2016年11月25日

アオツヅラフジの実

日付変わっちゃったけれど、せっかく打ったから載せておきます。11/24の分です。

いやぁ。半信半疑でしたが、11月の雪、積もりましたよ。うっすらとまんべんなく。
11月中の都内での積雪は54年ぶりですって。早速、電車のダイヤは乱れるし、
道を歩けばすべりそうになるし、まぁ、雪に弱いこと。
午後3時過ぎにやんだと思ったら、青空が広がってまたびっくり。さすがに日差しは
差しても気温は上がりませんでしたけれど。べちゃべちゃの雪が明日の朝凍って、
二次被害を出さなければ良いなぁ…なんて思いつつ帰ってきました。

記事の方は、11/6に隣町へ行って来たときの写真シリーズです。

161124_ao_tudura_f1.jpg

黄色く色づき始めた葉っぱに、青い実。アオツヅラフジです。






途中の道ばたのヤブで撮りました。

161124_ao_tudura_f2.jpg

黄色と青のコントラストが綺麗です。



丸々太ってきたのはヤブマメの、この前までぺったんこだった豆のさやです。

161124_yabumame.jpg

よぉく太って十分熟すとはじけます。ヤブマメは地上でも、地下でもせっせと増える
働きもの。増えすぎると嫌われますよ。



道ばたの雑木林の木に絡んで居るのは、ツルウメモドキです。

161124_t_umemodoki1.jpg

良く見ると、朱赤のタネを抱いた丸い実がつるのあちこちに付いているのが解ります。

大きくするとこんな ↓。

161124_t_umemodoki2.jpg

黄色いカラが割れると中から朱赤のタネが出てきます。生け花の花材にもするそうです。



こちらは見事な黄色い葉っぱ、野良萩です。

161124_yamahagi.jpg

夏のうちからぼつぼつと咲き進んで来て、地味で目立たない実をたくさんつけて、ラストの
黄葉です。ハギとススキ。まさに日本の秋って感じです。



草むらで赤くなっている葉っぱはアカザです。

161124_akaza.jpg

草の中でも一二を争う紅葉自慢の葉っぱです。



樹木の仲間の紅葉はまだまだ序の口。

161124_mizuki.jpg

こちらで赤くなっているのは大きなミズキの木の葉っぱ。一番ありふれているのは黄色
だけれど、たまに赤くも染まります。綺麗でしょ。



前回のおさんぽで見つけたノコンギクの群落をもう一度と覗いてみたら、また、
新しい花が咲いて、群落が更新されていました。

161124_nokong1.jpg

隣り合わせが、ちょっと白っぽくなっちゃったヌルデの葉っぱで目立たないけれど。

寒くなって、更に紫色が濃くなった気がします。

161124_nokong2.jpg
一つ一つの頭花はまばらだけれど、たくさん集まって咲くとに賑やかになります。

たくさん増えて欲しいなぁ。

161124_nokong3.jpg

道ばたに咲き乱れる野菊を愛でながらのおさんぽなんて、理想だわぁ。

161124_nokong4.jpg

がんばれ、はびこれ、ノコンギク。応援しちゃいます。



野菊の次は、秋の実りで重たい枝を見上げて回る予定です。



posted by はもよう at 00:46| Comment(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: