2017年07月18日

ネジキと白熊の木

ミンミンゼミが鳴いているなぁとは思っていたけれど、今日夕方、
とうとうヒグラシの声も聞きました。夏のスターがそろってきま
したね。今日は激しい夕立もありました。都内では大きな雹も
降ったそうです。荒れる梅雨です。被害が出ませんように。

記事の方は5/31のおさんぽの続き。隣町の公園のネジキの花と

170718_nejiki1.jpg

そのご近所の木をご紹介。





まずはこの日の目的のその2、ネジキの花を見に行きました。

2007/ 5/28付 「ネジキ」

前回つぼみだったけれど、その後1週間、ぎっくり腰で動け
なくて、もう咲いていないかもと心配しつつ木の下へ。

170718_nejiki2.jpg

まぁ、はっきり言って、ギリギリでした。

枯れちゃっている花も見られるけれど、咲いて居る花も有るから
まぁ、今年はこれで我慢です。

170718_nejiki3.jpg

幹がねじれるからネジキ。ツツジ科ネジキ属の落葉低木。

170718_nejiki4.jpg

二股に分かれた枝に白い花をたくさん下げる、
この特徴的な花が見たくて、ここまでやってきたわけですよ。
とりあえず間に合って良かった。「木に咲く白い花」に追加です。



そばでは最近植えられたオニグルミが大きな葉っぱを広げていま
した。

170718_o_gurumi1.jpg

近所の公園にいっぱいあるから、ここには他の木を植えて欲しい
んだけどなぁ。←個人の感想です。

170718_o_gurumi2.jpg

葉っぱの付け根にはクルミが準備中です。堅くて開くのが面倒だ
けれど、味の良い実が入っています。



それから、桑や

170718_kuwa.jpg

桜の実も次々熟していました。

170718_sakura.jpg

実りの初夏だわよねぇ。



そのまた隣には、双葉から芳しく無い方のセンダンこと、オウチ。

170718_outi1.jpg

隣町の公園へ来る途中の道にもあったんだけれど、あちらは強剪定
からの復活中。でもって、公園の中にあるのは、最近植えられた
若木。

170718_outi2.jpg

若木って言っても、結構、背が高くて、お花を観察するのは難しい
です。いっぱい咲いて居るんですけどね。

2006/02/24付 「センダンの葉痕と種」

薄紫の花びら5枚に、ひょっとこの口みたいな筒状のおしべ。

170718_outi3.jpg

たくさん咲いたら、秋には千のお団子みたいな実になります。

170718_outic4.jpg

薄黄色に熟して、結構、長く枝にとどまります。



でもって、ここでまた、新しい木が植えられているの発見。
最近の公園の管理人さん、結構新しもの好きなのかな?

これ、あちこちで見かけていた人気の庭木、スモークツリーです
よね。

170718_smoke_t1.jpg

植えたんだ。近くで良く見たいと思っていたから嬉しいな。
それにしても、煙の木(スモークツリー)とはよく言ったもので、
本当に煙みたいです。
ところで、これ、花? 実? 綿菓子?←違っ

ふわふわの毛を1本1本拡大すると、猛烈に毛深い。

170718_smoke_t2.jpg

そして先にちょっと白いところがある。めしべとか?
でも、なんか、はっきりしない。

あれ?これ、なに? つぼみ?実?

170718_smoke_t3.jpg

気になったので、家に戻ってからネットで調べました。

スモークツリー:ウルシ科ハグマノキ属、雌雄異株の落葉高木。
別名はけむりの木、白熊の木(ハグマノキ)。

メスの株の枝先につく花序は長さ20cmほどで枝分かれして
咲き、花後に花柄が伸びて遠くからは煙のように見えるって
書いて有ります。

花柄って、花の柄ですよね。この煙みたいなの花じゃ無かった
んだ。花後に伸びるって、花ってどんなだったんでしょ。
見たことないなぁ。

煙っているのはみんなメスの株なんだ。じゃぁ、あの緑の粒、
実かもしれませんね。

別の記事だと、この煙りようになった部分はタネにつく綿毛の
ような働きがあって、実を風で遠くに飛ばすのに役立つそうです。

170718_smoke_t04.jpg

そのほかにも、花が咲くまでは葉っぱは赤くて、赤い煙が出たら
葉っぱは緑に変化するって書いている記事もありました。

ウルシ科だから、秋の黄葉も見事だそうです。


うわー、確かめてみたいこといっぱいある。
来年もまた、スモークツリーに注目ですね。



おまけ画像は公園の花だんのかわいいミニヒマワリ。

170718_himawari.jpg

夏を先取りしているね。



次は、ランの花ですよ。




シリーズ「木に咲く白い花 2017」

2017/05/28付 「ウワミズザクラの花」
2017/05/29付 「オトコヨウゾメの花」
2017/06/05付 「鈴蘭と牡丹」 ナナカマド
2017/06/12付 「ミズキの花」
2017/06/13付 「マルバアオダモの花」
2017/06/14付 「白いライラックと赤葉のメギ」
2017/06/15付 「鈴蘭、牡丹、マンテマの花」 シジミバナ
2017/06/16付 「栃と七竃の花」 トチノキ、ナナカマド
2017/06/17付 「サワフタギの花」
2017/06/19付 「カマツカの花」
2017/06/21付 「ノイバラの花」
2017/06/22付 「ナニワイバラの花」 白い牡丹、コデマリ
2017/06/25付 「ハクウンボクの花」 
2017/06/26付 「ハリエンジュの花」 カラタネオガタマ
2017/06/27付 「トベラの花」
2017/06/28付 「エゴノキの花」 シャリンバイ
2017/06/29付 「庭の花と街中のバラ」 白いバラ、タイサンボク、オリーブ
2017/07/03付 「忍冬とヤマウコギ」
2017/07/04付 「ガマズミとコアジサイ」
2017/07/05付 「小米卯木の花」 ノイバラ
2017/07/07付 「ガマズミとユリノキ」 マユミ
2017/07/11付 「プリベットと卯の花」 ネズミモチ、コバノズイナ、テイカカズラ
2017/07/12付 「栗と黒金糯の花」
2017/07/16付 「ノビルとヒメシャラ」
2017/07/18付 「ネジキと白熊の木」



posted by はもよう at 23:42| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: