2017年02月12日

ニワトコの芽と椿の花

ひやぁ、いそがしい週末でした。でもって、日付を打ってびっくり。もう12日ですか。
昨日は両親のところに行ってまたお手伝い。で、今日は午前中家の用事、お昼頃になって
やっとおさんぽに行かれました。でも、帰って写真の整理をする前に、町内会の用事で
書類作り。いやいや、あっちもこっちも年度末だし、うちのことも実家のことも気に
かかるし一日が24時間じゃ足りないです。おさんぽで撮って来たちょっとばかりの写真で
気分転換。良かったらおつきあいくださいませ。

今日撮ってきた写真。あっちにもこっちにも行きたかったけれど、とりあえず隣町へ
向かって歩き出してすぐ。

170212_niwatoko01.jpg

この前のおさんぽで撮れなかったニワトコ発見!





低木なのに、つる性植物みたいにしゅんしゅん伸びる枝のニワトコ。

170212_niwatoko02.jpg

大きな冬芽がひときわ目立ちます。
絡んでいる赤い葉っぱ、冬を堪え忍んできたスイカズラ。もうちょっとで春が来るからね。

スイカズラの葉っぱは、半分落ちて、半分残って。残った葉っぱは丸まって冬越しです。

170212_niwatoko03.jpg

なんかの実かな?って思うほど、ころころ目立つのはニワトコの冬芽。

この1つの芽から、葉っぱと大きな花の穂を出します。

170212_niwatoko04.jpg

中身いっぱい ♪ 充実の冬芽です。

170212_niwatoko05.jpg

芽吹きっぷりも見事だけれど、葉痕の表情も魅力的。あとで「北向きの斜面」で、とびきりのやつをカメラの納めよう。意気揚々と出かけます。



途中の雑木林はあまり変わらず。雑木林の前の道は、道路改良工事とやらで近づけず。
あんまり写真を撮れないまま、おさんぽだけは進みます。



とある施設の前庭に、椿が植えられていて、毎年綺麗な花を見せてもらいます。
椿も、品種がいっぱいあって、なんて言うのかは解りません。

170212_tubaki01.jpg

ただ、早咲きで、おしべがあんまり立派でなくて、ちょっとつぼみ気味で、青みの強い
ピンクのお花が、侘び助の「太郎冠者」に似ているように思う株です。

170212_tubaki02.jpg

そういえば、毎年大きくなってるなぁ。

170212_tubaki03.jpg

お花もたくさん咲きます。

椿って撮るの難しいです。

170212_tubaki04.jpg

日向だと、花の色が飛んじゃうし。

日陰だと、暗くてよく写りません。

170212_tubaki05.jpg

なんとか撮れたのがこちら。う〜ん、まだまだ精進が必要です。



隣の株は、今度は黒っぽい椿です。

170212_tubaki06.jpg

葉っぱの色も、花の色も暗い感じ。

これ、もっと撮るの難しいです。

170212_tubaki07.jpg

でもなんとか、こんな感じに。

大人っぽくて、かっこいい椿です。

170212_tubaki08.jpg

もっともっと美人に撮ってあげたいなぁ。



冬場は大がかりな剪定に適した季節なんでしょうかねぇ。いつも眺めていた大きな木が、
次々、強剪定されて姿を変えていました。

170212_metasequoia.jpg

これ、メタセコイアです。根元にカエデがあって、隣にヒノキがあって、三者三様の
紅葉を眺めたばかりだったのに。カエデは残っていますが、隣にあったヒノキは切られて
しまいました。残念です。


こちらは定点観察していたアオギリです。

170212_aogiri.jpg

左がアオギリ、右がメタセコイア。2本並んでいるを通るたび、見上げていた株です。
人と一緒に暮らすには、時々、強剪定もしなくちゃならないんでしょうねぇ。今年の夏、
風景が変わりそうな剪定を記録しておきます。



この日のお楽しみはいろいろあったんですが、つぼみを見つけたウグイスカグラ、
そろそろ顔だしたかもしれないフキノトウ、寒い頃に咲く銀葉アカシア。
どうなったかな?咲いているかな?さぁ、確かめに行きましょう。


posted by はもよう at 23:35| Comment(0) | 冬芽と葉痕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: