2016年12月06日

ユリノキの黄葉

またまた眠気に負けました。月曜日は仕事も忙しかったしなぁ。月曜日はまた濃霧の朝。日中は良く晴れて暖かでしたが、あけて今日のお天気は昼間は暖かで、お昼頃から風が
強くなり寒くなりました。風は渦を巻いて吹きあれ、ずいぶんの木の葉っぱが落ち
ちゃったみたいです。明日は氷点下になるのかな?風邪引かさないように気をつけたい
です。

記事の方は、11/6のおさんぽの続き。隣町から帰って、いつもお散歩している公園の方
へも足を伸ばして行って来ました。

161206_yurinoki1.jpg

いつもお散歩している公園では駐車場のユリノキの葉っぱが黄色くなっていました。







隣町の公園の駐車場には若いユリノキが仕切り代わりに植えられているんです。
その、建築物みたいな造形美がお気に入り。

161206_yurinoki2.jpg

この季節はそれに金色の葉っぱが加わって、1年で一番豪華な景色になります。

Tシャツやはんてんに例えられる変わった形の葉っぱ。

161206_yurinoki3.jpg

秋にはこうして黄色くなります。

いつものポイントで、今年も紅葉を撮りました。

161206_yurinoki4.jpg

新緑もいいけど、紅葉もいいなぁ。

バトミントンの羽(シャトル)のような変わった形の実。

161206_yurinoki5.jpg

背の高い木の上の方に付きますので、ちょっと目立たないけれどユニークです。

精一杯の拡大はこれです。

161206_yurinoki6.jpg

翼の付いたタネが、風に吹かれてぱらぱら散らばります。
葉っぱが落ちたあとの方が目立つかな?



公園の入り口にはシャリンバイの植え込みがあります。

161206_sharinbai.jpg

付いた実がだんだん色濃く変わってきました。真っ黒に見える頃完熟します。


シャリンバイに絡んでいた黄色い葉っぱはヤマノイモ。

161206_yamanoimo.jpg

細長いハート型で、綺麗な黄色に変わるのがヤマノイモ。または自然薯。
お山で自然薯狩りを楽しむ方たちはこの黄色い葉っぱを目印に、大物を地下から掘り
出すらしいです。




ユリノキのお隣のモミジバフウは11月の初めでは、まだちょっと色付き不足。

161206_momijiba_f.jpg

これは次の機会だな。



そうそう、ヒマラヤスギは松ぼっくりが茶色になって、盛大に散らばっています。

161206_himaraya_s1.jpg

木の下にも、落ち葉と見間違うほど落ちていて、

見上げれば枝の上がこんな感じ。

161206_himaraya_s2.jpg

崩れているの多数、てっぺんのシダーローズは誰が拾ったのかな?

綺麗に丸いの3つ。ぐぐっと拡大するとこんな。

161206_himaraya_s3.jpg

大きいよ、木の上でほどけちゃうよ。ばらばらにならなかったら、一つ欲しいなぁ。



桜の葉っぱも光を通して綺麗です。

161206_sakura1.jpg

桜はどうしても色付くそばから散っちゃうから、なかなかイイ感じに撮れないんですが、
秋が深まってくるとようやくちょっとは絵になるかな〜なんてね。

161206_sakura2.jpg

空から、色とりどりの紙吹雪が降ってきているような写真が撮れました。
次に行ったら、この日とは違う木が色付いているだろうな。


この日は、公園を抜けてその先の雑木林にも行きました。我ながら、あきれるほど
撮ったなぁ。11/6の写真、まだまだ続きます。良かったらまた、おつきあいください。


posted by はもよう at 23:26| Comment(3) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まだこんなに葉が残っているんですね。
こちらの木々はすっかり冬の姿になりました。
今日は、私もユリノキを見上げてきました。(*‘∀‘)
Posted by りんご姫 at 2016年12月07日 00:47
今まで何回かコメントをしようと思ったのですが、海外からのせいか、いつもはじかれてしまっていました。
今日は、コメントがうまく送れて嬉しいです♪
Posted by りんご姫 at 2016年12月07日 00:49
あ、おひさしぶりです。
前のハンドルネームはechaloterreさんでしたよね。

海外からだとそんなご面倒があるんですね。
私も時々そちらのブログを見て、
季節の進み具合が違うのを、面白いものだなと思っていました。

カシューちゃんもお元気そうで何よりです。
また、いつでもお立ち寄りください(^^*)。
お待ちしています。

Posted by はもよう at 2016年12月09日 00:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: