2016年11月20日

フユヅタの花

しまった、また眠気に負けちゃいました。明けて今朝は、真っ白に霧がでてビックリ
しちゃいましたねぇ。一度晴れても、また何度も流れてくるので、洗濯物が全然乾か
なくて困りました。こんなことって今まで無かったから驚きました。

記事の方は10/23のおさんぽで見かけたつる性植物のあれこれを。

161120_kiduta1.jpg

一枚目は、咲いて居ましたフユヅタの花。





ウコギ科のフユヅタは秋の終わりに花を咲かせるんですよね。

161120_kiduta2.jpg

同じウコギ科のヤツデにも通じるような地味な花。そういえばヤツデの花もこれから
ですね。



カタクリの保護地を挟んで反対側、大きな桜にスズメウリが絡みついていたあたり、
桜は枯れて切られてしまったけれど、スズメウリは、あたりの草に絡んで健在でした。

161120_suzume_u1.jpg

ちっちゃい白い瓜。

実物は、瓜と言うよりは豆?って思うくらいのサイズ感です。

161120_suzume_u2.jpg

うどんこ病になりやすく、この株もだいぶ葉っぱが白くなっていました。

161120_suzume_u3.jpg

真珠の首飾りみたいに見えるにはちょっと足りないかな?



そしてこちらはカラスウリ。

161120_karasu_u1.jpg

これはものすごく茂ったクズの葉の、上の方にごいっしょしているカラスウリです。
遠くてもこの朱赤は目立ちますよね。

そしてこちらは公園の中のカラスウリ。

161120_karasu_u2.jpg

いつも見ている所なんですが、今年も赤くなって居ました。



残念ながら、赤い実を撮れなかったサルトリイバラ。

161120_sarutori_i.jpg

またの名をサンキライ。何があったのかな〜?赤を通り越して、痛んだ色していました。
残念です。



ノブドウの実が、まだまだ青くて綺麗でした。

161120_nobudo.jpg




それから、こちらはヤブマメ。菱形の3枚ワンセットの葉っぱのお豆。

161120_yabumame.jpg

青みの強い紫の花は、ぺたんこの豆のさやになっていました。
葉っぱは大豆の葉っぱに似ていると思ったけれど、お豆はエンドウ豆の方に似て
居ました。



それから、帰り道で見かけたツルマメ。

161120_turumame1.jpg

細長葉っぱ3枚ワンセットの豆のつるです。ピンク色の小さな花は毛深い豆のさやに
なって居ました。

うわっ、大豆そっくり、枝豆そっくり。

161120_turumame2.jpg

大豆の祖先は、こちらなんじゃないかと言われて居るのに、納得のこの姿。
なるほど〜、植物学者さんたちはこのお豆に注目したんですかねぇ。


ツルマメの隣のコマツナギはこんな実なります。

161120_komatunagi.jpg

棒みたいに見えますが、これもお豆のさやなんですよ。面白いですよねぇ。



この記事ラストはアオツヅラフジの実。

161120_ao_tudura_f1.jpg

青くなりましたねぇ。

葉っぱの方はだんだん黄色くなりますので、更にコントラストが際立って目立ちます。

161120_ao_tudura_f2.jpg

記事の中でも、だんだん秋が深まりますねぇ。



次の記事は同じ日に見た木の実の写真をまとめます。
それにしても、用事が多くてなかなかおさんぽに行かれません。ネタ不足に陥りそうです。
どうしよう。頑張らねば。

posted by はもよう at 23:40| Comment(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: