2017年06月15日

鈴蘭、牡丹、マンテマの花

今日は朝から良いお天気。梅雨前線はなかなか近づいてきませんね。6月も半分過ぎちゃい
ました。ベランダでは鉢植えのコクチナシがお花の準備中。それから、久しぶりにカラーの
花が咲きました。びっくりするほど小さい花がひとつだけなんですけれど。

記事の方はようやく5月の写真のご紹介になります。
まずは仕事場近くのドイツスズラン。

170615_d_suzuran1.jpg

GWの谷間のこの日、出勤したら、この間ご紹介したよりたくさん咲いていました。




地下茎でどんどん増えるドイツスズラン。お花もたくさん咲いてます。

170615_d_suzuran2.jpg

これだけ咲くと朝のうちは、良い香りが立ちますよ。

次から次へとつぼみが出て、白い小花を咲かせます。

170615_d_suzuran3.jpg
鈴の鳴るのが聞こえてきそうな形の可憐なお花です。

日本に自生するスズランよりはずっと丈夫で華やかで、暑さに強いお花です。

170615_d_suzuran4.jpg

実もかわいいけれど、しつこいようですが、有毒です。お取り扱いにはご注意ください。



GW前には満開だった真っ赤な牡丹は、そばに植えられているピンクの牡丹はちょっと
遅れて花が咲きました。

170615_botan1.jpg

でも、今年は雨不足で、お花はだいぶ小さかったですよ。

写真ではわかりにくいですが。

170615_botan2.jpg
こちらの花色なら、カメラも安心して再現できるんだけれどなぁ。

来年は枝が折れちゃうんじゃ無いかって言うくらい大きなお花を咲かせてね。

170615_botan3.jpg

このあと、隣では草の仲間のシャクヤク(芍薬)がつぼみをふくらませていました。

そして、真っ赤な牡丹はこんな感じ。

170615_botan4.jpg

お疲れ様。また来年ね。




おまけ画像はまだあった4月の写真。この日は午後、娘と近所のショッピングパークに出かけ
たんですよ。たくさん並んだお店で可愛い小物を眺めて、楽しいひとときを過ごしました。

170615_mokkou_b.jpg

お店は勝手に撮れないけれど、植え込みのお花ならかまわないかな。
モッコウバラが咲いていました。


こちらの白いのはシジミバナかな?

170615_sijimi_b1.jpg

似たお花がいろいろある中で、お花の咲き方が一番似ていると思うんだけれど。

ユキヤナギと同じバラ科シモツケ属の落葉低木。

170615_sijimi_b2.jpg

それにしてもこの花見て、シジミの内蔵をイメージ…します?
すごい想像力だなぁ。



そのまたあと、家の近所の花だんで、見つけたシバザクラ。

170615_sibazakura1.jpg

ハナシノブ科の多年草。木の上で桜が咲いたちょっと後、地面を覆って咲く桜の似た花。

上から見ることは多いので、横から眺めてみました。

170615_sibazakura2.jpg

案外、お花の下が長いのね。


全部シバザクラと思ったら、ナデシコも混ざっていました。

170615_nadesiko.jpg

お花の咲き方が似てますね。
画像検索したけれど品種名までは解りませんでした。園芸種って、たくさんあるんです
もの。



それから、ほとんど草むらみたいなところで咲いていたのは、マンテマのお仲間。

170615_sakura_m1.jpg

お花はサクラソウの形に似ていて、

170615_sakura_m2.jpg

お花の下が壺のような形でしましま模様。

これがマンテマと呼ばれるお花の特徴だなぁと思って検索。

170615_sakura_m3.jpg
花だんから、一部 野生化もしているお花で、サクラマンテマというのがある事が
解りました。ヨーロッパ原産でサクラソウ科の一年草。別名はフクロナデシコ。


至れり尽くせりの花だんより、野原で自由に生きる方が良いのかな、やっぱり。
次回からまた、GW中のおさんぽ写真をご紹介します。






シリーズ「木に咲く白い花 2017」

2017/06/12付 「ミズキの花」
2017/06/13付 「マルバアオダモの花」
2017/06/14付 「白いライラックと赤葉のメギ」
2017/06/15付 「鈴蘭、牡丹、マンテマの花」 シジミバナ


posted by はもよう at 23:29| Comment(0) | 花だんの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: