2017年02月02日

ポプラ、リョウブ

ああ、悔しい。また日付をまたいじゃった。2/1の日記のつもりです。

今日も良く晴れて冬らしい一日になりました。冷え込みは以前ほどではないし、
体もなれてきたのでつらくはないですね。今日は父の通院に付き添うためにまた
都内へ行って来ましたが、もう、ミツマタの花がほころんでいました。都内の方が
春の訪れは早いのかな。

記事の方は1/22の写真シリーズ、隣町の分がすんで、今回からいつもおさんぽして
いる近所の公園編に移ります。

170201_yurinoki1.jpg

まずは駐車場のユリノキ並木。ずらっと整列、綺麗でしょ。





背が高くなって、樹冠が円錐状になって、ちょっと針葉樹に似ているところがある
から、かなぁ、本当に並木が綺麗です。

170201_yurinoki2.jpg

まだ実がたくさん残っていますね。

まっすぐな樹がまっすぐ並んでいるところです。

170201_yurinoki3.jpg

建築物のような景色が気に入っていつも撮っています。



まっすぐな樹と言えばこちらのポプラもまっすぐですが、今回は並木の方じゃなくて

170201_poplar1.jpg

冬芽に注目しました。

木の上の方の枝の芽は、高すぎて見えませんので、根元から出て居るひこばえの芽を。

170201_poplar2.jpg

堅い冬芽は鋭くとがる形。葉痕は丸くて可愛いお顔が浮かびそう。



こちらはサクラのひこばえです。

170201_sakura1.jpg

枝に点々とある皮目が大人な枝を連想させます。

170201_sakura2.jpg

これは葉っぱの芽だろうけれど、お花のつぼみの方はこれから、注目を集めますね。


こちらはしだれ桜の枝。

170201_sidare_z1.jpg
花盛りには綺麗なんだよねぇ。

170201_sidare_z2.jpg

垂直に下がる冬芽も準備中。確か八重で、花の咲くのがちょっとだけ遅かったはず。



雑木林ゾーンのムクノキとミズキ。

170201_muku_mizuki.jpg

青空バックに枝のシルエット。関東の冬らしい景色です。



雑木林ゾーンの入り口のリョウブ。

170201_ryobu1.jpg

床柱にも採用されちゃう雲のような模様の幹が特徴的。

冬芽は早めに一枚脱いで、矢印の形になっています。

170201_ryobu2.jpg

春の芽吹きがスキなんだ。今年も金のチューリップみたいな新芽を撮りたいな。


こちらの低木はハコネウツギ。

170201_hakone_u1.jpg

梅雨時に咲くラッパの形の色変わりするお花の木です。

冬芽は魔女さんみたいなお顔をしています。

170201_hakone_u2.jpg

怖いかもよ。



冬芽の中でも綺麗で、芽吹き具合が可愛いイヌシデの枝。

170201_inuside.jpg

今年も注目してまっせ。





この記事の最後はキブシ。

170201_kibusi.jpg

春早いうちに咲くお花のつぼみはもう、去年のうちから準備してあります。
あとは、気温が上がって開花スイッチが入るだけ。優しい黄色の花をかんざしの飾り
見たいに下げます。



1/22のおさんぽはまだまだ続きます。うまく撮れなかったけれど小鳥さんも眺めたし、
他の冬芽も撮りました。また良かったらおつきあいください。


posted by はもよう at 00:12| Comment(0) | 冬芽と葉痕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: