2017年07月03日

忍冬とヤマウコギ

いやぁ、なんだか寝苦しい夜だとは思いましたが、朝になったらまた、
急にとんでもなく暑くなりましたね。朝の天気予報でも、命を守る為
に行動してくださいって言うほどの暑さ、熱中症への警戒ぶりでしたよ。
まだ暑さに慣れていないし、猛烈に蒸し暑いし、本当に注意してください。

さて、記事の方は5/16のおさんぽの続きです。
白い花、続々登場しますからね。

170703_suikazura1.jpg

まずは香りの良いつる性植物の花、スイカズラ。





白く咲いて黄色く変化するので、中国では金銀草と呼んで、縁起もの扱い
です。

170703_suikazura2.jpg

葉っぱを丸めて、一冬耐えた居た姿からは想像できないほど、華やかに
花盛りです。



途中のシャリンバイも、やっぱり満開。

170703_sharinbai.jpg

たくさん咲いてくださいね。



隣町へ行く途中にも、とびきり大きなエゴノキがあります。

170703_egonoki1.jpg

一枚の写真には収まらないけれど、このくらいの大きさです。

もちろん白い花は、枝にたくさん咲いてます。

170703_egonoki2.jpg

素敵ですよね。

170703_egonoki3.jpg

なんべん見てもうっとりしちゃうお花です。

見上げるとこんな感じ。

170703_egonoki4.jpg

電線にも触れちゃいそうなほど背が高くなるけれど、コナラやクヌギ
よりはちょっと低いポジションがお気に入り。また、来年もよろしく。



途中の道のチガヤです。

170703_tigaya.jpg

6/30の夏越しの祓えでは、各地の神社で茅の輪くぐりがあったかも
しれません。



次に見上げたのは桑の木です。

170703_kuwa.jpg

実がだいぶ色づいてきました。マルベリーの名前で健康食品扱いも
されています。舌が染まるほど食べて、お母さんに叱られた思いでを
持つ方もいらっしゃるかな。



この辺から坂を下って、いつもの「北向きの斜面」なんですが、
途中の植え込みから折れた枝が飛び出していました。しかも、赤い
実付き。

170703_uguisu_k1.jpg

これ、どう見ても、ウグイスカグラの実ですよね。そりゃぁ、この日の
目的の1つではありましたが、目的の株は「日陰の林」の向こう、
坂の途中にもウグイスカグラが咲いて居たんですねぇ。

170703_uguisu_k2.jpg

幸先良いのかな?赤い実をカメラにおさめてさらに先に進みます。



坂の途中で見ておきたいのが、ヤマウコギ。そろそろ花が咲く頃です。

170703_y_ukogi1.jpg
つる性植物だったっけ?って思うほど枝垂れる枝に並ぶ掌状葉。
葉の付け根に放射状に開く白っぽい花が見えますか?

近づいて、枝の下に潜り込んで撮りました。

170703_y_ukogi2.jpg

ちょっとイイ感じじゃ無いですか。何より涼しそう。

ヤツデやフユヅタと同じウコギ科のヤマウコギ、

170703_y_ukogi3.jpg

お花にも相通じるものがあるでしょうか。

5裂する葉っぱのヤマウコギ。

170703_y_ukogi4.jpg

そしてこれはメスの株で、これはめばななんですが、近くにオスの
株が無いらしく、実が付かないんですよ。残念だなぁ。
でもまぁ、お花に間に合って良かった。



更にこの日の草むらには、こんな赤い実もたくさん見られました。

170703_kusaitigo1.jpg

桜の頃、白い花を咲かせていたクサイチゴの実です。

草とは名前が付いているけれど、木イチゴの仲間です。

170703_kusaitigo2.jpg

小さいビーズを集めたような、綺麗な実は美味しいらしいですよ。


おさんぽまだまだ続きます。白い花も続々登場しますよ。






シリーズ「木に咲く白い花 2017」

2017/05/28付 「ウワミズザクラの花」
2017/05/29付 「オトコヨウゾメの花」
2017/06/05付 「鈴蘭と牡丹」 ナナカマド
2017/06/12付 「ミズキの花」
2017/06/13付 「マルバアオダモの花」
2017/06/14付 「白いライラックと赤葉のメギ」
2017/06/15付 「鈴蘭、牡丹、マンテマの花」 シジミバナ
2017/06/16付 「栃と七竃の花」 トチノキ、ナナカマド
2017/06/17付 「サワフタギの花」
2017/06/19付 「カマツカの花」
2017/06/21付 「ノイバラの花」
2017/06/22付 「ナニワイバラの花」 白い牡丹、コデマリ
2017/06/25付 「ハクウンボクの花」 
2017/06/26付 「ハリエンジュの花」 カラタネオガタマ
2017/06/27付 「トベラの花」
2017/06/28付 「エゴノキの花」 シャリンバイ
2017/06/29付 「庭の花と街中のバラ」 白いバラ、タイサンボク、オリーブ
2017/07/03付 「忍冬とヤマウコギ」

posted by はもよう at 23:57| Comment(2) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はもようさん、こんにちは。
スイカズラ、いい香りがしますよね。
好きなお花の一つです。
ベストスリーに入るかも。
そんなに言っちゃっていいのかな。
だって、ササユリは絶対に入れるし・・
もう残り一つだけど大丈夫かな。
まぁその時考えよう^^

チガヤも好きです。
開く前の銀色に輝いている時が
写そうと挑戦するのですが、
見た通り写ったことがない不思議な子です。
私にだけ素敵な姿をみせてくれていると
思っておこう。

なんか思い込みの激しいコメントばかりですね。

クワの実がもう黒っぽくなっていますね。
5月中旬ですよね。
つい最近クワの実撮りましたが、
まだどれも青っぽくというか
薄ピンクっぽかったです。
木々によっては1か月近く差があります。
エゴノキやヤマウコギは
そんなに変わらない気がしますが・・

台風、大丈夫ですか。
こちらは台風の後の雨がすごかったようです。
あとも気を付けてくださいね。
Posted by ブリ at 2017年07月05日 11:11
ブリさん、こんばんは。

台風もにわか雨も大丈夫でした。まぁ、うちの方はあんまり
お天気が元の災害には遭わない場所なんですけど。
それよりブリさんちの方が大丈夫ですか?
お気をつけくださいねぇ。

あーっ、ベストスリーとか言っちゃたら、絞り込めませんね。
好きな花、ざっと100ぐらい上がっちゃいそうです。
あ、ササユリはブリさんのブログでしか見られない
妖精さんのようなお花で、別格です。綺麗ですよねぇ(〃▽〃)〜*。

スイカズラの花を撮りながら、感じる良い匂いとか、
チガヤの銀色の穂が、風にそろって揺れているところとか、
写真で伝えられない魅力っていっぱいありますよねぇ。
どうしたもんだか。

そうそう、住んでいる地域が離れていると、花の咲く時期や
実の色づく時期が違って面白いですよね。
あ、これは早いんだ、こっちは遅いんだとかね。
日本列島、狭いようで広いですね。(^^*)
Posted by はもよう at 2017年07月06日 00:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: