2017年06月17日

サワフタギの花

いやぁ、暑かったですねぇ、今日のうちの方。そんな中、また、両親のところへ
行って来ました。今日はお医者さんにつきあったり、庭木の枝を整理したり、
相変わらず、やることいっぱいありました。筋肉痛になりそうです(^^;)。

記事の方は、5/3に隣町で撮ってきた写真から。

170617_sugi.jpg

隣町に着いて、「北向きの斜面」に向かって坂を下る途中の杉の木。新芽が出て
居ました。




坂に面した木々を下から眺めるとこんな風。

170617_mizuki1.jpg

丸っこい葉っぱがたくさん。

これはミズキです。

170617_mizuki2.jpg

拡大すると葉っぱのすきまからお花の穂が見て取れます。
素敵な模様の天井見上げつつ、緑の坂道を下ります。



道にさしかかるように伸びた枝。良く見たら、あら、つぶつぶの実が準備中。

170617_kuwa.jpg

これ、桑の枝ですね。あとちょっとしたら、舌を真っ黒に染める(食べ過ぎです)
桑の実が実ります。



ウワミズザクラ、フジと一緒の眺めた途中のヤマウコギにはつぼみの準備が
されていました。

170617_y_ukogi.jpg

画面中央だけれど…見えます?花火がぱっと開いたような形に咲くんですよ。


こんなマイナーな花ばかり撮っていると、うちの近所には5月と言えばなツツジは
咲いていないのかって思われそうですが、

170617_tutuji.jpg

咲いてますよ。それこそ、いやって言うほど。とりあえず、オオムラサキツツジを
置いておきますね。


このあと初見のお花を見つけたけれど、それは次の記事に載せるとして
ここからは、坂を下りきった所にある「日陰の林」。

まずは低いところまで枝を広げたミズキに引き寄せられちゃいますよねぇ。

170617_mizuki3.jpg

このね、扇状に広がった枝と、垂れ下がったような葉っぱと、その上に
咲く散状花序の白い小花が5月のミズキの姿です。

170617_mizuki4.jpg

1年で一度の晴れ姿。綺麗だねぇ。

公園でも接写したけれど、ここでもズームイン。

170617_mizuki5.jpg

4裂する花冠に4つのおしべ、どちらも精一杯伸ばして自己主張中。
いっぱい居るから目立たないとね。
画面のまん中ちょっと上の方に、小さい虫が来ています。
そういえば、ミズキの花ではあんまり大きな虫は見かけないなぁ。虫にも好みが
あるのかな。


「日陰の林」も去年大々的に手を入れられ、メンバーがちょっと替わりました。
勢いの弱まっていたツリバナとガマズミは切られてしまいました。残念です。

でも、この日、元気だったのはサワフタギです。
ハイノキ科のサワフタギ(沢蓋木)、別名ルリミノウシコロシ(瑠璃実の牛殺し)。

170617_sawafutagi1.jpg

時々タイミングが合わなくて見そびれるし、この日だって期待していなかった
から、喜びもひとしおですよ。

2007/ 5 5付付 「サワフタギ」


花冠は5裂、おしべはたっぷり。

170617_sawafutagi2.jpg

葉っぱの陰から、あふれ出んばかりにふわふわたくさん咲くお花です。

素敵でしょう、可愛いでしょう。なかなか魅力をお伝えできるように撮れないん
ですけど、お気に入りのお花のひとつです。

170617_sawafutagi3.jpg

図鑑で知って、見たいなぁと思って居たので、身近に見つけた時にはとても嬉し
かったです。そうしたら、年々、数が増えて、見かける場所も増えました。
この日はサワフタギが花盛りでした。このあともう一度登場すると思います。

木の下に潜り込んで見上げると、ほら、こんなに花いっぱい。

170617_sawafutagi4.jpg

秋にはこのお花の数だけ、青い実が実ります。

沢をふさぐように枝を広げる木という意味のサワフタギ。いっぱい茂れ、応援してるよ。



さてさて、「日陰の林」をあとにして、そろそろと隣へ移ります。
地続きの雑木林の林床には、コアジサイがお花の準備を始めていたり…

170617_koajisai.jpg

もうじき咲きますからねぇ。

ヤマウルシが大きな 奇数羽状複葉を広げて…

170617_y_urusi1.jpg

その陰につぶつぶのつぼみを用意したりしています。
170617_y_urusi2.jpg

咲いたところを撮れるかな?



でもってその隣には、春先のピンクの星のようなお花を眺めたウグイスカグラ。
そろそろ実が熟す頃ですよ。ちょっと葉っぱの裏をチェックしてみましょう。

170617_uguisu_k2.jpg

おお、順調、順調。

ふたつずつが理想的ですが、ひとつになっちゃうこともある。

170617_uguisu_k1.jpg

ピンクの星から赤い実へ…。5/3は、ウグイスカグラの実が準備中でした。



この日、雑木林の林床で、ちょっと嬉しいものを発見しました。
それがこの、アケビの花。

170617_akebi1.jpg

ずっと、展望台の下のヤマツツジの枝に絡むアケビの花を眺めてきたのですが、
去年、おととしあたりから、あちこち手が入って、つるというつるを処分されて
しまい、アケビの花にも会えなかったんですよ。

170617_akebi2.jpg

カタクリの名所の、ちょっと遠い花で我慢したり、もっと前には、およその返り
咲きを眺めたり、でも、この日はここで、咲き残っていたアケビの花に会え
ました。嬉しいなぁ。ここ、日は差さないけれど、よそほど人の手は入らないから
大きく育ってくれると嬉しいな。






シリーズ「木に咲く白い花 2017」

2017/05/28付 「ウワミズザクラの花」
2017/05/29付 「オトコヨウゾメの花」
2017/06/05付 「鈴蘭と牡丹」 ナナカマド
2017/06/12付 「ミズキの花」
2017/06/13付 「マルバアオダモの花」
2017/06/14付 「白いライラックと赤葉のメギ」
2017/06/15付 「鈴蘭、牡丹、マンテマの花」 シジミバナ
2017/06/16付 「栃と七竃の花」 トチノキ、ナナカマド
2017/06/17付 「サワフタギの花」



posted by はもよう at 23:51| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: