2016年11月14日

紫式部の実

今日はせっかくのお月見の日なのに曇っちゃいました。でも、そんなに寒くは無いんです
よ。日中は、母の受診におつきあいする予定でしたので寒くなかったのはとてもありがた
かったんですけどね。夜になると雨までぱらついて残念な感じ。スーパームーンは見え
ないかな?

記事の方は10/23のおさんぽの続き。隣町に着いて、まず、公園裏の北向きの斜面の入り口、
「日陰の林」に行きました。

161114_m_sikibu1.jpg

この日の主役はムラサキシキブの実。可愛いつぶつぶが紫に色付いていました。







前の月に、咲いているのを確認したコウヤボウキもまだ咲いていました。

161114_koyabouki1.jpg

花期長いなぁ。まだ、全然咲いてますよ。

薄暗いし、風も吹いて、相変わらず写真には撮りにくいけれど、

161114_koyabouki2.jpg

細いリボンをくるくるしたようなお花をまた狙います。
このあとはふさふさの綿毛になります。


コウヤボウキのそばに有ったのはオトコヨウゾメ。

161114_o_yozome.jpg

これも更に撮りにくいけれど、赤い実はまだ下がっていました。



うっそうとした枝の下を抜けて見上げたら、また別の赤い実。
こちらはシロダモですね。これ、去年咲いた花の実なんですよ。

161114_sirodamo.jpg

シロダモは秋の終わりに花と実を一緒につける木なんです。
この場所ではお花は咲いていないけれど、別の場所ではどうかな?



シロダモの下が、ムラサキシキブ。

161114_m_sikibu2.jpg

6月頃に紫色の花が咲いたけれど、秋にはそれが紫色のつぶつぶになります。

いい色ですよねぇ。

161114_m_sikibu3.jpg

お庭にはもっと実の付きの良いコムラサキというお仲間が植えられることが多くて、
こちらのムラサキシキブはお山に自生していることの方が多いのですが、花や実の
紫色はおそろいです。

お、こっちの実には小さな虫が付いてます。

161114_m_sikibu4.jpg

誰かな?

むき出しのお腹。この虫はカメムシの幼虫ちゃんですね。

161114_m_sikibu5.jpg

いろいろ画像検索した結果、どうやらこの子はエサキモンキツノカメムシの幼虫のよう
です。可愛いな。
画像検索していて思い出しました、このカメムシは成虫が卵を守って小さいうちは集団
で育つ種類でした。独り立ちの練習中かな?頑張れおちびちゃん。

それから別の株で色づきかけの実も発見!!

161114_m_sikibu6.jpg

うわ〜、この中間色、渋くて綺麗ねぇ。



更にその隣の、翼が出来ないニシキギこと、コマユミがそろそろ紅葉の準備を始めた頃。

161114_komayumi.jpg

紅葉自慢のニシキギの仲間です。綺麗に染まるよね、きっと。



足下にはヤブランの若い実。

161114_yaburan.jpg

これから真っ黒く見えるほど色濃くなります。



そうそう、「日陰の林」の反対の端にあるのはヤマコウバシ。

161114_yamakoubasi1.jpg

なかなかお花が撮れないけれど、この日は実を撮ることが出来ました。

ほら、まん丸で真っ黒の実。

161114_yamakoubasi2.jpg

クスノキの仲間ですから実の形もそっくりですね。

こちらにはまだ若い実もありました。

161114_yamakoubasi3.jpg

すっかり熟す前はこんな色だったんですね。
それから、来年の分の冬芽と春まで落ちない葉っぱ。ヤマコウバシの葉っぱは枝で枯れて
も長くそこにとどまりますので、雑木林でも結構目立つかもしれないですね。




そのまた先の 木の幹はこんなことになって居ました。

161114_kiduta1.jpg

冬でも緑色の常緑のフユヅタと、紅葉して散るキヅタが一緒に絡んでいます。
フユヅタはウコギ科、キヅタはブドウ科なんですよね。似ているけれど違う科の植物で、
花や実のデザインが全く違うんですよ。フユヅタはこれから花の季節ですから、
このおさんぽで見られるかもしれませんね。

161114_kiduta2.jpg

キヅタの方はお花は夏の前に先、実はこのちょっと前に熟して、あらかた鳥さんのお腹に
入っちゃいました。1年の活動を終えて、こうして真っ赤に色付いた葉を散らします。
キヅタの紅葉はなめし革の質感で、綺麗ですよねぇ。

161114_kiduta3.jpg

見上げると遥か、高い木の上の方から紅葉しています。これだもの、お花や実を撮るのは
容易じゃ有りません。でも、いつかチャンスがあったら撮ってみたいです。




おさんぽはまだまだ続きます。次は公園に入って草や木を見ていきましょう。




posted by はもよう at 22:50| Comment(2) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はもようさん、おはようございます。
シロダモの赤い実、撮りました。
次ぐらい記事になるかなぁ
いつも適当ですのでわかりませんが。
実とお花、いっしょの子たちでした。
10月ごろから色づいてくるんだそうですね。
そうですよね。
一瞬去年からついていた子かなとおもったんですよ。
春ごろから小さな実ができるみたいで、
長い間をかけて赤い実になるんですねぇ
それにしてはできたてほやほやのように
赤くつやつやに見えました^^

ムラサキシキブの実、
小さくてかわいいです。
散らばった感じで、
そういう実の付き方、美しいと思います。
このあたりはヤブムラサキが多いですが、
ときどきムラサキシキブを見かけます。
豊作の去年ほどではないですが^^
Posted by ブリ at 2016年11月15日 07:41
ブリさん、こんばんは。

あ、そちらでもシロダモの実は赤くなりましたか?

実とお花一緒の子ですよね。そうそう、長いことふくらまないで居て、
秋深まってくると目立ってきて、赤くなる頃、
つぼみも出てくると…。

出来たてのようにつやつやかぁ。確かに(^^*)。
つやつや真っ赤です。

ムラサシキブの実は本当に可愛いですね。
豪華さでは、コムラサキにはかなわないですが、
小さな実がまばらに付くところが、かえって野趣があって、良いかなぁと思います。

このあとは葉っぱが黄色くなります。
黄色い葉っぱに紫色の実というコントラストになって、また
鳥さんたちの注目を集めそうです。

ヤブムラサキは、暖かそうな毛の生えたムラサキシキブですよね。
そっか、ブリさんちの方では半々くらい?
こっちには全く無いんですよ。

写真、楽しみにしてますね。
Posted by はもよう at 2016年11月17日 00:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: