2016年12月25日

こずえと落ち葉

今日もまずまずのお天気でしたね。雲が広がりやすくて寒かったことは寒かったけれど
12月なんだからこんなもんでしょう。3連休最終日にしてやっと家でゆっくり出来ました。
近所をちょこっと買い物して歩いたり、写真の整理が出来ました。そういえば、掃除…
したかったのを思い出しました。また今度にしよう(^^a)。

記事の方は12/4にいつもお散歩している公園で撮ってきた写真シリーズに移ります。
紅葉後半のこの日は、主に枝についている葉っぱと落ち葉の比較写真を撮りながら歩き
ました。

161225_poplar1.jpg

まずは公園のシンボルみたいなポプラの並木。







ヨーロッパ原産の方のポプラです。

161225_poplar2.jpg

細長い樹形で背の高いポプラは、秋には黄色く色付きます。

161225_poplar3.jpg

ポプラの葉っぱは三角っぽい菱形。柄が長くて、良く風を受けそうな形です。
来年はまた、お花からスタートします。風に倒れないでね。


駐車場のユリノキは葉っぱを落としてすっかり冬姿。

161225_yurinoki.jpg

枝だけになっても綺麗だな。



ちょっと特徴不足のこの葉っぱは、桑の葉です。

161225_kuwa1.jpg

幼樹の頃は、切れ込みが多い特徴的な形をしていたのに、だんだん丸くなっちゃって
特徴が無くなります。

161225_kuwa2.jpg

ちょっと残念。でも長生きしているってことだから。
桑の葉は秋には黄色くなります。



常緑樹だって、ちょっとは色付きます。

161225_sangoju1.jpg

これはサンゴジュ。

新芽と、もう要らなくなった古い葉っぱが赤くなります。

161225_sangoju2.jpg

新芽は落ちないから、地面に落ちたのは古い葉っぱ。お疲れ様。
冬場は葉っぱをかじる虫が居なくて安心ね。



赤い葉っぱでもこちらは落葉樹。

161225_sakura1.jpg

サクラです。見事に真っ赤。

サクラの葉っぱは、赤くなるそばから散っていたから、もう頭上はすっかすか。

161225_sakura2.jpg

枝と冬芽ばっかりになってきました。また、来年の春、今か今かと見上げる予定。



すかすかのこずえはこちらも一緒。

161225_enoki1.jpg

早いうちから葉を落としていた、エノキです。

161225_enoki2.jpg

黄色かったり、まだ緑のままだったり。慌てて散った葉っぱはもう、ずっと前から
枯れていたように色が抜けていました。




すかすかのエノキの隣は、赤茶色のコナラの木。

161225_eno_kona.jpg

コナラは赤っぽく紅葉することがあります。


コナラの隣は、ムクノキ。

161225_kona_muku1.jpg

赤いコナラと緑のムクノキ。

ムクノキの落ち葉を探すのは簡単です。

161225_kona_muku2.jpg

ムクの葉っぱは紙やすりの手触りで、たくさんの落ち葉の中からでもすぐに見つけ出せます。



ムクノキの隣はミズキ。

161225_muku_mizu1.jpg

細かい葉っぱのムクノキに、大きな葉っぱのミズキ。

背の高い木の上の方で、緑と赤っぽい葉っぱ。

161225_muku_mizu2.jpg

ムクノキの葉っぱは黄色くなることが多いけれど、この木は緑のうちに落としちゃったな。

161225_muku_mizu3.jpg

ミズキも黄色くなって落ちるのが大半だけれど、この木はずいぶん赤くなるなぁ。



大きく枝を広げるミズキの木。

161225_mizuki1.jpg

見事だなぁなんて、見上げてみます。

161225_mizuki2.jpg

大きくて丸っこい葉っぱが光を透かして、綺麗な色に見えますね。



次の記事もこの続きです。




posted by はもよう at 23:20| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: