2017年07月31日

水辺の草

今日で7月も終わりです。HPの「季節のごあいさつ」を8月のものに変更
しました。涼しげなペンタスの花です。良かったら見てみてください。
さて、久しぶりの職場にドタバタの週明け、そして帰ってきた猛暑。目が回る
ほど忙しかったですよ。でもって相変わらずブログの編集ページが開きません。
何が原因なのかな?これも打っているけれどいつ掲載できるか不明です。
困ったな。

記事の方は6/4にいつもお散歩している近所の公園で撮ってきた写真から。

170731_ogawa.jpg

木の実をあれこれ眺めたら、今度は人工の小川に沿って池まで歩いて行きま
しょう。






人工の小川のほとりには、つんつんした草が生えています。

170731_igusa1.jpg

こっちの細いのはイグサかな? あの、畳表になるイグサ(藺草)。

図鑑の表記は「イ」ひと文字。最も短い標準和名だそうです。
別名はトウシンソウ(燈心草)。燈台に使ったり、和ろうそくの芯に利用した
そうです。

6月頃、茎の途中にこんな花を付けます。

170731_igusa2.jpg
途中って言っても花の下は茎で、上の方は苞だったりするのがこの手の草の
難しいところ。ちゃんと調べてみたら、なんとこれはみんな花茎でした。

茎は地下茎で地中に短いのがあって、葉っぱは鞘状のものに退化していて、
目立つのは花茎だけって、いやぁ、予想以上でした。



そして、この頃一番目立っているのはこちらのフトイ。「太い」じゃ有りま
せん。太藺です。でも、イグサ科じゃないそうです。カヤツリグサ科だって。

170731_futoi1.jpg

イグサと同じ頃、花が咲きますが、茎の途中についているようにも見えず、
先端にこんな風に枝分かれして咲きます。

170731_futoi2.jpg

あら、ペルーのチチカカ湖で、島から家から舟までも草で作って水上生活して
いる人たちが使っているのは、このフトイの仲間ですって。あら、親近感。

他にもクサイ、サンカクイ、ヒメガマがあったんですが、この日は見当たらな
かったなぁ。



小川にほど近い草地には、こんな葉っぱが敷き詰められています。

170731_o_tidome1.jpg

こう見えてセリ科のオオチドメです。別名はヤマチドメ。
そっくりなお仲間との見分けポイントは、まず、葉よりも花が上に咲くこと。

この小さいの、お花です。

170731_o_tidome2.jpg

ありんこ目線で、つぼみと花と若い実を鑑賞。可愛いなぁ。

葉っぱはちょっとつやがあり、浅く裂けて丸っこい。

170731_o_tidome3.jpg

極小のヒメチドメ、葉っぱの切れ込みが深いノチドメ、浅いチドメグサ。
細かいことは過去記事 ↓ をどうぞ。

2012/ 7/13付 「ちっちゃな丸い葉」



人工の小川、別の岸にはチガヤの穂が並んでいます。

170731_tigaya1.jpg

最初赤っぽかったけれど、もう、おしべの花粉は飛ばし終わったのかな?

銀色の穂になって居ました。これが道ばたで風に揺れている景色が好きでねぇ。

170731_tigaya2.jpg

ああ、もうだいぶ軽くなって、ふかふかしてます。もうじき綿毛になって風に
散りますね。



あら、対岸にノハナショウブ。

170731_nohanashobu.jpg

園芸品種に比べたらだいぶ地味だけれど、シュッとしてかっこいいショウブです。
もうちょっとたくさん咲いたら、また記事にします。


そのそばでは、カニクサが活動を始めていました。

170731_kanikusa.jpg

つる性のシダって言う変わり種。一枚の葉っぱが長く長く伸びてあたりに絡みつく
んですって。説明聞いてもにわかには信じがたいつるであります。



そして、人工の小川のほとりにはこちらも立って居ます。

170731_k_y_hannoki1.jpg

毎年、ハンノキハムシと仁義なき戦いを繰り広げているケヤマハンノキ。

こんなに素敵な葉っぱなのに、遠慮や限度を知らない大食漢にいつも丸坊主に
なるまで食べられてしまいます。

170731_k_y_hannoki2.jpg

もはやこれまでって思ったら、夏の盛りだって、葉っぱを全部落として対抗。
今年の戦いも、黙って見守りたいと思います。頑張れ〜。



人工の小川は2つの池につながっています。

170731_suiren1.jpg

池にはスイレンの花が咲きそろいました。

ハスの早起きとは違って、花の咲くのが遅いから睡蓮(スイレン)って言う…って
記事を読んで、なるほど〜っと見に行ったら、そこそこ早朝から咲いていました。

170731_suiren2.jpg

う〜ん、どうなんだろう。
睡蓮の葉っぱは亀さんたちが食べているし、葉の陰には魚たちが隠れているし、
時にはウシガエルが潜んでいることもあったけれど、今年は誰に会えるかな?



6/4のおさんぽまだまだ続きます。次の記事では今後が楽しみなつぼみや葉っぱを
ご紹介。



posted by はもよう at 23:54| Comment(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: