2017年07月10日

晴れの日と雨の日

いやはや、今日もまた暑かったですね。とうとうアブラゼミまで鳴き
出して、まるで梅雨が明けちゃったみたいです。水不足が心配ですね。

記事の方は5月の残りの写真から。近所の花だんで見かけたいろんな
ものをご紹介。

170710_k_bishaku1.jpg

まずは「半夏生ず」の前に出ていたカラスビシャク。ツツジの植え込
みに、カラスビシャクが突如出現して花を咲かせました。





雑節の1つ「半夏生」。今年は7/2でしたが、「半夏」と呼ばれる毒草が
生じる頃とされていますが、それよりだいぶ早くにツツジの植え込みから
ひょろりと伸びた半夏こと、カラスビシャクを見かけました。

170710_k_bishaku2.jpg

仏縁苞と呼ばれる独特な花を付けるサトイモ科の植物です。



花だんの端っこからほ、豪華なシャクヤクが顔を出し…。
170710_shakuyaku.jpg

ちょっと変わったデザインですが、シャクヤクですよね、たぶん。

カンパニュラがベルの形の花をたくさん咲かせて居ました。

170710_campanula1.jpg

南ヨーロッパ原産のキキョウ科の植物で、「カンパニュラ」とはラテン語
で小さな鐘を意味するそうです。別名は風鈴草。

170710_campanula2.jpg

可愛い形のお花がどっさり咲いて、素敵ですね。



大きくて綺麗な葱坊主みたいなのはギガンチウム。

170710_giganteum1.jpg

「アリウム」という品種のうち、濃いピンク色でボール状の花を特に
「ギガンチウム」と呼ぶそうです。ユリ科ネギ属だって。あら、やっぱり?

咲き始めの株を元になんちゃって連続写真を作ってみました。

170710_giganteum2.jpg

満開のお花も良いけれど、つぼみもなかなか魅力的。
地中の球根が傷むのでお花が済んだら掘り出して、秋にまた植え直すと良い
そうです。



そらから、ユキノシタの花が咲き出したのを見て、お気に入りの観察スポット
「北向きの斜面」へ、群落の花を見に行かなくちゃなと思いました。

170710_yukinosita1.jpg

げんこつみたいなつぼみも、開いた花も、つくづくユニークな植物ですよね。



雨の少なかった今年、やっと降った雨の日にカメラを持ってちょっとおさんぽ。

170710_m_tuyukusa.jpg

カラスビシャクが咲いて居たのと同じツツジの植え込みで、ムラサキツユクサが
咲いていました。私が子どもの頃から有りますよね。次々に新顔が現れる園芸種
の世界にあって、息の長いロングセラーのうちじゃないですか?



別の植え込みにはコヒルガオ。ちょっと小振りのピンクの花は、あとから咲く
ヒルガオよりは、少しだけ都会的なデザインって言う気がします。

170710_k_hirugao1.jpg

横にピンと張り出す葉の形。小振りな花にすっと通った白いストライプ。

ちょっと勝ち気な妹イメージ。

170710_k_hirugao2.jpg

この日は雨に濡れて、ちょっとしおらしい。あとひと月もしたら、おっとり
姉さんのヒルガオも咲き出すことでしょう。



綺麗なアメジスト色のこちらはジャーマンアイリス。

170710_g_iris.jpg

雨粒がとってもお似合い。

その足下に咲いて居るのはシランです。

170710_siran.jpg

みんな久々の雨に嬉しそう。

ついこの間、開いたばかりのユキノシタも、こんなに咲き進みました。

170710_yukinosita2.jpg

お日様があんまり好きじゃない、毛深い葉っぱもこんな日はうっとり雨に
濡れてます。



これからシーズンを迎える西洋アジサイもお花の準備中。

170710_s_ajisai.jpg

結局、雨が少なくて厳しい梅雨になっちゃったけれど、頑張って咲いた
お花は後日たっぷりご紹介しますね。


こちらはカルミアの花。

170710_kalmia.jpg

最近、身近な株がどんどん枯れちゃったので、これ、貴重です。


雨がよく似合うと言えば、忘れちゃならないのが、ヒイラギナンテン。

170710_hiiragi_n1.jpg
春先に咲いて居た黄色い花だって似合っていたけれど、色づきかけの
実と雨粒の取り合わせは特別に綺麗です。

これ、すっかり色付いちゃうとちょっと物足りないのよねぇ。

170710_hiiragi_n2.jpg

このくらいの頃がイイ感じ。



白い花、赤い実のナンテンも雨は似合うんだけれど、まだお花の季節じゃ
無かったので、ちょっと寂しいかな。

170710_nanten.jpg

つぶつぶのつぼみにも、水玉が良く宿る葉っぱにも光が当たってきらきら
しています。



この記事ラストはナツツバキのつぼみ。

170710_natutubaki.jpg

まん丸いつぼみはこのあと白い素敵な花になります。大好きなので今年も
たくさん写真を撮りました。お花も雨が似合うんだけれど、つぼみも
なかなか良いねぇ。



さてさて、梅雨末期の今日この頃、関東地方の雨はいつ降るんでしょうか。
もう、降らなくて良いところには降らなくて良いから、降って居ないところ
へ雨雲おいで〜。


posted by はもよう at 23:58| Comment(2) | 花だんの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はもようさん、こんばんは。
関東の方は降っていないのですか。
こちらは普通かな。
梅雨の終わりごろの集中豪雨、
毎年言われていますけれど、
何とかならないものなんでしょうか。
数字を見るだけでも、
恐ろしいほど降っています。
元には戻らないでしょうが、
なんとか平穏な生活が早く戻られますように。

東北の地震以後、
災害のニュースはあまり見ません。
見ているだけというのに
なんとなく罪悪感を感じてしまって。

こんなにきれいな雨の姿もあるのに、
一歩間違うと恐ろしいですね。
Posted by ブリ at 2017年07月12日 23:44
ブリさん、こんばんは。

はい、うちの方はあんまり降って居ません。
大丈夫かな?

私もね。あんまり見られないんですよ、災害のニュース。
気の毒でねぇ。
今度の水害も新聞トップの写真で十分怖かったです。

本当に、ほどほどでお願いしたいんですがねぇ。

ブリさんも、お気をつけくださいね。
Posted by はもよう at 2017年07月13日 00:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: