2017年01月09日

境内の照葉樹

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

いや〜、2017年ですって、平成29年ですって。昭和は遠くなりにけりですよ。
時の経つ早さに、年々、置いて行かれ気味ですが、なんとか今年も頑張ろうと思い
ます。休み休みの上に勝手気ままな更新になりそうですが、よかったら
おつきあいくださいませ。

新年一つ目の記事は、まぁ、前年の分をコピペしても全く問題ないくらい同じ内容
です。

170109_shogatu01.jpg

元旦は旦那さんの実家の皆さんと、2日目は私の親兄弟と過ごして、3日目は1人で
ご近所の氏神様へ新年のご挨拶に行きました。






石の鳥居にお榊飾って、本殿がいつの建物かはよくわかりませんが、奈良とか平安
より前、このあたりに人が住み着いた頃から在ったお社らしいです。資料としては
鎌倉時代までさかのぼれたような記憶が…。

170109_shogatu02.jpg

境内には、室町時代の武将とのゆかりを書いた看板も有ります。
息子が小学生の頃、一度調べたんだけど、もうだいぶ前の記憶になっちゃいました。

とにかく、うちの子はここでお宮参りしたので、ご無沙汰三昧なダメ信者ですが、
一応氏子です。うちの子のご加護はここにお願いせねば。(-人-)今年もよろしく
お願います。お守りも買いました。ちゃんと初穂料も納めたよ。守ってね。←こらっ

お参りもそこそこに、境内でブログネタ探し。去年と同じものしか無くても、同じ
ってことがありがたかったりする今日この頃。

まずは万年青と書くオモト。

170109_shogatu03.jpg

今年はたくさん実が付いてます。幸先いいや。こっちも拝んどこうか?←おいっ


裏に回って、マンリョウ。

170109_shogatu04.jpg

うん、こちらも順調。

うちの方ではそこいら中で見かける常緑の低木ですが、これはマンリョウ。
千両、万両の縁起物。

170109_shogatu05.jpg

とがらない、波々の鋸歯と柄の長い赤い実が特徴。園芸店だと白い実のもあります
よね。

でもって、こちらのとがった、ぎざぎざの鋸歯が十両こと、ヤブコウジ。

170109_shogatu06.jpg

実の付き方は、どっさりの万両に比べて、なるほどちょぼちょぼの十両程度。
たくさんは付きません。それでも園芸店だと、実の付きの良いのとか、実が大きい
品種とかも扱っているそうですね。

私はこの、ちょっとしか付かないところも好きですけどね。



足下の縁起物を納めたら、今度は鎮守の森の木々に目を移します。
右から、カシ(樫)、スギ(杉)、クスノキ(楠)の3種類。杉は針葉樹ですが、
後は常緑照葉樹ですね。

170109_shogatu07.jpg

神社には、こんもりとした木立が付きものですよね。鎮守の森なんて言います。

以前読んだ本に、人々が原生林を開墾して住み着くようになったときに、元々森に
棲んでいた精霊たちの怒りをかうことを畏れ、一部、手つかずの森を残し、神と
して奉ったことの名残じゃないかって書いてあって、なるほどね〜と感心した記憶
が有ります。

別の本には、日本の元々の植生は照葉樹の原生林だったって書いてあったし。
鎮守の森には、照葉樹がとっても多いですからね。

隣はユズリハとマキ(槙)。

170109_shogatu08.jpg

その先は松。

赤い葉柄が目立つ、お正月さんが乗っかってくる葉っぱ、ユズリハ。これも照葉樹。

170109_shogatu09.jpg

松葉みたいだけれど、もっと太くて幅広いマキ(槙)。地味だけれど人との関わりは
古い樹です。


松の隣はオウチ(千団)。

170109_shogatu10.jpg

双葉から芳しく無い方のセンダンね。



この松は、室町時代の武将と、関わりのある松の…2代目だったかな?
別の場所で打たれた大将の首をここで確認したそうです。

170109_shogatu11.jpg

戦乱が収まっても、大火とか疫病とかがあって、たたられちゃったのかもしれないと
言うことで、その武将もここに奉られています。暴れないでくださいね。



もう一度、センダンの枝先。うす黄色い実がまだたくさん付いて居ます。

170109_shogatu12.jpg

あの中に、6つの出っ張りのあるタネっぽいものが入っているんだけれど、それで
満足しちゃいけないんですよ。それをペンチかトンカチで割ると、なかからタネが
出てくるの。そんなに堅いカラなのに、地面に落ちて芽を吹こうって言うときには、
ちゃんと割れるって言うから、本当に生きものの仕組みって不思議です。



お社の裏手に回ると、大きなイチョウがあります。

170109_shogatu13.jpg

まっ黄色に色付いた葉っぱを写真の撮った年もあったけれど、今回は枝のみ。

イチョウも、神社には付きものですよね。

170109_shogatu14.jpg

何でかな〜?なんて思っていたけれど、イチョウの葉っぱは水分をたっぷり含んで
いるので、防火林としての役割を期待していることもあるようです。
江戸の大火から浅草の観音堂を守ったという故事も伝わっているそうですよ。



帰り道は、七福神のうちの大黒天も奉っているお寺へ。
ご門のそばには紅白の繭玉。これも素敵な景色だなぁ。

170109_shogatu15.jpg

ここでは旦那様に厄除けのお守りを頂いて、お線香上げてお参り。
無病息災、家内安全。厄除け祈願。(-人-)お願いします。

170109_shogatu16.jpg

青空に雲に松。そしてお寺の瓦屋根。
いい景色だわぁ。去年とほぼ一緒だけれど(^m^)。



あれこれ回ってご機嫌で帰宅して、明日はいよいよ仕事始め。頑張ろうなんて思った

ところまでは去年と全く一緒なんですが、

その日の夕方、急に気分が悪くなって あれよあれよの間に吐き下しの風邪を発症し
ました。ノロウイルスが猛威をふるっているって聞いていましたからそれかな?と。

症状はたいしたことなかったんですが、うつしたくないですものね。大事を取って
あっちにもこっちにも不義理して、家にこもって今日まで。
まぁ、久しぶりの大型連休になっちゃいました。
で、写真も整理したことだし、記事も早めに再開しようかなということで。


次も、お正月っぽい縁起物をならべる予定です。

170109_fujisan.jpg

ついでに、暮れに撮った夕方の富士山。赤富士ってこれかぁ〜。みたいな。




posted by はもよう at 23:40| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: