2017年06月21日

ノイバラの花

今日は一日雨。しかも時折、大雨注意報が出ちゃうほどの、久しぶりに
まとまった雨でした。アジサイも他の草花も待ちに待っていたでしょうね。
ちょっと嬉しかったので、カメラが傷むのもいとわずに土砂降りの中、写真を
撮りに行っちゃいました。せっかくの雨でしたが、すでに近所のアジサイに
だいぶダメージが出ちゃっていました。この雨で復活して欲しいです。

記事の方は、5/3のおさんぽ写真の続きです。

170621_noibara1.jpg

隣町の観察スポット「北向きの斜面」。斜面のてっぺんにあるノイバラの茂み。




道ばたの茂みには、小さい花ながら香りの良いノイバラの大株があります。

170621_noibara2.jpg

ここのはひときわ勢いが良くて、ワイルドです。

まだまだつぼみもたくさん。

170621_noibara3.jpg

次に来た時も咲いて居てくれるかな。



斜面のてっぺんから、再度、公園の中へ。
入り口で待って居てくれたのは、どこかの花だんから逃げ出してきたヤグルマギク。

170621_yaguruma_g1.jpg

公園のフェンスのそばでたくさん咲いています。

この形でキク科なんだから、思いがけないですよね。

170621_yaguruma_g2.jpg

花色はピンクに白に青など様々。

鯉のぼりに付ける矢車みたいな形で
170621_yaguruma_g3.jpg

初夏の花だんを彩りますよね。

で、ここでも咲いていたサクラマンテマ。

170621_sakura_m.jpg

本当にあっちこっちに増えていますねぇ。可愛いけどさぁ、どうなんだろう。



隣町の公園の中にあるプラタナスの大木。

170621_m_suzukake1.jpg

かなりの大木の、かなりの大きな葉っぱも、芽吹き立ては何だか可愛い。

良く見ると葉っぱと並んで、去年の実と花が下がっています。

170621_m_suzukake2.jpg

一本の柄に2つ3つ付くのが一番一般的なモミジバスズカケの特徴です。
今年もいっぱい実りそう。



でもって、このあとですよ、この日一番びっくりしたことに遭遇するのは。
プラタナスの奥にはいつも眺めるドングリの木があるのですが、去年、その
うちの一本が…そうとう太い木だったんですけれどね。…折れてしまったん
ですよ。隣のもう1本の大木のことも気になって、今年のご機嫌を伺いに
いったら、これ ↓ 5月3日にもう、カブトムシ。

170621_kabutomusi1.jpg

大きなコナラの木にカブトムシの、しかも立派なオスが、しかも2匹。
もうすっかり日が昇りきっているというのにお食事中でした。

170621_kabutomusi2.jpg

この公園のカブトムシは、カラスの餌食になることが多いので、夜が明けたら
どこかに隠れていて欲しいのですが、まぁ、食い気にはまっていましたよ。

170621_kabutomusi3.jpg

ちびっ子たち、夏休みを待たなくても、もう、カブトムシは活動中だよ。
パパ、ママに話を付けたら、かご持って公園へGO!だよって心の中で叫んじゃい
ましたよ。
ちなみに、このあと、別の日にはメスばっかりを見た日もありました。なぜか、
今年の隣町の公園では、カブトムシが良く目撃されます。何でだろう?(’’?)



さて、このあと、更にもうちょっと足を伸ばしちゃうんです。GWですからね。

170621_sirakaba.jpg

途中の白樺を見上げつつ、あれもこれもと、5月の木に咲く白い花が思い浮
かびます。








シリーズ「木に咲く白い花 2017」

2017/05/28付 「ウワミズザクラの花」
2017/05/29付 「オトコヨウゾメの花」
2017/06/05付 「鈴蘭と牡丹」 ナナカマド
2017/06/12付 「ミズキの花」
2017/06/13付 「マルバアオダモの花」
2017/06/14付 「白いライラックと赤葉のメギ」
2017/06/15付 「鈴蘭、牡丹、マンテマの花」 シジミバナ
2017/06/16付 「栃と七竃の花」 トチノキ、ナナカマド
2017/06/17付 「サワフタギの花」
2017/06/19付 「カマツカの花」
2017/06/21付 「ノイバラの花」






posted by はもよう at 23:57| Comment(2) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はもようさん、こんにちは。
カブトムシだったのですね。
すごいですねぇ
立派な♂。触りたいなぁ
最近、めったに会うことがなくなりました。
朝早くに、バラバラになった
角を見かけるぐらい。
今年は元気な子に逢えるといいなぁ

でも先週お山を歩いていたら、
大きなコナラの木の幹から樹液が
流れ出ていました。
きっと虫たちが集まっているんだろうなぁ
なんて思いながら横を通っていました。
もういたかもしれないですねぇ
でもこのあたりイノシシが多いんです。
あの子たち、カブトムシの幼虫が
大好物らしいです。
腐葉土を鼻で掘り返して、
バクバク食べるんだとか・・泣
Posted by ブリ at 2017年06月25日 11:09
ブリさん、こんばんは。お返事遅くなりました。

そうそう、びっくりしたのは、
カブトムシに出会ったことだったんですよ。
この公園でも、カラスに食べられた残骸なら見かけるけれど
なかなか成虫にはお目にかかれなかったのに。
しかも、予期していない5月でしょう。本当にびっくりしましたよ。

この次にはメスのを2匹見かけますからね。
息子が小さいうちに、これが解っていたらなぁ。
結局、自然の中でカブトムシを見せてあげることは出来なかった
んですよね。
今年はたくさん会えると良いですねぇ。

最近、樹液酒場が有るのが匂いで解るようになっちゃって(^^;)。
うちの方はスズメバチが怖いので気をつけています。

うわぁ、イノシシさんのカブト狩りですか。
苦も無く、栄養価満点の芋虫が食べ放題なら、
そりゃ、夢中でバクバク食べるでしょうね。
居合わせたくないですね(^^;)。お気を付けて。
Posted by はもよう at 2017年06月25日 18:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: