2017年01月14日

途中の雑木林

いやぁ、やっぱり天気予報通りにすっごく冷え込みました。ベランダのバケツの水に
薄氷が張っていましたもの。都内では小雪もちらついたそうですよ。この寒気、まだ
すぐには退かないらしいです。体調管理に気をつけて、風邪引かないように過ごし
たいですよねぇ。

記事の方は12/10に隣町で撮ってきた写真から。この日も申し分ないお天気。
足取り軽く出かけちゃう。

170114_ityo1.jpg

まずはうきうきイチョウの木を見上げちゃうよ。





近所のイチョウ。結構大きい木が、どかどか立っているところがあるんですよ。

170114_ityo2.jpg

夏なんかこの木陰で、ずいぶん遊ばせてもらったっけなぁ、子ども連れて。
じゃね、行ってくるね。


隣にも黄色い葉っぱ。

170114_egonoki1.jpg

これなんの木だ?

あ、枝先に長い柄の付いた実の痕跡。

170114_egonoki2.jpg

こんな葉っぱで、長い柄が付いた実で、ここに立っていたのは…、あ、エゴノキだ。
エゴノキ、バイバイ。ちょっと隣町まで行ってくるね。

それから、こっちはケヤキ。

170114_keyaki.jpg

葉っぱがだいぶ落ちたね。下の方で残っているのは葉っぱだけれど、上の方で残って
居るのはタネの付いた枝。タネは時間かけてゆっくり散らすんだね。



さて、お天気は良いし足取りは軽いし、どんどん進んで途中の雑木林へ。

170114_zokibayasi1.jpg
こんもり茂っていた葉っぱが吹き飛んじゃって、雑木林はすっかすか。
お空が透けて見えますよ。この辺に立っていた木はケヤキにコナラ、山桜など。
未練たらしく枯れ葉が残っているのは、離層がうまく作れなかったコナラの葉っぱ。
春まで落ちない葉っぱ、受験のお守りに良いかも ♪ ですぞ。

すぐ隣は常緑樹有り、まだ緑の葉っぱを残した落葉樹有りとバラエティ豊か。

170114_zokibayasi2.jpg

左の葉っぱ無しの粗い枝はニワウルシ。後ろの赤茶色はコナラ。手前に、盛大に
緑の葉っぱを茂らせているのは

はい、この葉っぱ。

170114_kuwa.jpg

野良クワですね。このあと黄色くなって散りますよ。ただ、この日はまだ緑色だった
だけです。う〜ん(’、’?)、のんきなのかなぁ?


桑の木の前でつるを伸ばして居るのは、夏の間、何度も眺めたツルウメモドキ。

170114_zokibayasi3.jpg

この間は朱赤の実をたっぷりつけていたけれど、あれ、みんな鳥さんに売れたんだ
ろうか。

あ、まだ、下の方に実がちょっと残ってる。

170114_t_umemodoki.jpg

ほら。でももう、ほぼ売り切れね。来年またお会いしましょう。



そこからもうちょっと歩いて、雑木林の奥の方、ヤブの向こうに赤いものが見え
ますよ。

170114_zokibayasi4.jpg

何かなぁ なんて、迷う余地ないよね。

ほら、イロハカエデだ。真っ赤だね。幸先良いね。

170114_iroha_k.jpg

これから、隣町のイロハカエデの名所を見てこよう。綺麗な写真撮れるかな?




道を渡ったり、元気に歩いたり。もうちょっと先にカンツバキ(寒椿)。

170114_kantubaki.jpg

背が高いからタチカンツバキかもしれませんね
名前は椿と付いているけれど、サザンカの仲間。園芸家さんたちには、名前調べの
初心者たちが泣かないで済むような、ややこしくない名付けをお願いしたいです。



いつも見ているオウチの木。双葉から芳しく無い方のセンダン。
3回3出複葉の複雑ででっかい葉っぱも、そろそろ黄色くなって散る頃です。

170114_outi1.jpg

だいぶ思い切り剪定されちゃって、へんてこな形になっているけれど、今年も無事、
実がつきました。

170114_outi2.jpg

そろばんの珠や数珠の核に利用された核果の入った、千のお団子みたいな実。
完熟ちょっと手前です。



この間、取り上げたメタセコイアとカエデの葉っぱは

170114_kaede_meta.jpg

盛大に地面に散り敷いていました。いや、まだ枝にも残っていましたけどね。



定点観察しているアオギリはもう枝ばっかりになりました。

170114_aogiri1.jpg

ユニークな実り方を眺めた実ももうほぼ完売。っていうか、風に吹かれて飛んじゃ
いました。

実が付いていた痕が枝先に残るばかり。

170114_aogiri2.jpg

五個ずつ向かい合って付いていた実が落ちたあとは五芒星の形が残ります。
冬の間は星が降る樹、それがアオギリです。
また次の春に、大きな芽吹きを見に来るね。お休みなさい。



手前から、ハナミズキ、サンゴジュ、ナンキンハゼ、トウネズミモチにトウカエデ。
たくさんの木が並んでいるのをさんざん眺めた植え込みも冬のしつらえ。

170114_zokibayasi5.jpg

落葉樹の葉っぱが落ちて、植え込みの構造がわかりやくなって居るうちに観察。
ふむふむ、そうか、常緑樹のすきまから、後ろのナンキンハゼが枝を伸ばしていたんですね。なるほど〜。



隣にはとっても背の高いナンキンハゼとアオギリ、再び。

170114_nan_aogi.jpg

枝先の表情が面白くて、ついつい毎年撮っちゃうコンビ。
左はナンキンハゼで、枝先に白い小坊主さんみたいな実が付いています。
右がアオギリで、星降る樹になって居るはず。



木の下には、遥かこずえからの落とし物。

170114_nankin_haze.jpg

ほら、これが小坊主さんみたいな実です。白いのはロウ質。ロウは食べても良い
けれど、タネは、ちゃんとどこかに蒔いてねってさ。



12/10のおさんぽ、隣町に着いて、公園裏の北向きの斜面へ向かいます。
イロハカエデはどのくらい色付いたかな?



posted by はもよう at 23:53| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: