2017年08月19日

珍珠梅とイトラン

今日はまた、両親の居る都内の実家まで行って来たのですが、お昼頃、
なかなか強いにわか雨があって驚きましたよ。でも、他の場所の方が
ものすごかったようで、雷が落ちたり、雹が降ったりしたそうです。
その後一瞬青空が出て、強い日差しも差したのですが、またあっという
間に雲が広がり、夕方、自宅に着くちょっと前にも、またにわか雨が
ありました。とにかく大気の状態が不安定です。東日本の方は、お天気の
情報にご注意ください。

記事の方は、のんびり雨の日さんぽの写真です。6/21のいつもおさんぽ
している公園で、白い花を見てきました。

170819_n_nanakamado1.jpg

こちらはニワナナカマド(珍珠梅)の咲くあたり。まだ咲いて居るかな?




ニワナナカマド。バラ科ホザキナナカマド属の落葉低木。
別名はチンシバイ(珍珠梅)。赤い実と紅葉自慢のナナカマドとは
葉っぱが似ているだけの他人の空似の関係です。

170819_n_nanakamado2.jpg

細かいことは ↓ 過去記事をどうぞ。

2006/ 6/15付 「ニワナナカマドの花」

今回はちょっと見に行くのが遅くなってしまったので、まだ咲いて居るか
心配でしたが、なんとか間に合ったようです。

穂に並ぶ小さな5片の花、真珠に例えられる丸いつぼみ。

170819_n_nanakamado3.jpg

なかなか素敵な木でしょ。見損ねたら残念ですよ。

葉っぱが、ナナカマドに似ているので、花材として利用される
そうですよ。

170819_n_nanakamado4.jpg

お茶席に活けるお花としても利用されるそうです。

170819_n_nanakamado5.jpg

すぐに茶色く色が変わってしまうはかなさが良いのかな。
お庭に植わっていないと、活けられないお花かもしれませんね。



この日、会えたもう1種類の白い花は、「木に咲く白い花」のうちでも
ちょっと変わり種。

170819_itoran1.jpg

これも詳しいことは ↓ 過去記事をどうぞ。

2009/ 6/22付 「イトランの花」

イトランはユリ科イトラン属、
図鑑によってはリュウゼツラン科イトラン属のアメリカ南部に自生する
常緑低木。アメリカは ニューアメリカ州の州花。

ね、ちょっと変わって居るけど、木の花ですよ。

170819_itoran2.jpg

お仲間の総称がユッカ。
ユッカとはイトラン属のことで、アツバキミガヨラン等が有名です。

イトランとは、この、葉っぱからほつれてくる繊維から付いた名前だ
そうです。

170819_itoran3.jpg

強そうな繊維です。

お花はたくさん咲くけれど、ユッカガという、受粉を助けてくれる
蛾が居ないので、日本では実を結ぶことは無いそうです。

170819_itoran4.jpg

せっかく咲くのに、残念ねぇ。

よく見かけるアツバキミガヨランよりは、スマートなお花のイトラン。

170819_itoran5.jpg

雨の季節の公園で、楚々として咲いて居ます。



雨が似合うと言えば、カツラの葉っぱ。

170819_katura.jpg

水弾きが良いのよねぇ。



人工の小川のほとり、公園の紫陽花も綺麗な盛りです。

170819_ajisai1.jpg

手まり咲きの西洋アジサイは、ちょうど良い頃です。

お隣にはガクアジサイが並んでいます。

170819_ajisai2.jpg

ガクアジサイの方は、もうちょっと早くから咲いていたのかしら。

170819_ajisai3.jpg

終わって、装飾花を裏返しちゃった花も散見されます。
やっと雨が降ったんだから、もうちょっと咲いて居なさいな。


小川のほとりではノハナショウブが綺麗でした。
170819_n_hanashobu1.jpg

園芸種にはもっと華やかなお花もあるけれど、シンプルな花は、
粋ってものです。

170819_n_hanashobu2.jpg

今年は、ヒメガマが無くなっちゃったし、ノハナショウブも何だか
ちょっと元気が無かったけれど、

170819_n_hanashobu3.jpg

咲いているうちに間に合って、会いに行かれて良かった。



このあとは、6月の花だんのお花を何度かにわけて撮ってあります。
ぼちぼちご紹介していきますね。




シリーズ「木に咲く白い花 2017」

2017/05/28付 「ウワミズザクラの花」
2017/05/29付 「オトコヨウゾメの花」
2017/06/05付 「鈴蘭と牡丹」 ナナカマド
2017/06/12付 「ミズキの花」
2017/06/13付 「マルバアオダモの花」
2017/06/14付 「白いライラックと赤葉のメギ」
2017/06/15付 「鈴蘭、牡丹、マンテマの花」 シジミバナ
2017/06/16付 「栃と七竃の花」 トチノキ、ナナカマド
2017/06/17付 「サワフタギの花」
2017/06/19付 「カマツカの花」
2017/06/21付 「ノイバラの花」
2017/06/22付 「ナニワイバラの花」 白い牡丹、コデマリ
2017/06/25付 「ハクウンボクの花」 
2017/06/26付 「ハリエンジュの花」 カラタネオガタマ
2017/06/27付 「トベラの花」
2017/06/28付 「エゴノキの花」 シャリンバイ
2017/06/29付 「庭の花と街中のバラ」 白いバラ、タイサンボク、オリーブ
2017/07/03付 「忍冬とヤマウコギ」
2017/07/04付 「ガマズミとコアジサイ」
2017/07/05付 「小米卯木の花」 ノイバラ
2017/07/07付 「ガマズミとユリノキ」 マユミ
2017/07/11付 「プリベットと卯の花」 ネズミモチ、コバノズイナ、テイカカズラ
2017/07/12付 「栗と黒金糯の花」
2017/07/16付 「ノビルとヒメシャラ」
2017/07/18付 「ネジキと白熊の木」
2017/08/06付 「ヤマボウシの花」 ウツギ、カシワバアジサイ、イヌツゲ
2017/08/07付 「夏椿と珊瑚樹」 タイサンボク
2017/08/18付 「雨の花だん」 タイサンボク、ガーデニア、ナツツバキ、
2017/08/19付 「珍珠梅とイトラン」




posted by はもよう at 23:56| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: