2017年01月28日

アオハダ、ネジキ

今日も暖かかったですね。また、両親のところへ手伝いに行ったのですが、風も無く
穏やかだったので、ちょっと、母と近所の商店街までおさんぽしました。子どもの頃
は、賑わっていた商店街も、ご多分に漏れず、だいぶ寂れていましたが、それでも
懐かしい店や町並みを眺めて、のんびりしたひとときを過ごしました。明日はもっと
暖かくなるという予報です。どうしましょうかねぇ。

さて、記事の方は1/22のおさんぽ写真の続き。隣町の公園、裏門から入って斜めに
突っ切って冬芽と葉痕を見て回ります。

170128_aohada1.jpg

まずはメインストリートのアオハダ。のこのこした短枝が並ぶ枝です。





公園に入って真っ先に目に付くのは桜並木なんですが、まぁ、そこはマイナーな方に
目が行くわたくしのこと。注目したのは並木の外れに1本だけ立つアオハダのめかぶ。

170128_aohada2.jpg

長枝で木の大きさを決め、短枝に葉や花、実をつけるのがこの木のスタイル。
モチノキ科ですので、この短枝の先には丸くて赤い実がどっさり付いていました。
名残が一つ二つ残っている姿が、どことなくユーモラスですね。

アオハダって言うくらいだから、もうちょっと幹も青いとそれらしいんですが、
こんな感じ。

170128_aohada3.jpg

灰色でややなめらか。際だった特徴は無いですよね。


これはまた別の場所、管理棟の裏のアオハダ。そういえばこれもたぶんめかぶ。

170128_aohada4.jpg

長い枝に、短い枝がのこのこ並んでいるでしょう。
特徴が少ないアオハダですが、この短枝は見分けポイントになりますよね。

よくよく見ると、毎年葉っぱがついて落ちたあとが年輪のように積み重なっています。

170128_aohada5.jpg

細かい横縞は葉痕の積み重ね。注意深く数えたらその短枝の年齢も解るかも。

でもって更に見ていくと、こんな風に途中から役割を変えちゃった枝もあったりして、

170128_aohada6.jpg

この年、何があったんでしょうね。
木から、目立つ葉っぱや実が落ちたあとは、枝に残る痕跡から、その木の過去を
推理する楽しみもあるみたいです。まぁ、名探偵になるにはだいぶ修行が要りそう
ですけどね。



管理棟裏、アオハダのそばは、こんな景色です。
左は栗。まだ若木のせいか、散りきらない葉っぱがしがみついています。
右は、これから注目を集めちゃう杉の木。そういえば、今年のおばなの付き具合
を見て来るの忘れてた。

170128_mukuge1.jpg

でもってまん中の枝ばっかりの木は、夏中、ピンクのお花を切らさず咲かせていた
ムクゲです。

ひこばえの冬芽と葉痕を撮ってみました。

170128_mukuge2.jpg
枝先にこんなに芽が固まって付いているところは、上の方の枝とはまたちょっと
表情が違いますね。ムクゲのひこばえってこんな風に葉っぱがつくんだなぁ。
今度芽吹いたらまた見に来よう。



でもって、またすぐそばには、ネジキも立っています。

170128_nejiki1.jpg

ツツジ科の木で、名前の通り、ねじれて育つ変わった木です。
初夏に咲く シャンデリアみたいな白い花を撮りに、毎年見に来ている株です。

そして、ミズキ、イロハカエデに続く、赤い枝の木です。

170128_nejiki2.jpg

新しい枝が、見事なほど赤いでしょ。

根元からわっと生えているひこばえも、こんなに赤いです。

170128_nejiki3.jpg

赤いひこばえに並ぶ冬芽も赤いです。

170128_nejiki4.jpg

すごいでしょ。ムクゲと違って、ネジキの方は、木の上の方から出て居る若い枝も
同じようです。

170128_nejiki5.jpg

赤い帽子をかぶった妖精さんのお顔が浮かんできそうです。森の木陰で踊っちゃう
かもね(^m^)。



ここの新入りは、今まで隣町の公園にはなかったオニグルミ。

170128_o_gurumi.jpg

近所の公園で、いつも撮っているのと同じお顔の冬芽と葉痕です。
お猿さんのようなヒツジさんのような、いずれにしてものんびりとひなたぼっこして
いる様に見えますね。



ちょっと歩を進めて、こちらは公園の中に最近見つけた…誰かが植えたのか勝手に
生えたのか不明…オウチです。
オウチ、またの名を双葉から芳しく無い方のセンダンです。

170128_outi1.jpg

低いところに枝がなくて、冬芽と葉痕をそばでは撮れないけれど、いつもの隣町に
来る途中の道ばたのオウチよりは、ちょっと近い。

頑張って撮って、パソコンの力を借りて画像を拡大するとこんな感じ。

170128_outi2.jpg

まぁ、もっと近くで見たい物好きさんは、過去記事をご覧くださいませ。
オウチの葉痕はお猿さん顔ですよ。

2006/ 2/24付 「センダンの葉痕と種」



隣町の公園は、とっても広いんですよ。これでもまだ序の口で、このあと
もうちょっと続きます。



posted by はもよう at 23:39| Comment(0) | 冬芽と葉痕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: