2016年12月18日

坂道の紅葉

今日は日中穏やかでした。ただ、町内会の寄り合いとその忘年会で、ほとんど1日潰れちゃい
ました。ねぎらってくださるお心遣いはありがたいんだけれど、私、他にも用事あるんだ
けど…(^^;)。まぁ、気を遣って頂けるうちが花ですかね。ちゃんと愛想良くおつきあいして
きました。でも本音は、おさんぽ行きたい…でしたけどね。次の機会には是非 p(^へ^)。

記事の方は11/26に隣町で撮ってきた写真シリーズから。公園に入らないで道を曲がって
坂を下る…いつもの、公園裏へ向かう途中の坂道も紅葉が綺麗でした。

161218_nurude1.jpg

こちらはオレンジに染まったヌルデの葉っぱ。お日様を透かして暖かみ、更にアップです。





まぁ、どこにでもあるんだけれど、坂の入り口のも数本のミズキが並んでいまして…

161218_mizuki1.jpg

この日は、その丸っこい葉っぱが光を透かして、ステンドグラスのような美しさだったん
ですよ。

161218_mizuki2.jpg

ちょうど幹が逆光で黒く浮き上がって、更に感じが出ていますでしょ。

161218_mizuki3.jpg

葉っぱも色んな色に変わっていて綺麗でしたねぇ。



ちょっと進んで今度は、頭上はるか上の方に、とってもカラフルな天井絵。いや、色付く
葉っぱ。

161218_uwamizu_z1.jpg

まぁ、赤、黄、緑の三原色じゃ有りませんか。

精一杯の望遠で一つ一つの葉っぱを確認。

161218_uwamizu_z2.jpg

赤いのはイロハカエデ、緑を残して居るのはケヤキ、そして黄色いのはちょっと色づきが
進み過ぎちゃったウワミズザクラじゃないかなと言うことに。
ウワミズザクラ、本来はオレンジ色の紅葉を愛でたいところなんですけれど…。


ああ、こっちの方がウワミズザクラっぽいかな。

161218_uwamizu_z3.jpg

青空バックだと金色にも見えますね。

ウワミズザクラは他の木々に先駆けて、オレンジ色に色付く葉っぱなんですけれど、

161218_uwamizu_z4.jpg

あんまり特徴が無いから、ちょっと自信は持てませんが。



この辺で、日に当たってゆるんだ雪でいたずらしてみました。

161218_yukidaruma.jpg

雪の日恒例の小さい雪だるまです。
目鼻を付けるほどじゃなかったけれど、いつものことだから。見る間に溶けちゃいそうって
言うか、溶けてくれなきゃこまります。まだ11月だったんですから。



この黄色い葉っぱはアオハダです。

161218_aohada1.jpg

やっぱりかなり大きい木で、枝先を接写は出来ないけれど、毎年見ているから多分そう。

頑張って拡大してこんな風。

161218_aohada2.jpg

丸くて黄色い葉っぱって言ったらカツラみたいだけれど、アオハダです。ちなみに雄株。



それから、こちらはコナラ。

161218_konara1.jpg

コナラも、条件によってはオレンジ色に染まります。

ドングリの木が並んでいるところで、赤い色がちらほら見えるのは、

161218_konara2.jpg

紅葉したコナラの葉っぱか、散り損ねたキヅタの葉っぱ。こんなカーテン有ったらなぁ。



だいぶ降りてきて、一度振り返ります。

161218_sakamiti1.jpg

坂道全体を見ればまだ色づき始め。紅葉が進んだ木もあるけれど、北向きの日陰では
進みが遅くて、見頃はこれからです。



この坂、密かなカエデの名所だけれど、チャンスは次回のようですよ。

161218_iroha_k.jpg

ほら、まだ緑の葉っぱも多数です。



日が当たる方の林はこのくらい。

161218_sakamiti2.jpg

ほんのり色付いているイロハカエデだけれど、日が当たらない方はまだまだ。
お楽しみはこれからなのかな。

161218_sakamiti3.jpg

坂の上の方を狙って撮ったら、お日様が写り込んじゃった。
夕日じゃないです、午後一番のお日様。一番暖かい日差しです。



坂が終わる所に生えてるオトコヨウゾメは綺麗に紅葉していました。

161218_o_yozome1.jpg

小さい赤い実もかわいいけれど、ちょっと渋めの紅葉振りもなかなかのもの。

ほら、綺麗に色付いていますでしょ。

161218_o_yozome2.jpg

あとでそばまで行って赤い実を撮ってこよう。



オトコヨウゾメのお隣さんのヌルデの幼樹も、紅葉中。

161218_nurude2.jpg

朱赤になる途中で色んな色が入り交じっていて、それもまたイイ感じ。



そして、ここでしか会えないウリカエデも色づき始めて居ました。

161218_urikaede1.jpg

また、黄色い葉っぱか〜と思われるかもしれませんが、今度は3裂しています。

ウリカエデは、カエデの仲間のお約束で、対生する葉っぱとプロペラのような実は付くん
ですが、蛙の手のような葉っぱにはならないんですよね。

161218_urikaede2.jpg

若い株の葉っぱが3裂で、古株になると卵形になるそうです。前の記事と逆じゃん(^^;)。
本当はこの後、もっと真っ赤に染まれるはずだったのですが、今年は撮りそびれました。
来年は頑張るぞ。

2014/12/10付 「ウリカエデの紅葉」



次の記事では、またしつこく、オトコヨウゾメの実とか、コウヤボウキの綿毛とかに代表
される「日陰の林」の名物をご紹介。




posted by はもよう at 23:46| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: