2016年11月11日

我が家の杜鵑と野菊

覚悟はしていたけれど、やっぱり雨が降って寒い一日でした。夜の雨は思ったよりずっと
強くて、午後からは晴れる予報だったけれど、結局、ずっと降って居ました。それでも
娘の誕生日の前祝いにケーキを買いに行ったりして、元気に過ごしていました。
明日からはお天気回復とか言う予報は、当たるのかな?


記事の方は我が家の鉢植えの様子を。
先日、我が家のヤマジノホトトギス、今期最後の花が終わりました。

161111_yamajino_h10.jpg

ひと月半ほど、咲き続けてくれました。ありがとうね。
調べてみてびっくり、7月以来全く取り上げていなかった我が家の鉢植えの様子。
順を追ってご紹介します。




夏の記事の終わりの方でお花を載せたノブドウは同じ7月のうちの実が色付きました。
これが我が家のノブドウですよ。前の記事の母の庭のと同じような株ですのに。

161111_nobudo.jpg

うちの実はパステルカラーで、母の所のはビビッドカラーなんですからねぇ。
不思議です。でも一応、ちゃんと実ったし色付きました。ちょっとですけどね。



今年は我が家の鉢植えちゃんたち、カラーとツルボはとうとう咲かなかったし、
ナデシコは力尽きてしまったし。特筆すべき事は無かったんですよね。

161111_sedum.jpg

まぁ、暑さ和らいで、ちび鉢のマンネングサは元気を取り戻していましたが。


これも夏からぼつぼつ咲いていたノコンギク。

161111_nokongiku1.jpg

秋を迎えていよいよ花数が増えてきました。

161111_nokongiku2.jpg

いっこうに紫色にならないんですが、ノコンギクです。


同じ日のヤマジノホトトギスです。

161111_yamajino_h1.jpg

つぼみが付いていました。


おお、いよいよかと感慨にふけるまもなく、開花。

161111_yamajino_h2.jpg

しかも気づいたときにはもうこんなに。

これも、

161111_yamajino_h3.jpg

これも、同じ日に咲きました。

161111_yamajino_h4.jpg

あおられちゃうなぁ。

でも元気なのは一鉢だけで、

161111_yamajino_h5.jpg

もう一鉢は、花の時期になってから急速に枯れ始めて、とうとう一輪も咲かせずに葉が枯れて
しまいました。来年に期待かなぁ。復活して欲しいです。


元気な鉢の方は次々花を咲かせます。

161111_yamajino_h6.jpg

元気いっぱい、綺麗な花です。


10月に入ってもつぼみがこんなに付いています。

161111_yamajino_h7.jpg

葉っぱの付け根、一枚一枚に一つずつのつぼみ。

それが咲いたらこんな風に。

161111_yamajino_h8.jpg

いっぱい咲いてくれて嬉しいなぁ。でも、虫さんがなかなか来ないので、受粉は出来て
居ない模様です。ちょっと力の強いハチさんくらいじゃないと、この花の蜜はもらえないん
ですよね。


受粉できなかった花はこんな風に、跡形も無く散ってしまいます。

161111_yamajino_h9.jpg

それでも、茎のてっぺんに実が残るところを見ると自家受粉もしてるかな?と思ったり、
いや、地下茎で株を増やす方にかけてるかもと思ったり。



同じ日のノコンギクには終わった花あり、咲いてる花あり、賑やかです。

161111_nokongiku3.jpg

花が終わったら地味な綿毛になるのがノコンギクの特徴。
10月の声を聞いて、開きかけの花に若干、紫色が出て来ましたね。やっぱり冷え込むと
色が濃くなるんじゃ無いかな。


同じ日、鉢植えのコナラとケヤキが紅葉し始めているのに気づきました。

161111_keya_kona1.jpg

両方、赤く染まりますよ。楽しみです。



11月に入ってヤマジノちゃんは終わりましたが、ノコンギクはまだまだ咲き続けています。

161111_nokongiku4.jpg

終わった花が地味なポンポンになり、まだ咲いて居る花があったり、終わりかけがあったり。

ノイバラの実も赤くなりました。

161111_noibara.jpg

生かさず殺さずのノイバラちゃん。ちょこっとですがこうして実を結ばせておけば、病変に
やられることも無くなんとか生きながらえてくれるので、わざわざよそから花を摘んでは
人工授粉しています。いろいろごめんね、でも、来年もまたよろしくね。



同じ日のケヤキとコナラです。

161111_keya_kona2.jpg

街路樹よりも一足早く、特にケヤキはだいぶ紅葉が進みました。

こんなに赤くなるって知ってました?

161111_keyaki.jpg

綺麗でしょ。

コナラは、葉っぱの端からだんだんオレンジ色になります。

161111_konara.jpg

それから、朱赤に変わるんです。まだまだこれからですよね。
紅葉しちゃったら後は散るだけですもの、慌てないで欲しいです。急がず色づけ、コナラの葉。



寒さを感じて、枯れるものばかりじゃ有りません。寒くなると元気になるのが、この、
ミニシクラメン。

161111_m_cyclamen.jpg

街にもこれから、華やかなシクラメンの大鉢が並びますよね。一年中絶やさず花を楽しめるよう、
色んな人が力を尽くしてくださったんでしょうね。
この子は春先に赤いお花を咲かせてくれる予定です。それから、ミニ水仙の球根も土に戻し
ました。こちらは黄色いお花を見せてくれる予定です。

今年咲かなかった花も、来年は咲いてくれるかもしれません。いろいろ期待しつつ、
お世話、頑張ろう。p(^へ^)



次回からは、10/23に隣町で撮ってきた写真シリーズに移ります。良かったらまたおつきあい
くださいませ。




posted by はもよう at 23:41| Comment(0) | 鉢植え観察記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: