2016年11月23日

柊と山茶花

昨日は、母のお付き添いで1日がかりで病院に居ましたので、更新はお休みさせて
頂きました。まぁ、用事は健康診断のようなもので、行き帰りはあまりにお天気が良い
ので、ちょっとおさんぽも出来ました。そして翌日、勤労感謝の日の今日は、うって
変わってどんよりと曇って寒い一日になりました。

今夜からは関東の平野部、いえ、東京23区内でも積雪を伴う雪なる予想とか。ファン
ヒーターの試験運転はしておいたけれど、本当に11月に東京に雪が降るのか?
昨日は20℃越えした小春日和で、明日は一面の銀世界になのか。半信半疑です。

記事の方は今回から11月の写真に移ります。

161123_hiiragi_m1.jpg

父のお付き添いで病院に行く途中、見かけたヒイラギモクセイです。







毎年撮っていた、近所の公園のヒイラギモクセイが、今年は盛大に剪定されてしまって
お花が見られないなぁと思っていたので、チャンスとばかりにパチリ。

161123_hiiragi_m2.jpg

慌てていたし、近づけなかったので、見たよと言う証拠写真くらいにしかなりませんが、
それでも花盛りで、優しいいい香りがしていたので、それはそれでラッキーでした。

ギンモクセイ、キンモクセイ、ウスギモクセイとつないできたモクセイ科の花のリレー、
第4走者は、ギンモクセイとヒイラギの中間種、ヒイラギモクセイです。

161123_hiiragi_m3.jpg

主に生け垣などに利用されますので、こまめに剪定されてしまうとなかなかお花までは
たどり着けなかったり、葉の陰にちょっとしか咲かないので目立たなかったりします。

ヒイラギよりはおとなしいとげとげの葉っぱ。

161123_hiiragi_m4.jpg

キンモクセイよりはずっと軽くて優しい香りの花。

薬品で葉脈標本を作るのに適した葉っぱだそうです。 

161123_hiiragi_m5.jpg

昔、近所の高校の文化祭でもらったっけなぁ。葉脈標本の付いた栞 ♪
ご近所の生け垣に、こんな葉っぱのはありませんか? 秋の終わりにいい香りのお花が
咲いているかもしれませんよ。



翌々日、今度は通勤の途中、毎年見上げているとあるお庭のサザンカが、青空に映えて
綺麗だったのでパチリ。

161123_sazanka1.jpg

うまくこっちを向いているお花がなくて難儀しましたが、可愛いデザインでしょ。

花びらが少なめで、端っこが濃いピンクでまん中が白いんですよ。

161123_sazanka2.jpg

なんていう品種なんでしょうねぇ。園芸種の同定は難しいです。

開きかけはピンク。

161123_sazanka3.jpg

すっかり開くと、おしべの黄色も目立ってカラフル。

小さい木で、葉っぱもそんなに茂っていません。

161123_sazanka4.jpg

お花もぱーっと咲いて、ぱーっと散っちゃいます。
近所の公園のサザンカはぽってりした八重咲きで、葉も良く茂って、花期もだいぶ長くて
同じサザンカでもずいぶん違うのだなぁと思って眺めています。



同じ日、通勤の道すがら見つけたのはヒイラギの花。

161123_hiiragi1.jpg

まだちょっと早いかな。気の早い株の咲き始めって感じ。

ヒイラギモクセイまでつないできたモクセイの花リレーの最終走者、ヒイラギの花が
咲いちゃいました。早いなぁ。

161123_hiiragi2.jpg

花だけ見たら区別は付けづらいですね。ギンモクセイとヒイラギモクセイとヒイラギの花。

しかもヒイラギは、老木になるとトレードマークの葉のぎざぎざがすっかり無くなっちゃう
という、もう、裏切りもの!ってくらい変化をしますので、名前調べの初心者泣かせです。

そうそう、ギンモクセイとヒイラギモクセイは雄株しか渡ってきていないし、実は付き
ませんが、ヒイラギは、花のことなんかすっかり忘れた夏の初め頃に、オリーブに似た
黒い実を結んだりします。それも見分けのポイントにはなります。




11月はほとんど写真を撮っていないので、もう、11/6のおさんぽ写真シリーズから3枚
ほど、予告をかねて載せておきます。

161123_kiduta1.jpg

隣町へ行く道の途中の雑木林です。
こんもり茂った木の枝に絡んでいるキヅタが一足早く紅葉していました。

161123_kiduta2.jpg

宿主より早く赤くなっちゃうんだな。

桜だと思ったんだけどなぁ。ケヤキっぽいかなぁ。

161123_kiduta3.jpg

宿主の木とキヅタの2重の紅葉。お得感たっぷりですねぇ(^m^)。



次回からは11/6に隣地で撮ってきた写真をまとめてぼちぼちご紹介します。
新しい写真、撮りに行かなくちゃなぁ。


posted by はもよう at 23:58| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: