの花が星形、マルバルコウソウがまん丸、ハゴロモルコウソウの花の形は
5角形。ちょうど間をとった感じです。

161103_hagoromo_r5.jpg

横から見るとずいぶんと長い花です。

紅葉よりはもうちょっと複雑な形に裂ける葉っぱ。

161103_hagoromo_r6.jpg

ハゴロモルコウソウが、こんなにはびこっている場所があったんだなぁ。
早起きは三文の得。いいもの見せてもらいました。サンキュー。


ちょっと戻って、マメアサガオが咲いて居た場所。宿主は、ちょっと変わりものぞろいの
トウダイグサ科のエノキグサ。

161103_enoki_g1.jpg

この細い葉っぱの草ですよ。

茎のてっぺんの避雷針みたいなのが、エノキグサのオスの花の穂。

161103_enoki_g2.jpg

茎に並んだ細長い方が葉っぱで、葉の付け根にあるものがめばな。
花にに見えても見えなくてても。これでたくさんタネを作ってはびこります。



つる草に覆われたフェンスから、またちょっと進むと、これもトウダイグサ科の一員。
というか、ポインセチアのお仲間のショウジョウソウです。

161103_shojo_s.jpg

サマーポインセチアなんて呼ばれて花だんに植わっていたはずなんだけれど、結構な
確率で逃げ出しています。花期は7月から11月。けっこう長く咲いて居るものです。



その先の、マルバルコウソウの群落があったあたり、ちょっとだけ先に咲いていた
花の名残が咲いていました。

161103_maruba_r1.jpg

先に咲いていたから、実も付いて、しかもほとんど、熟し終わりの完成形。

161103_maruba_r2.jpg

下向いて実るちっちゃな実。またたくさん増えそうかな。



時は10/4。柿はまだちょっと、色づき始める頃。

161103_kaki1.jpg

背の高い木の上の方から色付いていくものだから、高いところはイイ感じに色付いています。。

161103_kaki2.jpg

遠くのみ葉赤く見えるよね。



この記事のラストはちょっと前まで咲いて居たキンモクセイ。

161103_k_mokusei1.jpg

どっさり咲いてどっさり散って、地面に花が咲きました

あっという間だったな。

161103_k_mokusei2.jpg

また来年も咲いてね。



10/4はお昼休みに河原もさんぽしています。今度の記事では、そちらを見て頂く予定です。



posted by はもよう at 23:57| Comment(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: