2017年06月01日

ミツバツチグリの花

一番日付をまたいじゃいけない日にうっかりしちゃった。5/31の記事のつもりです。

今日は朝のうち晴れたけれど、大気の状態が不安定とかで、あっという間に雲が
広がって、はっきりしないお天気になりました。そんな中でも午前中は、隣町まで
おさんぽに行って、ユキノシタの群落がどのくらい咲き進んだか見てきました。

今日で5月もおしまい。早かったな。HPに6月のごあいさつを飾りました。最近、
なかなか会えないニガイチゴの実。春先に咲いた花たちが実りの初夏を迎えて、
あっちこっちに実がなる季節の写真です。

記事の方は4/23のおさんぽ写真の続きです。
お気に入りの観察スポット「隣町の北向きの斜面」。ここは雨上がりの時だけ、
水が流れる涸れ沢です。

170531_k_gibousi.jpg

湿ったところにはコバギボウシが若い葉っぱを並べています。




雨上がりに水が流れる場所には、ちっちゃな芽。

170531_mituba.jpg

たぶんミツバです。八百屋さんで売っているのと同じ、ミツバ。ここにいつも何株か
顔だすんですよ。



そばの雑木林には、カマツカ。

170531_kamatuka.jpg

枝先を良く見たら、つぼみが準備されて居ました。

いろんな木の、色んな葉っぱが重なって出来る雑木林の天井。

170531_zokibayasi.jpg

とっても綺麗でしょ。


秋にはイロハカエデの紅葉を見に来ましたよね。

170531_iroha_k.jpg

春の終わりのイロハカエデは、日の光を通して輝く黄金色の若葉が綺麗です。

170531_m_keman.jpg

枝の陰が落ちるあたりにはムラサキケマンの群落があります。


公園の中にはサワフタギ。

170531_sawafutagi.jpg

たくさんの白い花が咲く予定のつぼみが準備されています。楽しみだな。



谷の地面には、ヘビイチゴ。

170531_hebi_i1.jpg

黄色い花が点々と咲いています。

170531_hebi_i2.jpg

お隣の白い花は…


すみれに季節の終わりを告げるツボスミレ。

170531_tubo_s1.jpg

横に広がった小さいお花。

170531_tubo_s2.jpg

太短い距も特徴的。
ツボスミレが咲いたら、コスミレから始まったすみれの季節も終わりですね。


ここにヤブタビラコの花がきれいに開いていました。

170531_y_tabirako.jpg

「日陰の林」ではうつむいて居たのしか見られなかったから。



ムラサキサギゴケも咲き始めましたね。

170531_m_sagigoke1.jpg

トキワハゼに似ているけれど、こちらの方が湿った草むらに多く咲きます。

170531_m_sagigoke2.jpg

そのうち匍匐枝を伸ばして地面を苔のように覆います。


日当たりの良いところにはミツバツチグリが咲いて居ました。

170531_m_tutiguri4.jpg

ヘビイチゴに似ているけれど、苺は実りません。

170531_m_tutiguri2.jpg

お花の付く茎がいくつも似枝分かれしているところが特徴的。

170531_m_tutiguri3.jpg

ヘビイチゴは枝分かれしませんから。
西日本の方にある、近縁種のツチグリは葉っぱが3つじゃ無くて5枚ワンセットで、
根っこが栗みたいで、美味しく食べられるのでツチグリの名前があるそうです。
キノコの仲間のツチグリとは何の関係もありません。で、この草の根っこが食べら
れるのかどうかは、図鑑には書いてありませんでした。どうなのかな?



4/23のおさんぽ写真、まだあるんですよ。6月も引き続きおつきあいくださいませ。



posted by はもよう at 00:27| Comment(2) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はもようさん、こんにちは。
6月のお写真、拝見してきました。
ニガイチゴの実、おいしそうでした。
そうそう、ニガイチゴはこんな形でした。
と思い出しました。
ほんとに毎年確認しないとわからないのですから
困ったものです^^
4月の末にもう実がなっていたのですか。
早いですねぇ
そういいましたら、
今年はモミジイチゴを食べていません。
調べてみたら、6月中旬みたいです。
よかったぁ
まだ食べるチャンスはありそうです^^

今朝、たくさんのヘビイチゴの実を
見かけました。
ヘビイチゴのお花はガクに特徴がありますよね。
こちらの子のほうがガクが控えめで
上品ですね・・なんて言うと怒られるかな。
この系統の黄色いお花で、
時折黄色がにじんだように美しい子に
出逢うことがあります。
まぁどちらも美しいということでしょう^^
Posted by ブリ at 2017年06月03日 15:53
ブリさん、こんばんは。

6月のごあいさつカード見てくださってありがとうございます。
でも、あれ、10年近く前の、6月の写真です。
4月末にニガイチゴの実、なってません。
やっとお花が咲いたくらいのタイミングです。(^^*)
だから、ニガイチゴの実を食べるチャンスもあるかも ♪ ですよ。
でも一番フォトジェニックなのはナワシロイチゴの実ですけどね。

ヘビイチゴの萼の部分は、ヘビイチゴとヤブヘビイチゴを見分けるのに
役立つそうです。
萼(副萼片)が大きいのが普通のヘビイチゴで
小さいのがヤブヘビイチゴだそうです。

でもこれから目立つ 実の方が見分けやすいですよね。
真っ赤でつやつやなのはヤブヘビイチゴの実ですから。
ヤブヘビイチゴの実を見ちゃうと、普通のヘビイチゴの実が
見すぼらしく見えちゃいます。

時折見かける美しい子はどのお花かな?
綺麗なものがいっぱいの季節で、目が忙しいですよね(^^*)。
Posted by はもよう at 2017年06月04日 00:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: