2017年03月02日

アオギリ、ガマズミ

ああ、ちょっとの差で日付をまたいじゃった。3/1の日記のつもりです。

今日から3月。朝夕、冷え込んだけれど、日中はそこそこ暖かかったです。
またちょっと、両親のところに手伝いに行って来ました。いつもより早めに
帰ってきて、旦那さんと買い物。この間良いお酒を頂いたので、それに見合う
酒の肴を物色してきました。さて、春が来ましたが、どんな春になるのかな?

記事の方は2/19に隣町で撮ってきた写真から。

170301_asebi.jpg

まずは近所の垣根の馬酔木。つぼみがもう開きそう。






それから、いつかも載せたニワトコの芽。

170301_niwatoko.jpg

春を待ちきれなくて、葉っぱがはみ出てきちゃったよ。



隣町へ行く途中のアカメガシワ。

170301_akame_g.jpg

ちょこっとゆるんできました。これは春になると赤い新芽になる冬芽。



道ばたの空き地ににょきにょき立って居るのはアオギリの幼樹。

170301_aogiri1.jpg

てっぺんの芽が、茶色のベレー帽をかぶっているみたいで可愛いでしょ。

170301_aogiri2.jpg

大きな葉っぱが落ちたあと(葉痕)はまん丸。
ここから展開する大きな芽吹きがいつも見ものでねぇ。今年も楽しみ。



隣町に着いて、公園の手前で坂を下って、裏の北向きの斜面へ。

170301_u_kagura1.jpg

もう咲いているだろうと思って見に行ったウグイスカグラはまだつぼみ。

170301_u_kagura2.jpg

気を持たせるねぇ。こんなに今にも咲きそうなのに。

でもって、この日気づいた面白いところはこのひこばえ。

170301_u_kagura3.jpg

まっすぐ伸びた枝に葉っぱとつぼみが向き合って、付いているのが面白くて。
こんな枝が10本くらいまとまってつんつんしていました。へぇ、面白いなぁ。
あれからだいぶ見に行ってないから、もう咲いたろうなぁ。



それから、裏門から公園に入って、雪折れの椿の所へ。

170301_tubaki.jpg

今年は雪の被害もなく、のんびりたくさんのお花を咲かせて居ました。
良かったね。



そばで見つけた、か細いサルトリイバラのつるの先。

170301_sarutori_i.jpg

ジグザクの一つ一つに冬芽と巻きひげが付いてます。
トゲに気をつけて鑑賞〜♪



公園内をとことこ歩いて、反対側。
ここにあるのは大きな木だったのに、雪と台風でとうとう倒れちゃった
ガマズミの切り株とひこばえ。

170301_gamazumi1.jpg

何度も復活する強い株だったんだからね。応援しているよ。

170301_gamazumi2.jpg

ひこばえの冬芽は、ほんのり赤くて毛深いです。木の一生もいろいろあるけど、
頑張れ、頑張れ。


ガマズミの隣は相変わらずスギの木です。

170301_sugi1.jpg

花粉症の皆様にご報告です。雄花の付き具合と開き加減はこのくらい。

170301_sugi2.jpg

早めの対策で、少しでも辛くない春を過ごせますように。
なんですか、毎日、ヨーグルトを食べると症状が軽くなる人も居るようで、
うちの娘にも勧めています。



この記事ラストは水仙の花。

170301_suisen.jpg

寒い季節に咲く花は、心なしか凛として清楚ですねぇ。
眺めていると、背筋を伸ばしたくなります。

次回もこの続きです。


posted by はもよう at 00:00| Comment(0) | 冬芽と葉痕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: