2017年05月14日

松、桂、秋楡

今日は一日中ほぼ曇りで、はっきりしないお天気でした。暑くは無かったけれど
お天気の回復を見込んで大物を洗濯しちゃったのではらはらしました。それから、
娘から母の日のプレゼントをもらいました。でも、ものより嬉しいのは手伝って
くれること。自分の母にも、何も要らないよって言われたことを思い出します。
物もらうより、世話焼かせないで欲しいし、家事を手伝って欲しいですよねぇ。
全国のお母様、そうでしょう?(^m^)だから、片付けきれなかった洗い物なんか
をさらっとやっておいてくれた方が嬉しかったな。気の利く娘に成長中です。
そうそう、去年もらったアジサイはつぼみを抱えて元気に育ってます。いつ咲く
かな?

記事の方は、4/16の早朝さんぽの続き。いつもおさんぽしている近所の公園、
花木の並ぶあたりを過ぎて松の木の下。

170514_taeda_m.jpg

これはたぶんテーダマツ。
マツもお花の季節。葉っぱの付け根におばなが見えます。




爽やかな色の丸い葉っぱが並んでいるのはカツラの木。

170514_katura1.jpg

春先の赤い花も新芽も、夏の緑の葉っぱも、秋の黄色い葉っぱも素敵だけれど
カツラ本来の姿はこの柔らかい緑の葉っぱ。

170514_katura2.jpg

可愛いな。この記事では木々の葉っぱにも注目してみました。


この綺麗な葉っぱの枝は、桂とケヤキ、アキニレの若葉の並ぶ枝です。、

170514_katu_akini.jpg

お目覚め遅めのアキニレは今が新芽の季節です。

出たてで透けちゃいそうな若葉が本当に綺麗。

170514_akinire1.jpg

順光で見るとこんな感じなんですけどね。

170514_akinire2.jpg

まだ小さいなぁ。


前の記事でも撮った 絞りのハナモモ、ここにも咲いています。

170514_genpei_m1.jpg

日陰だと、光の加減で本来の色が出ないんだなぁ。

170514_genpei_m2.jpg

幹に直接咲いちゃったをアップで。絞りのハナモモ。昔、他の場所で見たのは
源平桃って名前が付いていたんだけれど、これもそうなのかははっきりしません。



綺麗な新緑のこの木、何の木かな?

170514_iroha_k1.jpg

拡大すると…

あ、イロハカエデかぁ。

170514_iroha_k2.jpg

葉の付け根に赤い花が咲いて居たんだけれど、ピンぼけしちゃった。
今頃は赤いプロペラみたいな実が付いているはず。



こちらの低木にも芽が出ています。

170514_nisikigi.jpg

枝についた翼で解るかな? GWの頃花が咲く予定のニシキギです。

お向かいは大きなクスノキ。
170514_kusunoki.jpg

新芽が出そろって、ピカピカ輝いちゃってます。常緑樹も新緑の季節です。



その向こうにあるユスラウメ。花木の並ぶ方のじゃ無くて、毎年かわいい実が
実る方の株なんだけれど、

170514_yusura_u1.jpg

赤い花の方も

白い花の方も 違いが際立たなくなっちゃったけれど、

170514_yusura_u2.jpg

受粉は無事済んだかな? 今年もかわいい実、見せてね。



そのまたそばには大きなエノキ。

170514_enoki1.jpg

大きすぎて枝が遠いから、わかりにくいけれど、これでもただいま花盛り中。

桜の花が咲く頃に、黄色く煙ったように見える木があったらたぶんそれがエノキ
です。

170514_enoki2.jpg

黄色っぽい新芽と葉の付け根にたくさん咲いた地味な花。これがオレンジ色の
実になります。たくさん咲いた分たくさん付いて鳥さんたちを呼ぶんですよ。



毎年、桃とヤナギを撮って、桃源郷ってこんなかな?なんて言っていた場所。

170514_momo1.jpg

この冬、1本だけ残して、後のは切り倒されてしまいました。

大きな花の、果物屋さんで売っている様な桃の実がなる木でしたが、

170514_momo2.jpg

お花を撮るにはちょっと時期を外しちゃったのと、朝早すぎて影が多かったのも
あったのですが、

それでもやっぱり、以前のようには撮れません。

170514_momo3.jpg

桃源郷を連想するような写真、来年は撮れるかな?
頑張れ、1本残りの桃の花。


ぐるっと回って、大きな芝生広場まで出てきました。これでまだ7時40分。

170514_saku_kobu.jpg

まだちょっとお花の残っている桜とすっかり葉っぱばっかりになっちゃったコブシを
眺めつつ、早朝さんぽはまだ続きます。今度は別の果樹の木を見て、水辺の木々の
方へ行ってみましょう。



posted by はもよう at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: