2017年06月16日

栃と七竃の花

今日は、良く晴れて暑くなったと思ったら、夕方に雲行きが怪しくなって、ちょこっと
雷雨。ですぐに回復…という、夏が始まったかのようなお天気でした。まだ、本格的な
梅雨も始まって居ないんですけどね。

記事の方は5/3に隣町へ行って来た時の写真をご紹介します。

170616_mizuki1.jpg

まずは家の近所の大きなミズキ。残念、ちょっと花盛りとは言えない感じ。しかも
工事中で近づけず、咲いてないのか、散っちゃったのかもはっきりしません。




道路の向かいの雑木林。緑一色に見えても、あっちこっちに白い枝の木が混じる…と
思ったら

170616_mizuki2.jpg

それがミズキの木です。

上の写真のまん中辺も拡大すれば ↓ こんな感じ。

170616_mizuki3.jpg

あ、手前の赤っぽい木はニワウルシです。後ろがミズキ。花盛りです。

GWの雑木林はミズキの花のシーズンです。

170616_mizuki4.jpg

こっちにも、

このくらい咲いてます。

170616_mizuki5.jpg

すさまじい花の量。壁みたい。

この白いところにこんな小花がどっさり咲いているんですよ。

170616_mizuki6.jpg

でもって、この花がまた効率よく実るんだよなぁ。雑木林が全部ミズキになっちゃわ
ないのは、発芽率がそんなに高くないからかな。



そういえば、以前も載せましたが、隣町へ行く途中にある放置されたススキの原。

170616_kusahara.jpg

見る度違う植物が覇権を争う場所ですが、5月初めではまだ、枯れ色ですね。

それでも、↓ 毛深いクズのつるがススキのまっすぐな葉っぱに巻き付こうとしたり、

170616_susu_kuzu.jpg

ヤブガラシの赤っぽいつるがするすると伸びてきたり、

170616_yabugarasi.jpg
しています。

この日、草むらの中央で葉っぱを広げていたのは
170616_noibara.jpg

ノイバラでした。このすぐあと、白い花を咲かせますが、次第に他の葉っぱに飲まれ
て見えなくなる予定です。



おさんぽを続けて、今度はトチノキの下までやってきました。

170616_totinoki1.jpg

大きな葉っぱのトチノキ。葉っぱの付け根から大きな花の穂がそびえ立っていました。

蜜がたっぷり出るトチノキの花ですよ。

170616_totinoki2.jpg

かに缶の中身を積み上げたみたいに見えますけど。

中でもとびきり大きなトチノキの隣に、抱え込まれるようにベニバナトチノキが咲いて
いる場所があります。

170616_totinoki3.jpg

大きい兄さんと可愛い妹みたいです。

大きいトチノキがベニバナトチノキの覆い被さって、邪魔しているように見えるかも
しれませんが、いつも散歩している公園の株と比べてみると、ちょっと日陰気味の方が、
ベニバナトチノキには適しているようです。

170616_totinoki4.jpg

白いトチノキの花と、黄色からピンクへ色変わりするベニバナトチノキの花。
こちらもものすごく大量に咲きますが、実の付きはすこぶる悪いです。たぶん、発芽
率はそこそこ良いみたいな気がしますが…。だってうちの方、トチノキ結構多いです
もの。


あら、そばにナナカマド発見。

170616_nanakamado.jpg

奇数羽状複葉に白い小花。近づいて確かめられない場所だけれど、ナナカマドですよね。
うちの方では時々、植栽されるけれど、暑さに弱いらしくて寿命が短いから心配です。
頑張れ。



そうそう、定点観察していたアオギリですが、今年は取り上げる回数が減りそうです。

170616_ao_meta.jpg

ほら、数年に一度の強剪定。隣のメタセコイアとともにこんな形にされちゃいました。

ちょこっと残った枝の先には、

170616_aogiri1.jpg

赤い若葉が出始めています。

こっちの枝には、去年実が付いて落ちたあとが星の形に残っています。

170616_aogiri2.jpg

とてもユニークな実り方をするアオギリの花を、今年は定点観察できるかどうか解らない
けれど、これも人のそばで生きる木の宿命です。頑張れ、アオギリ。


途中の道ばたの雑木林にはアオギリの幼樹が葉っぱを広げていました。

170616_aogiri3.jpg

木としては小さなアオギリだけれど、葉っぱは十分大きかったです。


次の記事では、「日陰の林」まで進みます。




シリーズ「木に咲く白い花 2017」

2017/06/12付 「ミズキの花」
2017/06/13付 「マルバアオダモの花」
2017/06/14付 「白いライラックと赤葉のメギ」
2017/06/15付 「鈴蘭、牡丹、マンテマの花」 シジミバナ
2017/06/16付 「栃と七竃の花」 トチノキ、ナナカマド

posted by はもよう at 23:54| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: