2017年07月09日

ツメクサ3種

いやはや、猛烈に暑いです、昨日の今日も。梅雨はどこへ行っちゃっ
たんでしょうねぇ。昨日は両親のところへ行って、お寺だの病院だの
につきあってきました。私がめまいするくらいだから高齢の両親は
さぞや疲れただろうなぁ。あけて今日は久しぶりに休日の晴天。布団
を干して、あれこれ余分に洗って、更に隣町までヤマユリを撮りに出
かけました。二日続けて無理したら、暑さ負けで頭が痛いです(^^;)。
でも、咲いてましたよ、ヤマユリ。後ほどご紹介しますね。

記事の方は5/16のおさんぽ写真の最終回。次回予告みたいな写真を
並べてみました。

170709_h_kouzo.jpg

まずはヒメコウゾの地味な花。この次はこれが透明なオレンジ色の
木イチゴ似の実になっているところを撮りたいです。





展望台の下のカタクリ保護地の今後のお楽しみは、ツリガネニンジン。

170709_turigane_n.jpg

5,6枚の葉っぱを車輪のように付けて、草むらの中に立ち上がって
来ました。



カタクリの世話をしている方たちが、最近植えたオカトラノオも、
順調に育っています。

170709_o_toranoo.jpg

ここに、涼やかな白い花の穂が付くのが楽しみです。


この辺の木イチゴの中で、一番綺麗な実が付くナワシロイチゴ。

170709_nawasiro_i.jpg

葉っぱがどんどん育ってつぼみの準備も始まりました。花は
地味なんだけれど実が綺麗なんですよ。うまく会えるかな?



公園の中に入って、芝地の端、ツメクサが3種パッチワークのように
色とりどりに咲いて居ました。

170709_s_tumekusa.jpg

まずは普通のシロツメクサ。


それから、ちょっと大きめのムラサキツメクサ。

170709_m_tumekusa.jpg

花のすぐ下に葉っぱがついていたり、大きさや色以外にも違いがあり
ます。

2種に比べて圧倒的に小さいコゴメツメクサ。

170709_k_tumekusa.jpg

小さすぎて、一つ一つの花がマメ科らしい蝶型花かどうかも解りません。
花の色は黄色で、黄色い金平糖みたいですね。


色とりどりのツメクサの向こうには赤いヘビイチゴの実が点々と。

170709_hebiitigo1.jpg

可愛いですね。この、つや消しな感じはヘビイチゴですね。

170709_hebiitigo2.jpg

もっと真っ赤でつやつやしているのはヤブヘビイチゴなんですけど。


ここで、公園内の木が立ち並ぶ方へ移動します。

170709_akaside.jpg

春先、花も新芽も赤かったアカシデが、緑の果穂を下げています。
これをしめ縄に付ける和紙の飾りに見たてて、アカシデって言うん
ですよ。涼しげですねぇ。


こちらはドイツトウヒ、またはヨーロッパトウヒです。ドイツでは
クリスマスツリーの木らしいですよ。

170709_d_touhi.jpg

鳩時計のおもりのモデルとも言われる大きな松ぼっくりが準備中
です。枝先が緑色のもこもこしているのは、新しい葉っぱが伸び
始めたから。常緑樹だって新緑に衣替えです。


撮りそびれちゃった日向のカマツカ。訪ねていったら、もうこれ
くらいしかお花が残っていませんでした。

170709_kamatuka.jpg

強剪定から復活して、去年もたくさん実をつけたのに、まだ、
復活の花盛りを撮っていないんですよ。来年こそは必ず。



それから、双葉から芳しく無い方のセンダン、またはオウチの木。

170709_outi.jpg

大きな羽状複葉の付け根に紫色のお花の準備が始まって居ました。
隣町へ行く途中の道のオウチはただいま強剪定からの復活中。
こちらでお花が撮れると良いな。


そのそばには木に咲く白い花の1つ、ネジキの木が立っています。
まだかな?って覗いたら、あらまぁ、もう結構つぼみが並んでる。

170709_nejiki.jpg

この次には、花が咲いて居るところを撮りたいな。
いろいろ心にメモして、この日のおさんぽは終了です。



posted by はもよう at 16:45| Comment(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: