2017年04月03日

モミジイチゴのつぼみ

年度開けのお仕事一日目、やっぱり目が回るほど忙しかったです。お天気は回復
して、お昼過ぎまで良く晴れて暖かくなりましたが、午後からは不安定に。
天気予報ではにわか雨、落雷、突風に注意が必要って言っていて、まさかと思い
ましたが、その通りになるものですね。にわか雨と稲光は目撃しましたから。

記事の方は3/19に隣町へ行って来たときの写真から。

170403_iroha_k.jpg

隣町に着いて、公園裏へ下りていく坂の途中、カエデの赤い新芽が見えました。




坂の途中のもう一つのお楽しみは、最近出るようになったモミジイチゴ。

170403_momiji_i1.jpg

ヤブの中にか細い枝。

赤いところが目印ですね。冬芽の外側なのかな?

170403_momiji_i2.jpg

白い花びらが見えるようになりました。

更にふんわりふくらんでいる。

170403_momiji_i3.jpg

次に来たときには咲いているかな?楽しみです。
去年、見られなかった木イチゴの実も、今年は見たいなぁ。頑張れ〜。



その先の、これも以前ご紹介したことのあるウコギと藤の絡まるヤブ。

170403_ukogi_fuji.jpg

しだれる木とつる性植物の絡み合い。ややこしいなぁ。



途中に鋭いトゲのあるヤマウコギの枝。

170403_y_ukogi.jpg

5つに裂ける掌状葉の持ち主です。花火みたいな形に開く

絡みついた相手を絞め殺しちゃうこともある力強いフジのつる。

170403_fuji.jpg

あちこちに不釣り合いなほど小さい冬芽が付いてます。
ウコギも藤も、精一杯茂れ。



お隣の木の枝先には伏せた毛深い新芽。

170403_egonoki.jpg

たぶん、エゴノキですね。まだまだ小さい冬芽です。



更に進んで、斜面の上の方を見上げると、か細い枝に新芽が目立つあれは…

170403_kouya_b.jpg

コウヤボウキ。
くるくるカールしたリボンを集めたようなお花、ピンクの化粧ブラシみたいな
綿毛の木です。綿毛が飛んでいったあとは勲章みたいな形のガクっぽいところの
名残。この辺でじんわり増えています。ますます増えてくれますように。



この日、北向きの斜面で目立っていたのはウワミズザクラの新芽。

170403_uwamizu_z1.jpg

他の木はまだまだ冬芽のままの枝が多いのに、早起きだなぁ。

枝の先のつぼみも順調に成育中。

170403_uwamizu_z2.jpg

白い瓶ブラシみたいな花がどっさり咲く予定なんです。去年見そびれたから、
今年は是非見てみたいな。



もう一つ芽吹いていたのはミツバツツジかな?

170403_m_tutuji.jpg

斜面の上の方で近づけなかったけれど、綺麗な黄緑色の新芽が目立っていました。



次の記事は「日陰の林」でいつも咲いてくれる早起きすみれ。今年も綺麗なお花
が撮れました。ご近所さんの小さい葉っぱと一緒にご紹介します。




posted by はもよう at 22:48| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: