2017年03月30日

カタクリの芽吹き

今日は良く晴れて暖かかったです。でも、週末の、月末の、年度末の明日に向けて、
こなさなければならない仕事が多くて、あまり堪能する暇はありませんでした。
明日で3月もおしまい。今年も1/4が過ぎちゃうんですよ。ああ、なんて早いんで
しょう。目が回りそう。明日も頑張ろう。

記事の方はのんびりです。3/12のおさんぽ写真の最終回。
日だまりの草の葉を眺めていきましょう。…

170330_katakuri1.jpg

まずはカタクリの保護地のこの日の様子から。




結論から言うと、まだ全然でした。

今だから解っていることですが、この次行った時につぼみが出て、そのまた次に
ちらほら咲き始め、ちゃんと咲くのはもう3月も残り少なくなってから。

だからこの日は、芽吹いたばかりの葉っぱを眺めて帰って来ました。

170330_katakuri2.jpg

芽吹き立てのつんつんした状態の赤い芽も撮りたかったけれど、
それは終わっちゃって、中途半端な葉っぱのみ。

170330_katakuri3.jpg

葉っぱが出るのとつぼみが一緒の年もあったけれど、どこを探してもつぼみは
無し。

170330_katakuri4.jpg

ちょっと色素の薄いこの葉っぱも順調に成育中。もしかしたら、白い花が咲きや
しないかと期待しつつ、見守り中です。



カタクリの保護地から、斜面を登る途中でこんな可愛い葉っぱを見つけました

170330_t_sumire.jpg

右はタチツボスミレの葉っぱです。左はアキノタムラソウとかかな?
春の気配を感じて動き出したようです。



オトコヨウゾメやニワトコの新芽を撮ったその隣にはこんな草の葉がたくさん
見られる場所。

170330_oyabu_seriba.jpg

ふんわりかぶっていた落ち葉のお布団が退けば、柔らかそうな春の草の葉が
たくさん現れます。


この細かく切れ込んだ葉っぱは

170330_oyabujirami.jpg

オヤブジラミかな?

それから、こっちのセリの葉に似ているのは、セリバヒエンソウかな?

170330_seriba_h.jpg

いずれも、春にこの辺に群生する草の花です。



帰りがけ、隣町の公園をあとにする時に目にとまったのはタンポポの花。

170330_k_tanpopo1.jpg

市街地では目にする機会が減ったと言われている関東タンポポです。
郊外の我が家周辺では、草むらで春咲くタンポポは、たいてい関東タンポポです。

横顔見れば解りますね。ガクっぽいところ(総苞)が反り返っていないでしょ。

170330_k_tanpopo2.jpg

反り返っていたら、西洋タンポポですよね。うちの方でも道路っぱたの
他の草の生えていないような場所には西洋タンポポが咲いてますよ。



帰り道の道ばたを彩るのは、瑠璃唐草とミチタネツケバナ。

170330_rurikarakusa1.jpg

春が進むに連れて花の数が増えていきます。

あとからやってきた帰化植物ですが、

170330_rurikarakusa2.jpg

もうすっかり日本の風景に溶け込んじゃいましたねぇ。



はい、その次は、つくしんぼ。

170330_tukusi1.jpg

帰り道の途中に、どっさり生える場所があるんですよ。
普通の道ばたなんですけどね、なぜかここだけにょきにょきです。

ちっちゃいのから、大きいのまでいろいろ生えてます。

170330_tukusi2.jpg

頭のかさがが開いて胞子を飛ばすんですよね。
開く前は白っぽいけれど、

170330_tukusi3.jpg

胞子を飛ばし終わると、ほんのり緑色。頭の所もすっかり乾いてお疲れ様って
感じになってます。



家の近くまで来て、満開の河津桜を見上げて、この日のおさんぽは終了。

170330_kawadu_z.jpg

忙しい日だったけれど、無理矢理にでもおさんぽに出て良かった。とっても
リフレッシュしました。



毎年、春になれば、すみれとつくしんぼが見られる暮らし。子どもの頃には
すべてが想像上の生き物だった下町育ちです。田舎育ちの人にはなんのこっちゃ?
かもしれないけれど、毎年、春の道を歩くたびにありがたくって、にやにや
しちゃいます。←怪しいよ。
末永く、こんな春を楽しめますように(^人^)。

ちなみに次の記事ではすみれを取り上げる予定です。





posted by はもよう at 23:56| Comment(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: