2016年11月28日

紫シジミとシキブ

昨日は実家の手伝いと町内会の役員の仕事で手一杯で、ブログの更新まで出来ません
でした。それでも、懸案がまた一つ片付いて、ちょっとずつ進んでいます。実家の
手伝いに期限はないけれど、お当番役員の任期はあと半分。こつこつ頑張ろうp(^へ^)。

記事の方は11/6のおさんぽの続き。隣町に着いて、公園裏の「日陰の林」へ向かう道。

161128_kobusi1.jpg

公園の横のコブシの葉っぱもすっかり色付いていました。





上手に丸く刈り込んであるから、葉っぱが落ちてもシルエットが綺麗です。
コブシの葉っぱは明るい黄色に色付きます。

161128_kobusi2.jpg

靴下にボールを詰め込んだみたいな形をしていたユニークな実も、紐付けされてぶらぶら
揺れていた赤いタネももうありません。葉っぱが落ちたら、モクレンの仲間特有の毛深い
冬芽が目立ってくるかな?



坂の途中で見つけたのはエビヅルの赤い葉っぱ。

161128_ebiduru.jpg

結構、風の強い日でした。写真を撮るには、風は弱い方がありがたいんだけれど、そう
贅沢も言っていられないしねぇ。でもね、逆に風が強くてラッキーなこともあるんですよ。



たとえば、こんな小さな蝶々。

161128_murasaki_s1.jpg

2匹が誘い合うように飛んでいましたが、風が強くなって、葉っぱにしがみつきました。
私の腕とコンデジでは、飛んでいる蝶々は捉えられません。止まってくれなくちゃ。
その上、風で自由が制限されるなら、なおさらチャンスがふえます。ちょっと粘って
みましょう。

近づいたり遠ざかったり、でも、決定的には遠くに行かないので、もうちょっと粘ります。

161128_murasaki_s2.jpg

羽裏の模様が、見たことある感じ。これきっと、開くととっても綺麗な蝶々だわ。
見たいなぁ。撮りたいなぁ。


結構粘って、とうとう、綺麗な一枚をゲットです。

161128_murasaki_s3.jpg

ちょっとずんぐりな形が可愛いでしょ。綺麗な紫色が素敵でしょ。
羽裏の模様と合わせて考えるに、これはたぶんムラサキシジミですよね。

161128_murasaki_s4.jpg

成虫のまま越冬するそうなので、11月に飛んでいても不自然じゃないですね。
幼虫はアラカシやスダジイの葉っぱを食べるそうだから、この辺にはいっぱいあるので、
これもまたあり得ないことじゃないですね。

でも、成虫は花には来なくて、何を食べているか不明とか、幼虫はアリを誘引して護衛に
するとか、気になる記述がWikiに出て居ました。う〜ん、謎の多い蝶々だったりする?



坂の途中のウワミズザクラ。

161128_uwamizu_z1.jpg

他の木よりちょっと早めに色付く葉っぱは、この日の時点でまだ黄色がちょっと。

161128_uwamizu_z2.jpg

完成はオレンジ色ですから、もうちょっとかかりそうです。



坂を下りて「日陰の林」の入り口にあるオトコヨウゾメ。

161128_o_yozome.jpg

薄暗いわ、風で実が揺れるわで、なかなかピントが合わないけれど、可愛い赤い実が
下がって居ました。



すぐそばにはコウヤボウキ。9月から咲いているけれど、この日もまだ咲いててくれ
ました。

161128_koya_bouki1.jpg

花期、長いなぁ。有りがたい、有りがたい。(>人<)拝んでおこう。

でもそろそろ、化粧筆みたいなたっぷりの綿毛になるんですよ。

161128_koya_bouki2.jpg

綿毛になったときが2回目のシャッターチャンス。また見に来よう。



ムラサキシキブも相変わらず、ムラサキの実をたくさんつけて居ました。

161128_m_sikibu1.jpg

コムラサキとの見分けポイントはこの、しっかり同じ場所に着いている実と葉っぱ。
コムラサキの場合は、だいぶ曖昧なんです。

コムラサキほど密集しませんが、ムラサキの実がたくさんなりましたね。綺麗だな。

161128_m_sikibu2.jpg

このあと、季節が進んで葉っぱが黄色く色付くとまた、表情が変わって良いものです。

そうだ、あの高名な女流作家は、緑の葉っぱと黄色い葉っぱの、どっちを気に入る
かしら?
この植物に自分の名前が付いていると聞いたら、喜ぶのかしら。嫌がるのかしら?
ねぇ、どうでしょうね。(^m^)



紅葉自慢、ウルシ科のヤマウルシもまだまだ黄色。

161128_y_urusi.jpg

これから朱赤に染まります。


この記事のラストは雑木林の天井画。

161128_zoukibayasi.jpg

てっぺんの方から、色付く葉っぱ。綺麗です。



おさんぽはまだまだ続きます。
次の記事では木の実とシロダモの花を見て頂く予定です。

posted by はもよう at 23:43| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: