2017年05月15日

ジューンベリーの花

今日も1日どんよりと曇って、今にも雨が降りそうなお天気でした。昨日、夕方
ちょっとだけ日が差したから、今日はもっと晴れると思ったんだけどなぁ。
一昨日までは暑かったのに、今日はちょっと肌寒かったり、本当に忙しい5月だ
こと。今日咲いているのを見かけたのはハコネウツギ。そろそろアジサイも
咲いちゃうかな?

記事の方は、まだまだのんびり、4/16の早朝さんぽの続きです。

170515_inukori_y.jpg

人工の小川のほとりへさしかかりました。これは小さい猫柳、イヌコリヤナギ
の花後の姿です。花の頃には無かった葉っぱが伸びて緑の茂みに変わります。





そばには若いクヌギの木が1本立っています。

170515_kunugi1.jpg

今年やっと花が咲いたんじゃ無いかな?って位の若い株です。

たいていはとびきり背が高いクヌギの木。お花に手が届くことって少ないから
これはありがたい被写体です。

170515_kunugi2.jpg

もこもこ伸びたおばなの花の穂。

でも、何だかあちこちの丸い固まりが付いてます。ドングリじゃ無いですよ。
ちゃんとピントが合っていないのですが、なにやら赤い斑点が付いてます。

170515_kunugi3.jpg

ああ、これ、虫こぶだな…って思って検索。
そうしたら、クヌギハナカイメンフシって言うのがそっくりです。
タマバチがおばなに寄生して出来る虫こぶだそうです。芽じゃなくておばな?
へぇ〜、そんなとこにねぇ。変わってるなぁ。



低木の根元に黄色い花。タンポポじゃ無いですよ。もうちょっとシンプルな
オオジシバリです。王子を縛っちゃうのじゃ無くて、大きめのジシバリ。
地面を縛り上げちゃうかの勢いで群生するジシバリって言うお花があるんですが、
その、大型種。

170515_o_jisibari.jpg

本家よりちょっと、早咲きなの。おはよー!春だね。



こちらも人工の小川のほとりに立って居るケヤマハンノキ。

170515_k_y_hannoki1.jpg

毎年、ハンノキハムシとの仁義なき戦いを繰り広げている苦労人(?)です。
ハンノキハムシったら、幼虫時代も成虫になってからも、遠慮会釈も無く、丸ごと
食べ尽くす勢いで葉っぱを食い荒らすんですよ。ケヤマハンノキの方も食べ盛りに
全部落葉させて対抗したりして、もう10年くらい激しく戦っているんです。

最近は、虫の勢いに木が勝つことが多くてほら、上の方。

170515_k_y_hannoki2.jpg

たくさんの実が付いていますでしょう。すごいよねぇ。頑張ったなぁ。


そばに有るのは一重のヤマブキ。「みのひとつだになきぞかなしき」のヤマブキは
八重ですからね。

170515_yamabuki.jpg

一重のヤマブキには実が付きますよ。4/16ではまだ咲き始め、このあとたくさん
咲きます。



こちらも水辺のトサミズキ。

170515_tosa_m1.jpg

早春に、優しい黄色の花の穂を下げていましたが、この日は若葉を広げるところ
でした。

お花の後はこんな風。

170515_tosa_m2.jpg

これから、ユニークな形の実になります。
葉っぱはどんどん大きくなって、公園のあちこちをみずみずしい緑色で彩ります。



そんなこんなの一画を真っ白に染めて咲く花が有ります。桜じゃ無いですよ。
170515_june_b1.jpg
ジューンベリーという果樹です。

ほら、桜っぽく無い花でしょ。

170515_june_b2.jpg

名前の通りジューン、つまり6月に熟す実が栽培の一番の目的になっている、最近
人気の庭木だそうです。

2008/ 5/30付 「実りの初夏」 実の様子

和名はアメリカザイフリボク。

170515_june_b3.jpg

細長い花びらがまばらに付いた花です。

170515_june_b4.jpg

新芽のうちは銀色の毛の覆われていた葉っぱも、実が熟す頃には一人前の緑の葉に
なって居ることでしょう。今年の実の付きはどうかな?



それからお隣のこの木。

170515_onigurumi1.jpg

枝の先にポンポンみたいに何かが付いていますね。特徴的な芽吹き方です。


でもそのポンポンみたいに見えた新芽の付け根を見れば、冬中にらめっこしていた
あの顔が!
170515_onigurumi2.jpg

そう、ひなたぼっこしているお猿さんのような、ヒツジさんのようなこののどかな
お顔、オニグルミですよ。

お顔は、大きな葉っぱが落ちたあと。次の葉っぱは、ちょうど額のあたりから
角が生えるみたいに出現して、みるみるうちに膨れあがって大きくなって…

170515_onigurumi3.jpg

こうなります。でっかい新芽です。

もうちょっと前の姿はこんな風。

170515_onigurumi4.jpg

下の方からにょきにょき出ているのはおばなの花の穂かもしれないなぁ。

植物だけれど、布製みたいな不思議な質感。動物みたいに動きを感じる芽吹き方。

170515_onigurumi5.jpg

面白いなぁ、オニグルミ。見飽きません



小川から、ちょっと視点を移して、居並ぶ木々の向こうの新緑。

170515_yanagi.jpg

あれもこれも、新しい葉っぱです。良いなぁ、新しい緑色。綺麗だなぁ。
毎年、総取り替えでしょう。うらやましいなぁ。



芝生広場の向こう側には大きなカロリナポプラが2本。

170515_k_poplar1.jpg

おさんぽの最初の方に見かけた(ヨーロッパ)ポプラよりは、枝の広がりがゆるめで
風に弱くて、台風の度に仲間が減っちゃっているけれど、

170515_k_poplar2.jpg

たぶん、背の高い木の上の方でお花も咲かせていたはず。
写真の中は4/16だけれど、そろそろ、ポプラの綿毛が公園を 雪の日のように
変えちゃう頃。

2008/ 5/14付 「カロリナポプラの綿毛」

見に行かなくちゃ。




4/16の早朝さんぽ、ここまでで7時45分です。まだ続きますよ。
次は色んな桜とライラックの花を見て頂こうかな。

posted by はもよう at 23:54| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: