2017年08月06日

ヤマボウシの花

今日もはっきりしなくて蒸し暑いお天気です、うちの方。やっと
時間が取れて、隣町までおさんぽしてきました。お目当てはコバ
ギボウシ。「北向きの斜面」に草刈り隊が入っていて、ちょっと
心配しましたが、なんとか撮って来ました。それにしても蒸し暑
いですね。どちら様もどうぞ体調を崩されませんように。

記事の方は「木に咲く白い花」の続きと6月の花だんの花を。

170806_yamabosi1.jpg

まずは、ヤマボウシ。春に咲いていたハナミズキの近縁種。




花びらに見える4枚の総苞片、まん中にぎゅっと固まった本来の花。

170806_yamabosi2.jpg

ミズキ科ミズキ属で、ハナミズキの別名がアメリカヤマボウシで、
こちらは本家のヤマボウシ。日本の山に普通に生える落葉高木です。

4〜5月の咲くハナミズキに対して、ヤマボウシは6〜7月に咲きます。

170806_yamabosi3.jpg

水はけが良くて、水の涸れない場所が好きだそうです。川のそばに
たくさん咲いていそうですね。



こちらは土手の花だんのカシワバアジサイ。

170806_k_ajisai1.jpg

アジサイの仲間もそろそろ動き出す6月。

北米原産のちょっと変わったこの花も、華やかな季節を迎えました。

170806_k_ajisai2.jpg

今年も綺麗に咲きました。時間が経つと、ほんのり赤っぽくなったり、
更に進むと緑色っぽくなります。秋には紅葉も楽しめます。


それから、こちらはウツギの花。
去年写した株を見に行ったら、もっと早くに行けば良かったと思う
くらい花の咲いたあとがたくさんありました。

170806_utugi.jpg

残念ながらみんな終わってしまって、咲き残っていたのはこれ一枝だけ。
でも、近くで撮れて良かった。


ついでに載せちゃうと、垣根によく利用されるこのイヌツゲもお花の
季節です。

170806_inutuge.jpg

ちょっとピンぼけ気味だけどね。可愛いお花の後は、可愛い黒い実に
なります。



土手の花だんの途中に、こんもりした黄色の固まり。

170806_byoyanagi1.jpg

何だろな。

近づいてみたら、あらこれ、大きなビョウヤナギ。

170806_byoyanagi2.jpg

長い花しべが綺麗ですね。

でもってお隣はキンシバイ。

170806_kinsibai.jpg

丸い花びらが可憐です。
ビョウヤナギもキンシバイも、オトギリソウ科のお仲間です。



こちらの大きい葉っぱ、というか小さいお花はウメモドキ。

170806_u_modoki1.jpg

隣町の公園の大きな木になるアオハダとも近い種類。

地味な花は、秋を待たずに赤い実になります。

170806_u_modoki2.jpg

花より実を眺める庭木です。アオハダのように大きくはならないので、
お庭に植えるのに適しています。


今年の、土手の花だんで初めて見つけたのがグミの木です。

170806_gumi1.jpg

お菓子のグミとは違うけれど、里山の子どもたちのおやつとして
身近な存在だったはずです。

170806_gumi2.jpg

実をアップにしてみると、お花が散り残っているもありました。
可愛いですね。美味しいそうですよ。



食べられると言えば、春に花を咲かせていた豊後梅もすっかり
立派な実になりました。

170806_bungo_u.jpg

ほぼ、ウメの実と変わりません。花はアンズの方に似ていたのに
ね。



カシワバアジサイだけじゃ無くて、ガクアジサイの花も咲き始め
ていました。 

170806_ajisai.jpg

これから、アジサイの季節なのに、今年はずっと雨が少なくて、
アジサイの花もなかなか大きくなれなくて可愛そうでしたね。



ギボウシの仲間で、一足早くに花を開いたのが、オオバギボウシ。

170806_o_gibosi.jpg

ホスタの名前で園芸店などで売られています。葉っぱも大きいけ
れど、立ち上がった花の穂も1mほど有ります。大きくてよく目立
ちます。



土手の花だんで目立っていた青い花は、飛燕草またはラークスパー。

170806_larkspur1.jpg

キンポウゲ科の園芸品種です。

草むらの飛燕草、セリバヒエンソウも同じキンポウゲ科ですから、
似てますよね。

170806_larkspur2.jpg

こちらの葉っぱは、セリバというよりはコスモスの葉のようですね。

170806_larkspur3.jpg

花色も多いけれど、やっぱり深い青が綺麗ですね。



この記事ラストはタチアオイ。

170806_tatiaoi1.jpg

前の記事もそうだったけれど、この花がてっぺんまで咲くと梅雨明け
って言うタイミングで咲く花です。これもいろいろな品種、花色が
ありますが、土手の花だんのはピンクで華やかです。

170806_tatiaoi2.jpg

空梅雨気味で大変だけれど、てっぺんまで咲いてね。


次回も「木に咲く白い花」をふくむ、6月最初のおさんぽ写真を
ご紹介の予定です。




シリーズ「木に咲く白い花 2017」

2017/05/28付 「ウワミズザクラの花」
2017/05/29付 「オトコヨウゾメの花」
2017/06/05付 「鈴蘭と牡丹」 ナナカマド
2017/06/12付 「ミズキの花」
2017/06/13付 「マルバアオダモの花」
2017/06/14付 「白いライラックと赤葉のメギ」
2017/06/15付 「鈴蘭、牡丹、マンテマの花」 シジミバナ
2017/06/16付 「栃と七竃の花」 トチノキ、ナナカマド
2017/06/17付 「サワフタギの花」
2017/06/19付 「カマツカの花」
2017/06/21付 「ノイバラの花」
2017/06/22付 「ナニワイバラの花」 白い牡丹、コデマリ
2017/06/25付 「ハクウンボクの花」 
2017/06/26付 「ハリエンジュの花」 カラタネオガタマ
2017/06/27付 「トベラの花」
2017/06/28付 「エゴノキの花」 シャリンバイ
2017/06/29付 「庭の花と街中のバラ」 白いバラ、タイサンボク、オリーブ
2017/07/03付 「忍冬とヤマウコギ」
2017/07/04付 「ガマズミとコアジサイ」
2017/07/05付 「小米卯木の花」 ノイバラ
2017/07/07付 「ガマズミとユリノキ」 マユミ
2017/07/11付 「プリベットと卯の花」 ネズミモチ、コバノズイナ、テイカカズラ
2017/07/12付 「栗と黒金糯の花」
2017/07/16付 「ノビルとヒメシャラ」
2017/07/18付 「ネジキと白熊の木」
2017/08/06付 「ヤマボウシの花」

posted by はもよう at 23:35| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: