2016年12月11日

色づき始めた公園樹

今日も良く晴れました。家族の寝具を洗濯して布団を干したら、午前中は昨日の続きを
撮りに隣町へ。午後は娘と久しぶりに近所の大きなショッピングセンターへ。
クリスマスセールを楽しんできました。2日十分遊んだので、明日からまた元気に頑張り
ます。

記事の方は11/6のおさんぽの続き。紅葉が始まったいつもお散歩している公園の木々を
見て頂きましょう。

161211_tamusiba1.jpg

まずはコブシのそっくりさんのタムシバ。





春先に、コブシに似ているけれどもうちょっと細長い花を咲かせていた木です。

161211_tamusiba2.jpg

花木が並ぶあたりに2カ所3本ずつ並んでいます。コブシより若干スマートな葉っぱの色が
抜けるように黄色っぽくなってきました。葉っぱが散ったら、大きくて毛深い花の芽が
目立って来ることでしょう。




お隣はヒメリンゴ。

161211_h_ringo1.jpg

緑の葉っぱの陰に咲いたお花は、小さな赤い実になりました。

どの枝にもびっしり実っています。

161211_h_ringo2.jpg

鳥さんたちにも食べきれないほど実るのかな?葉っぱが落ちた後でも実だけ冬中残ります。



もうちょっと進むと反対側にはビワの木。

161211_biwa.jpg

11/6だとお花の準備中。



しばらく歩いて雑木林のゾーンへ。ちょっと渋めな色に染まってきたのはリョウブです。

161211_ryobu.jpg

夏の初めに白い小花を房状に咲かせていました。実も作りタネもこぼし終わって一休み。

お隣のキブシは、例年の春先に咲く 花の準備に大忙しです。

161211_kibusi.jpg

枝先にはもう、来年、他の花に先駆けて咲く為のつぼみを用意しました。
優しい黄色の花をどっさり、のれんみたいに下げる予定です。



そのもうちょっと先にはイヌシデの木。

161211_inuside1.jpg
緑色が抜けて、だいぶ黄色くなってきました。

161211_inuside2.jpg

見上げると上の方はこんな。


春早いうちに、赤いひも状の花を下げたアカシデ、紅葉のシーズンを迎えて、まずは黄色に
後に朱赤に葉の色を変えていきます。。

161211_akaside.jpg

一年の最初と最後は赤くなる木です。



外国産の木が並ぶあたりではオークの木が紅葉を始めていました。

161211_red_oak.jpg

柏の葉っぱにそっくりな葉を赤く染めているのはレッドオーク。

カタカナのキの字に似ている葉っぱはピンオーク。オークは良く「カシ:樫」と訳されるけれど
実際はドングリがなる木の総称に近いものがあって、落葉樹も含まれるそうです。

161211_pin_oak.jpg

ピンオークはもうちょっと先に色付いていたようで、枯れ色が目立っていました。



こちらはカナダの国旗の葉っぱでおなじみの、メープルシロップを採る木でも有名な
サトウカエデです。

161211_sato_k1.jpg

綺麗にオレンジ色に色付きました。

見事ですねぇ。

161211_sato_k2.jpg

でも、この木、この公園には4本立っていたんです。
次々に枯れてしまって、これが最後の1本。

161211_sato_k3.jpg

せっかく出会えたのだから、末永くおつきあいしたいです。
がんばれ、生き残りのサトウカエデ。

161211_sato_k4.jpg

これが落ちてた葉っぱです。カナダの国旗の葉っぱでしょ。



同じ外国産の木でもこちらのアメリカハナノキは元気です。
オレンジよりは紅色に染まるカエデの仲間ですが、今年も元気に色付き出しました。

161211_a_hananoki1.jpg

春、葉っぱより先に咲かせる花も、お花の後に下げるプロペラ型の実も、真っ赤なアメリカ
ハナノキ。

161211_a_hananoki2.jpg

最後の仕上げの紅葉も、紅色に染まる予定です。





人口の小川のほとりでガマの穂のその後を確認。夏にたくさんの穂を立てていたヒメガマ
ですが、度重なる台風に倒されて、ほとんど水没しちゃいました。

161211_himegama.jpg

残ったのがこんなに複雑に絡まった穂だって言うのがちょっと残念ですがとりあえず、
実りの時期を迎えて、風にほどけてタネを散らすところを捉えました。


次の記事では、小川のほとりの植物から園内の木々の紅葉を最後まで、ご紹介します。


posted by はもよう at 23:55| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: